(アニメ感想) Angel Beats! 第10話 「Goodbye Days」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




次回予告で予想できた通り、特に捻りもなく、ゆいがこの世界から卒業していきました。以前から、ゆいのように明るく振舞っているキャラクターこそヘビーな過去があるのではないかと私自身考えていましたが、実際その通りでございましたね。



☆<06/05更新>前回、Angel Beats!コーナー 第9話 「In Your Memory」の感想をポッドキャストにて収録!

「音無の過去が明かされたわけだが・・・」、「ゆりを成仏させるとても冴えたやり方!!」、「人生賛歌とは何か?」等、パーソナリティ、リスナー様の間でも議論が白熱しましたので、是非聴いて見てください↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)Angel Beats!コーナー 第9話 「In Your Memory」感想談義



banner03

*他のアニメの感想を聞きたい人は、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



<静かに逝ったあの人・・・うーん、なぜ日向だったのか?>

次回予告で予想できた通り、特に捻りもなく、ゆいがこの世界から卒業していきました。

以前から、ゆいのように明るく振舞っているキャラクターこそヘビーな過去があるのではないかと私自身考えていましたが、実際その通りでございましたね。

ゆいの交通事故で動けなくなって、自分がやれなかった多くのことをこの世界でやりたかったという願望。

でも、本当に彼女の未練は、動けなくなった自分を介護してくれた母に感謝しつつも、しかし何も返せなかったことにあったのでしょうね

自分の介護と母親のこともまとめて面倒見てくれる人が欲しいなんて、随分と虫がいいように聞こえるけど、でも少女の切なる願いなのですよ。

それをまとめて引き受けると宣言した日向の男気にはいたく感心いたしました。

が・・・正直、日向がゆいにプロポーズをする役割を受け持った事の必然性があまり感じられなかった気がするのですよね

はっきり言って、今回のプロポーズには恋愛感情が介在していないし(全くないというわけではないでしょうが)、ゆいと日向の繋がりって、たまに日常会話においてボケと突っ込みで絡む意外にはなかったと思うのです。

その程度の希薄な繋がりだから、野田や高松達との差は明確ではない。

ゆいのブロポーズするなら日向意外にありえない!というよりも、該当する人間がさし当たっていないから、日向でしょうがない・・・そんな感じなのですよ

ゆえに、予定調和的で、どうもドラマチックな物語性というものを演出出来てなかったのは至極残念であります。


話しは変わりますが、ゆいの死因ついてはやはり触れられませんでしたね。前日譚の方で明らかとなっているのでしょうか・・・・うーん、これについてはこの後に考察していきたいと思います。


<前回、第9話についての掲示板の書き込みを紹介しつつ、今後の展開を考察(ゆり達は死んでない説や、音無と天使の関係の秘密など)>

さて、先日放送したネットラジオのAngel Beats!コーナーでは掲示板で、前回第9話についての様々な意見が出ました。先日それらの書き込みを紹介すると共に、私なりの考察を記したのですが、まだまだ書き足りない部分があったので、ここでその続きを書かさせて頂きたいと思います。


>106 :AAA:2010/06/03(木) 01:44:01
>>90
あれは保険証ですね。なんか最近の保険証は裏面にアニメにあったようなドナー登録の意思表示蘭があるそうです。

天使を悪役にしつつメンバーを成仏させる音無が感謝されヒーローに。悪役の天使は憎まれつつ去っていく―ー
つまり、泣いた赤鬼エンドですよ!



なるほど、「赤鬼エンド」ですか。実は、私もこれに近い意見を持っているのですよ。ちなみに赤鬼とは児童文学の「泣いた赤鬼」の事をおっしゃっているのだと思います。

人々から信用してもらえない孤独な赤鬼のため、青鬼が自ら悪役を引き受けることで、赤鬼に居場所を作ってあげたという・・・これは青鬼の「自己犠牲」というテーマを描いた物語なのです

さて、ここからは「自己犠牲」というテーマから今後の展開というものをちょっと考察していきましょうか。

ただし、これは私の希望、願望といったものがかなり反映されていますので、そこを理解して読んで頂けると幸いです。


●自己犠牲というファクターで今後の展開を考えてみる

音無や天使のこれからやろうとしているについて、それが「押し付けの親切である!」といった意見はともかくとして、二人はゆり達に真の安らぎを与えたくて現在の行動に至っているわけですね。

ゆいの件では日向の理解を得ましたが、未だにSSSの多くがゆりを支持しているのが現状。天使は今、完全に悪役を引き受けている形なのですよね。

ただ、音無がそれを天使に押し付けたというより、彼女がこれまで引き受けていた役をそのまま継続してもらっているといった状況なのかもしれません。

もちろん、何かあった場合に全力で天使を守るだけの男気はあるのだろうと、私は好意的に解釈しております。だから、この二人はまさに「運命共同体」であるという言い方が適当でしょうね

SSSからすれば、音無と天使は体制側にある敵です。それでも、二人には適役を演じてでも、皆の魂を昇華させたいという目的を優先させています。

覚悟としては少々弱いかもしれませんが、そこには自己犠牲の精神が反映されていると言えるでしょうね


●作品に含まれる仏教的ニュアンス・・・その意味するところとは?

