(アニメ感想) 荒川アンダー ザ ブリッジ 第11話 「11BRIDGE」

荒川アンダー ザ ブリッジ VOL.1【数量限定生産版】 [DVD]
荒川アンダー ザ ブリッジ VOL.1【数量限定生産版】 [DVD]
クチコミを見る




父が河川敷の開発に乗り出し、自分を始めとした住人たちを追い出そうとしていることを知ったリクは、自責の念と幼い頃から培われた父へのトラウマに畏縮していた。

だがニノの「私は皆と一緒にここにいたい。」という願いのために生まれて初めて父に抵抗することを決意し、開発中止のために奔走する。

そんな中、着々と父の会社『市ノ宮カンパニー』の手が河川敷に伸びようとしていた。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



父と子の対決か・・・不変のテーマでありますな。アニメで言うと古くは、巨人の星の飛雄馬と一徹の対決などがありますな。これは息子を一流のピッチャーに育て上げた父が、他チームの監督となり息子と戦うといったお話しでございました。

「父と子の対決」というテーマで最近のアニメですぐに連想するのは、エヴァンゲリオンの碇シンジとゲンドウの関係でしょうかね。先ほど私はこれを「不変のテーマである」と言いましたが、男子ならばこれは多くの人が体験していることなのでございます。

結局、父親の存在感の薄さが叫ばれる昨今においても、男が社会を意識し、家族から自立しようとした場合に、いつだって父親という存在は大きく立ちはだかる壁であり、この父子の葛藤は避けられないものだと言うことなのですよね。


実は父性と社会性というものは、切って切り離せないものがあります。以前にネットラジオで「エヴァ特集」をやったことがあるのですが、そこでエヴァにおける社会性の欠如というところに話題が及びました。

その時私は「父性と社会性はイコールと言える事も出来る」と発言した時、他のDJ陣がいまいち理解出来ないという反応を示したことがあったのです。私にとって、その二つの関連性が見出せないという事が不思議でしょうがなかったのですけど、もちろんこれは生まれ育った環境もあるので全てに当てはまるわけではありません。しかし、やはり関連性はあります。


母親は自分がお腹を痛めて子供を産んだこともあり、子供自身とちゃんと向き合おうとする場合が多いようです。逆に父親の場合、世間体や自身の価値観といったフィルターを通して子供を見てしまうといったケースが多いと聞きます。

そこを踏まえて話すと、子供が身近に感じる社会とは父親ということになります。子供は、父親の向こうに透けて見える社会というものを強く意識することになるのです。しかし、それは悪いことではないでしょう。そうした社会への意識の芽生えが自然と自立心を促していくのですから。

ただ、家族という居場所が子供が社会に出るまでの猶予空間と捉えた時に、親がどのようにして子供を社会に出していくのか?が重要で、昨今、不登校や引きこもりといった問題が取りざたされていますが、こういったケースは結局のところ親子の問題に帰することが多いのです。


母親は極度に過保護となり、一方の父親は子供と向き合わないで突き放そうとする。特に父息子の関係となると、息子が社会参加できないことに大きな苛立ちを覚え、ともかく息子の精神的問題が解決しようがしまいが、不完全な形でも早く社会へと送り込もうするようです。

リクと父の関係がまさにそうで、リクの父はそれこそリクがまだ未熟な小学生の時から、「仮を作るな」と突き放し、急速に社会参加を促したわけですね。しかし、能力的にはすでに完成されていたかもしれないけど、精神的には未熟でリクにはまだまだ準備期間が足りなかった。

そんな心の中に残された歪を抱えて、リクは今に至るのです。そして、乗り越えるべき父がいよいよ自分の前に立ちはだかった。これは「父と子の対決」というテーマを体現するとても象徴的な戦いなのですよ。

私としては、この戦いの果てにリクがどのような答えを出すのかに注目しております。真の父を乗り越えるとはどう振舞うことなのか? 是非とも説得力のある答えを提示して欲しい。

<最終回間近!もっとアニメを語ろう!!「ピッコロのらじお♪」は6月16日(水) 夜11時より放送予定>

6月16日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「Angel Beats!」、「デュラララ!!」を中心にアニメ語りを行っていく予定です。もちろん、鋼の錬金術師、閃光のナイトレイド等のアニメについても語っていく予定ですよ!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?けいおん!!、Angel Beats!、荒川アンダー ザ ブリッジ、閃光のナイトレイド、裏切りは僕の名前を知っている、kiss×sis、薄桜鬼、WORKING!!、おおきく振りかぶって~夏の大会編~、デュラララ!!、聖痕のクェイサー、刀語、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://subcul.jugem.jp/trackback/1631
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/538
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/asagoegoe/51856842
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/3142-984e59a3
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/2301-d2a70997
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/1549-083ba641
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210189/48625364
http://blog.seesaa.jp/tb/153229462
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/94dea82eda
http://blogs.yahoo.co.jp/yuvorunoheya/trackback/617125/15264655

0 Comments

Post a comment