(アニメ感想) 戦国BASARA弐 第3話 「慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]
クチコミを見る




秀吉の所業は前田慶次にとって魔王・織田信長と変わらぬもの。

そんな秀吉の掲げる覇道と、時代の趨勢に慶次は心を曇らせていた。

「戦のない、和やかな生活を皆が送ることができないのは何故か?人が幸せになってこその天下ではないのか。」

そう、晴れぬ胸の内を謙信に吐露する慶次であったが、そんな慶次の思いを踏みにじるかの如く告げられる衝撃の事実。

悲痛な思いを抱え、慶次の向かう先とは・・・。




banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



謙信と利家の戦い・・・。しかし、さすが謙信といったところか、一枚も二枚も上手だった。越後に攻め入った利家を少数の軍勢を率いて迎え撃ち、ところがその隙に大軍勢を加賀へと向かわせていたのです。

利家の城と加賀の民が危険にさらされていると分かった以上、利家としては引き返さざるを得ない。越後に敵の侵入を一切許さず、互いに無益な犠牲を出さずに敵を退けるとても冴えたやり方!

ここから謙信はさらなるワナを仕掛けておりました。加賀へと引き返す利家達の前に、兵を待ち伏せさせ、あっという間に囲んでしまったのです。これにより戦意喪失した利家を降伏させようという魂胆であったのでしょう。

加賀に戻れば、当然城を死守せんと、互いに激しい戦闘となることが予想されますから、これは利家を無血降伏させるいい策だと思います。もっとも、利家は降伏を受け入れずに、抵抗するのですが・・・そして慶次との悲しい戦いが始まったのです。


利家の過去に何があったしかは分かりませんが、おそらくは信長によって国を民を激しく傷つけられた事が、ここまで頑なにさせるのでしょうね。他国に蹂躙されぬよう、強くあらねばならない・・・そんな利家の思想が、秀吉の目指す理想と一致したのかもしれません。

ところが、力による支配が何れ破滅を呼び込むことは信長の例でも示されている通り・・・。慶次はそのむなしさを知っている故、利家を止めようとしたわけですな。だが、利家も譲らなかった・・・これは悲しい戦いでございました。


前期のBASARAは信長という絶対的な悪が存在し、これを討つという目的の下、各国の諸侯が一致団結し、そこに痛快さを覚えたものです。

しかし今回の物語は、秀吉側にも何か事情があり、それが現在の行動へと駆り立てているわけで、そこには我々も共感できる余地がありそうなんです。望まぬ戦いも、しかしそうせざるを得ない状況へと陥ったときに見せる人間の悲壮なる覚悟には、心動かされるものでございます。

このような物語性だと、おバカアクションが控えめになってしまうのはいたし方のない事かもしれません。私は、このような雰囲気は好きですが、前期からのファンはさてどう思っていらっしゃるのでしょうか?

<今期のダークホースはあそびにいくヨ!・・・「ピッコロのらじお♪」は7月28日(水) 夜11時より放送予定>

7月28日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、夏の新作アニメを中心に語っていく予定です。特に「戦国BASARA」、「屍鬼」「学園黙示録」「オカルト学院」には力を入れて語っていきます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?アマガミSS、伝説の勇者の伝説、黒執事II、生徒会役員共、セキレイ~Pure Engagement~、学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ぬらりひょんの孫、屍鬼、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2、世紀末オカルト学院、戦国BASARA 弐(ツー)、祝福のカンパネラ、みつどもえ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment