(アニメ感想) けいおん!! 第16話 「先輩!」

けいおん!!(第2期) 2 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 2 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
クチコミを見る




最近は、梓がやや引いた視点から、けいおん部の連中を語る場面が非常に多いですね。これは、唯達と学年が違う事や、梓の性格も関係しているのでしょうけど、視聴者視点でけいおん部の個性を冷静な視点で分析する(突っ込みも兼ねて)という意味もあると思うのですよね。



banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



梓の視点から見た唯達は、明らかにヘンに映るんです。そもそも、部活なんだから「練習しましょう」という梓の主張はもっともで、それを様々な口実をつけてまともな部活動をしない唯達が異常に見えるのは当然でしょう。

ただ、そんな唯達の異常さを際立たせているのは常識人である梓の視点であり、それがギャグにうまく転化されていないと、唯や律の行動ってどこまでもキツく絞っても閉まらない垂れ流しの水道の蛇口のようにしか見えないのですよね。しかも、その水道の蛇口から飛び散った水をいつもまとも浴びせられてしまうのが、不幸体質な梓にゃんであると・・・。


こうなるとますますグダクダ感が加速していきそうなものですが、実はそうならないのは、回の締めで結局は梓がそんなけいおん部のノリを許容してしまうからでしょう。ついでに言うと、最近はそんなけいおん部に居心地の良さを感じているように見える。

視聴者と対等の視点にある梓がそれを認めてしまうことで、視聴者としてもそれを受け入れざるを得ないのです。だって、これはこれでけいおん部の活動には意義があるのだと結論づけられてしまっていますからね。

澪がすでにあきらめの境地に至り、いつの間にか唯や律達が構築してした「けいおん部」に同化していったように、梓もそれと同じ道を辿ろうとしているのですよ。唯が部の様々な備品や、楽器にまで自分が今はまっているシールを貼り付け回っていたのは、唯色に染まりきったけいおん部をまさに象徴していたわけです。

そして、最後には梓のカバンにまで、シールが貼られていた・・・これは「唯菌」の侵食が、けいおん部唯一の良心である梓自身にまで及んでしまったことを表していたのですよ!! そして、落ちてしまった梓・・・でも、梓本人が「まあいいか」とそれを受け入れてしまったのだから、我々は何も言うことはありませんね。


まあ、まともに楽器の練習をしないグダクダな先輩達だけど、梓にとってそこは最高の居場所であるのだからそれでいいのかもしれません。楽しくなけりゃ意味がない!・・・我々はもっと気楽に考えるべきなのかもしれませんね。

<BLに萌えに下ネタトーク、何でもアリ!!・・・「ピッコロのらじお♪」は7月21日(水) 夜11時より放送予定>

7月21日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、夏の新作アニメを中心に語っていく予定です。特に「戦国BASARA」、「屍鬼」「学園黙示録」「オカルト学院」には力を入れて語っていきます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?アマガミSS、伝説の勇者の伝説、黒執事II、生徒会役員共、セキレイ~Pure Engagement~、学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ぬらりひょんの孫、屍鬼、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2、世紀末オカルト学院、戦国BASARA 弐(ツー)、祝福のカンパネラ、みつどもえ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1812-59b22a9e

0 Comments

Post a comment