☆管理人お勧めの「夏季新作アニメ」を紹介!

戦国BASARA 其の七 [DVD]
戦国BASARA 其の七 [DVD]
クチコミを見る




というわけで、私がお勧めしたい夏季新作アニメを早速紹介したいと思います。なお、今回の記事で紹介しきれなかった作品も含めて、6月25日(金)放送の「ピッコロのらじお♪」では「新作アニメ特集」と題しまして、夏季新作アニメをざざっと紹介していくつもりです。是非視聴の参考に聴いてくださいね~!!



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



☆アマガミSS

エンターブレイン発売の恋愛シミュレーションゲームが原作。アニメーション制作は、AIC。キャストは、前野智昭、名塚佳織などが出演予定となっています。

過去にエンターブレイン発売の恋愛シミュレーションゲームというとすぐに思いつくところでは、「キミキス」がございますね。このアマカミは人気ゲームであるので、今回のアニメ化はかなり話題になっております。

恋愛とクリスマスに苦手意識を持つ主人公が、憧れの先輩の卒業が近いことから、勇気を二つの苦手意識を克服したようと決意したことから、運命が開けるといった物語のようです。

主人公の憧れの先輩が、正直言って私のタイプでして、しかも声優を伊藤静さんが充てていらっしゃるという事も大きなポイントですね。憧れの先輩への恋は叶うのか? 片思いから始まる恋愛物語なので、甘酸っぱい純愛が見たいなあ~。所謂、ハーレムアニメにならなければいいのですけどね・・・無理な相談でしょうか?


☆伝説の勇者の伝説

鏡貴也のライトノベルが原作。アニメーション制作はZEXCS。キャストは、福山潤、高垣彩陽などが出演。

剣と魔法のRPG風味のファンタジー作品のアニメ化って意外と少ないのですよね。さらに、面白い作品となると数えるほどしかないのではないでしょうか?

主人公が仲間と「勇者の遺物」を求めて旅をするという物語の始まりは王道ですが、むしろワクワクします。原作のいい評判はそれなりに聞こえてくるので、期待感が高まるところ。

ここらで出来のいいファンタジー作品を見たいですなあ~。今期大期待の新作の一つでございます。


☆黒執事II

枢やなの漫画が原作。アニメーション制作は、A-1 Pictures。キャストは、水樹奈々、櫻井孝宏などが出演。

二期になって主人公が変わりました。今回の坊ちゃんは、アロイス・トランシー、執事はクロード・フォースタスです。セバスチャンやシエルも出ないアニメオリジナルのお話しで果たしてファンに受け入れられるのかどうか?

前期は2クール放送し冗長なところもあったのですが、さて今期はどうでしょうか?女性ファンにも依然人気のある作品ですし、気になるところ。アロイスきゅん・・・水樹さんの少年声にも期待です。


☆学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

原作・佐藤大輔、作画・佐藤ショウジの漫画作品のアニメ化。アニメーション制作はマッドハウス。キャストは、諏訪部順一、井上麻里奈などが出演。

私の中では今期一番の期待作です。PVを見た限りではかなり面白そう。タイトルからも分かるように内容はゾンビものでしょうか? パニック映画を意識した演出もかなり光っていました。

最近は、バイオハザードなどの影響でゾンビ作品への注目度が上がっているようですが、個人的にはホラー映画が好きで、特にゾンビものには並々ならぬ思い入れがあるので、いやあ~楽しみですね~。

ゾンビ映画って基本的に濃厚な人間ドラマが展開されていくのですよね。たいていは閉鎖的な空間の中で事件は起きます。それこそ昨日まで愛を語っていた恋人が突然ゾンビと化してしまうという恐怖・・・。このような状況下で人において正常ではいられずに、その人間の本性をさらけ出してしまうのです。

この人間ドラマをきちんと描けるかが、成功するかどうかの鍵を握ると言っても過言ではないでしょうね。


☆ぬらりひょんの孫

原作は週刊少年ジャンプで連載中の椎橋寛による漫画作品。アニメーション制作は、スタジオディーン。キャストは、福山潤、平野綾等が出演。

妖怪「ぬらりひょん」の孫が主人公の物語。何だか、この作品に登場する妖怪たちは、実世界のヤクザによく似た集団を形成しているらしく、その辺りの設定も含めてちょっと興味深いですね。

スタジオディーンが制作しているせいか、どうも女性にも人気の出そうな作品であります。男性ファンも女性ファンも取りこめる作品というのは、人気作品となる可能性が高く、このアニメももしかすると想像以上にヒットするかもしれないのですね。

いまいち雰囲気がまだつかめませんが、不思議と惹かれるところはあります。うーん、早く見てみたい!


☆屍鬼

小野不由美のホラー小説が原作。アニメーション制作は童夢。キャストは、内山昂輝、大川透などが出演。

小さな集落が舞台のホラー作品。学園黙示録が西洋ホラーなら、こちらは和製ホラーといった雰囲気。ミステリー要素も含んでかなり濃厚なテイストとなるでしょうね。

ノイタミナ枠で放送されるのですが、この枠では「のだめカンタービレ」以来の2クールものと気合も入っているようです。夏の夜にこんな和製ホラーなどはいかかでしょうか?


☆ストライクウィッチーズ2

アニメーション制作はAIC。キャストは、福圓美里、世戸さおりなどが出演。

二期になってから、GONZOからAICへと制作会社が変わりました。皆さんお待ちかね、伝説のパンツアニメでございます。そもそも、なぜパンツなのか?・・・いえいえとんでみないアレはパンツなどではなく、もっと崇高な何かなのでございますよ。

もうこの作品については説明の余地はありませんね。華麗に空舞う女の子達に酔いしれろ!!そんなアニメでございます。DVDも売れたようですし、今期も期待出来るのではないでしょうか?


☆世紀末オカルト学院

アニメノチカラ第3弾オリジナル作品。制作はA-1 Pictures。キャストに、日笠陽子、水島大宙などが出演。

出ました、異色作。ええ、もう今からすでに香ばしい匂いがぷんぷんしやがります。個人的に期待しているのは、作品の出来うんぬんよりも、色々な意味でおいしいアニメであって欲しいなというところなんですね。

ナイトレイドがいまいち不評なので、ここはいっちょ張り切ってもらいたい!!・・・ええ、張り切って、はっちゃけちゃって、もしかするととんでもない作品になるかもよ?・・・なんてハードルを上げすぎましたかね?


☆戦国BASARA 弐(ツー)

CAPCOMが発売しているアクションゲームが原作。アニメーション制作はProduction I.G。キャストは、中井和哉、保志総一朗などが出演。

ハガレンの後番組として、日5の枠で放送するのがこの作品。今回のラスボスは、豊臣秀吉か?

まあ、あまりにも常軌を逸したバカっぷりに勢いと潔さを感じた前期ですが、今回もおそらくそのノリは変わらないでしょう。日曜日の夕方5時から見るアニメとしてはテンションが高すぎるような気もするかな?・・・いやいや、しかしこの空気の読めなさが戦国BASARAなのです。

徹底してバカを追求して、我々を楽しませてもらいたいものです。どんな発想が飛び出すのか? 作り手のイマジネーション溢れる映像描写に満足するしかねえ~!!


以上、お勧め新作アニメ紹介でした。このほかにも夏季の新作アニメはありますが、それは25日放送のネットラジオにて詳しく紹介していく予定です。皆さんのお勧めアニメがあったら是非聞かせてくださいね!

0 Comments

Post a comment