(アニメ感想) 刀語 第7話 「悪刀・鐚」

刀語 第五巻 賊刀・鎧 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
刀語 第五巻 賊刀・鎧 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




「こんなことに何の意味がある!!」まさに、その通り・・・。七花と七実の姉弟対決は熾烈を極めました。そしてその果てに待っていたのは、やはり悲しい結末だったのです・・・。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



うーん、七実の本当の力が明らかとなった時より、この二人が何れ対峙するであろうことは何となく想像はしていたのです。七実の強さと残酷性は、七花がこれまで出会ったどの剣士よりもずっと脅威である。

なるほど、とがめの奇策がなければ、まるで勝機は見い出せなかったのでしょう。そしてもう一つ決定的だったのは、七実の意志が破滅へと向かっていたということ・・・。

ずっと疑問だったのですよ、とがめに託して七花を送り出した七実が、なぜ多くの屍を積み重ねた挙句に、弟の前に立ちはだかろうとしたのか? そう、七実は七花に殺されたかったのです。


ところが、理由もなく殺し合いは出来ない。そこで、先回りをして変体刀所持者の元を訪れそれを奪うと、自らが悪刀所持者となることで、弟が戦わざるを得ない状況を作ったわけですね。

しかし、七実が死を望んだ理由は、実際のところはよく分からないのですよ。顔に表情が表れることがあまりありませんから、死ぬよりもつらい苦しみを味わっているということが我々に伝わりにくいというのも一つの理由かもしれません。

彼女の精神力ならその激しい苦しみを克服しているように見えましたしね。ただ、父からも恐れられ、他者ともほとんど関わることも出来ず、愛する人もいなかった彼女が唯一、執着していた弟に殺されたのは本望だったと言うべきかな・・・。

哀れな女性だと思いますが、だがそんな彼女の身勝手さで死んでいった何の罪もない人々のことを思うと、正直許せない気持ちもあります。七実のそんな破滅型の人生とは、もしかすると七花も辿ることになった道かもしれないのですよね。

ところが、七花はとがめと出会ったおかげで、人間らしさを形成し、恐らくは七実のようにはならないでしょう。奇妙なことに、そんなきっかけを与えたのは七実自身で、それも不思議な因果と言えますな。


見終わった後、何とも言いようのない思いに駆られた回でございました。後味がいいのか、悪いのか・・・いや、きっと悪いんだよな・・・。

<今期の中心アニメは「屍鬼」「学園黙示録」「オカルト学院」のホラーシリーズで決定!?・・・「ピッコロのらじお♪」は7月14日(水) 夜11時より放送予定>

7月14日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、夏の新作アニメを中心に語っていく予定です。特に「戦国BASARA」、「屍鬼」「学園黙示録」「オカルト学院」には力を入れて語っていきます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?アマガミSS、伝説の勇者の伝説、黒執事II、生徒会役員共、セキレイ~Pure Engagement~、学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ぬらりひょんの孫、屍鬼、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2、世紀末オカルト学院、戦国BASARA 弐(ツー)、祝福のカンパネラ、みつどもえ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201007100001/221d5/
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/tb.php/268-e467ebb7
http://blogs.yahoo.co.jp/pac2sos/trackback/1296899/36430573

0 Comments

Post a comment