(レトロゲームレビュー) (メガドライブ) (シミュレーション) 「バハムート戦記」

BAHA0001



さて、今月3本目に紹介するメガドライブの作品は「バハムート戦記」です。かなり、有名なソフトなのでご存知の方も多いと思います。でも、私がシミュレーションゲームでは初めてはまったソフトなので色々思い出深いソフトですね。今作はいわゆるファンタジーシミュレーションゲームです。シミュレーションと言うと光栄の「三国志」や大戦略等、かなり敷居が高くて複雑なゲーム性だと初心者の方は敬遠されがちでしょうが、このゲームはシミュレーションに馴染みのない人もわりと手軽にプレイ出来るように作られています。プレイ前に様々な項目を設定できるようになっているのです。例えば、戦術画面はヘクス型にするか簡略にするか、ルールは初心者ルールか上級ルールかと言った具合に自分のレベルに合わせて細かく設定することが可能です。

BAHA0002

プレイを始める前に、まず初心者用~上級者用のルールを選ぶことが出来ます。しかし、初心者ルールは使えるコマンド等に制限がありこれではこのゲームの醍醐味が損なわれてしまいますので上級ルールをおすすめしたいところ。また、四人までの多人数プレイも可能です。

ゲーム内容は、内政な外交を行いながら自軍の領土を広げていき、敵やモンスターと接触すれば戦術画面へと移行します。また、マスターの戦闘はアクションゲームによるリアルタイムによる戦闘になります(コマンド式戦闘み設定可能)。これにより、かなり不利な状況でも有利にゲームを進めることが可能になっています。また、ターン毎にイベントが実行されます(なしも設定可能)。これには、自軍にとって有利になるものや不利になるものもあり幾ら自軍が優勢であっても油断できないと言う緊張感が生まれます。内容は、このゲームの数年後に発売されたセガサターンの「ドラゴンフォース」と似ているところはありますね。

BAHA0004

難易度は高いですが、熱中できる要素が多いでゲームです。また、リアルタイムによる戦闘も当時としては斬新でした。ただ、これによってゲームバランスが崩れる恐れがあるので、それを好まない人は設定する必要がありますね。全体的に重厚な雰囲気漂うファンタジーシミュレーションですが、初心者でもとっつきやすく設定も細かいため上級者にも歯ごたえのある内容となっています。このゲームの基本的なシステムは後に発売されました「ドラゴンフォース」にも受け継がれています。まあ、こちらはかなりシンプルな内容になっていますが素晴らしい名作です。

結構市場に出回ったのか、メガドライブが現役だった当時も中古ではかなり安い価格で購入する事が出来ましたが、値段以上に価値のある作品です。私はこのゲームなら何時間でもプレイできますね。また、メガドライブには少ないジャンルのソフトだったので貴重だったですね。さあ、ファンタジーシミュレーションのこんな名作はいかがでしょうか?

BAHA0003

バハムート戦記 MD 【メガドライブ】

0 Comments

Post a comment