この「自己犠牲」はこの物語を読み解く上で一つキーとなっているような気がします。

音無が列車事故の中で見せた奮闘や、最後にドナー登録について語るところなども、その「自己犠牲」というファクターを何よりも雄弁に語っていますね。

自己犠牲は「愛」であると示したのはキリストでしたっけ。また、仏教説話においても「捨身飼虎」というお話しがあり、簡単に言うとこれは釈迦が腹を空かせた虎のために、自らの肉体を食わせるという話しです


余談ですが、このエンジェルビーツという作品の所々には、仏教的ニュアンスというものを感じますね。

例えば、「輪廻転生」という語句が出てきたり、天使と音無が牢に閉じ込められた時に用いた天使の武器の形が「蓮の花」の形状をしていたという事もありました。

蓮は、仏教において特別な意味を持つものです。例えば、「一蓮托生」という言葉には蓮が含まれています

これは死後に極楽浄土で同じ蓮花に生まれようという思想で、辞書を見ても「物事の善悪や結果にとらわれず、行動を共にすること」とあります。

つまり、天使と音無の関係はこの「一蓮托生」というものを表しているのでしょうね


●ゆり達は生きている?・・・そこから導きだされる結末

さて、話しは先ほどの自己犠牲に戻りますが、今後もこのテーマは反映されるだろうと考え、そうなると結末はとても切ないものになるのではないかと私は思っているのです。

どうやら、前日譚のお話しでは、それぞれのキャラクターの死因が明かされているようですね。ただ、私はこれについて信用していません。それすらも壮大な釣りなのではないか?とさえ考えています。

死んだように見せかけていて、実はギリギリ命が助かっていて、何とか生きながらえているということもあるのではないか? 例えば「脳死状態」であったら、それは一つの死であると捉える事もあるかもしれません

だから私は、ゆり達は死んでいないという説を未だに推しています。

以前に、天使の魂が幾つも分離したという描写がありましたね? それと同じことが現実の彼女、彼らにも置き、この世界へとその魂は飛ばされた・・・。

ここは、その傷ついた魂を癒すための再生機関であり、それが達成された時、彼らの魂は本来あるべき場所へと帰っていくのではないか?そんな風に思えるのです


ただ、「自己犠牲」というテーマ性を鑑みた時、音無だけはどうも死んでいる、あるいは死に行く存在であるような気がします。

SSSのメンバーの魂をを全員救済した時、音無だけは真の安らぎをもって成仏していく・・・。

こんな話しをしていると昔絵本か何かで見たクオーレの「難破船」を想い出しました。まさに、あれも自己犠牲でありましたな・・・


●もう一つの可能性・・・天使は音無の臓器提供者である説

ところで、9話の感想で、音無の臓器が誰かに移植されており、この世界の出来事は音無の魂を通じて見ている夢だと書いたところ、その臓器の現在の持ち主とは「天使」ではないかというコメントを頂きました。

なるほど、天使については死因どころか過去がまるで明かされていないし、それは十分にあるかもしれませんね

悪役を演じてくれた天使へと、最後に音無が報いるというこれは素晴らしい物語性になるかもれしません。

しかし、もう一つの可能性としては、逆に音無が天使から臓器を提供してもらっているということも考えられるのではないか?

もしそうだと、音無は生き、逆に天使は死にゆくものとなります。でも、これはこれでシックリくるのですよね

というのも、天使はどうもゆり達よりも早くこの世界に存在していたっぽいのですよね。例えば彼女は、長い間脳死等の状態にあって、早くからこの世界に来ていたとしたら・・・。

音無は列車事故で内臓を損傷しているという描写がありました。そこで、天使の臓器を移植してもらったという可能性はあるかもしれません。

だとすると、彼女は最初から最後まで「自己犠牲」を体現した存在となるのです


とまあ長々と語ってきましたが、私の理想、妄想もかなり入っているので話し半分に聞いて頂けると幸いです。とにかく麻枝さんがどのように物語を収束させていくのか?本当にこれからが楽しみでありますね。

<Angel Beats!について濃厚に語らないか?「ピッコロのらじお♪」は6月09日(水) 夜11時より放送予定>

6月09日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「Angel Beats!」、「デュラララ!!」を中心にアニメ語りを行っていく予定です。もちろん、鋼の錬金術師、閃光のナイトレイド等のアニメについても語っていく予定ですよ!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?けいおん!!、Angel Beats!、荒川アンダー ザ ブリッジ、閃光のナイトレイド、裏切りは僕の名前を知っている、kiss×sis、薄桜鬼、WORKING!!、おおきく振りかぶって~夏の大会編~、デュラララ!!、聖痕のクェイサー、刀語、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://emtsung.blog14.fc2.com/tb.php/136-a5052cc3
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nohohonw/1419403
http://yutolouise.blog130.fc2.com/tb.php/52-a0cf55d8
http://yurio0625.blog9.fc2.com/tb.php/99-fe28b727
http://blogs.yahoo.co.jp/nhnsf620/trackback/1008708/26015625
http://animetalk24.blog130.fc2.com/tb.php/12-b445e8a8
http://yuuhakun.blog123.fc2.com/tb.php/1264-200d8089
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/12d9a3d3507b9f0094c42aaa6961a20e/97
http://masanobito.blog12.fc2.com/tb.php/36-0275ab3f
http://gramxs.blog96.fc2.com/tb.php/855-68bbadf2

0 Comments

Post a comment