(アニメ感想) 世紀末オカルト学院 第7話 「マヤの亜美~ゴ!」

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




亜美の父・茂と再会するマヤ。茂は昔のように怖い話をするが、マヤの反応は薄い。以前は楽しそうに聞いていたのに――オカルト嫌いになってしまったマヤを心配する茂。翌日、マヤとこずえは亜美の家に遊びに行く。亜美が取り出したのは、小学校の文集。当時の作文を読まれ、赤面するマヤ。そこへ、松代郊外でミステリーサークルが発見されたというニュースが飛び込んで…!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



キャトル・ミューティレーションはアメリカの牧場で起こった変死事件。まるでメスで切ったかのように目や唇といった柔らかい部分が切り取られていて、血が全て抜き取られたというこの事件は、宇宙人の仕業ではないかと言われておりました。

今回のオカルト学院の場合も、牛が何者かに血を吸われたような後がありましたけど、これは南米に出現したというチュパカブラと関連付けていたのかもしれません。もっとも、キャトル・ミューティレーションは宇宙人の仕業などではなく、牛の死体を放置していれば同様の現象が起こることが証明されております。

まあ、今回のマヤ達が巻き込まれた騒動も、亜美の親父さんや紅の豚の仕業であったことが明らかになり、何となくトーンダウンした感はあります。しかし、これもお節介とは言え亜美の親父さんの優しさだったということで理解してあげましょうか。

マヤが亜美の親父さんの気持ちに気づかないはずはないんですよね。ただ、未来を変えたいという気負いが、彼女をあんな風にイライラさせてしまうのです。でも、それはとても大人の態度とは言えないないですね。

何もかもが一杯一杯で、周囲の気遣いなどにも気づかず、例え気づいたとしても跳ね除けてしまう・・・それが、かつての父と同じように振舞っていることに気づくはずもなく・・・。その理解が生じた時、マヤは父をきっと許すことが出来るのでしょうけどね。

ほとんどの場面でギャグやっても、シリアスシーンではシャンとするのがこの作品のいいところかな。いちいちキャラクターの言葉や言動が心に響くというか・・・本当に不思議な魅力を持ったアニメだ。次回はマヤと亜美の仲直り?・・・毎回楽しみだわ。

<刀語第8話放送!!・・・「ピッコロのらじお♪」は8月18日(水) 夜11時より放送予定>

8月18日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、夏の新作アニメを中心に語っていく予定です。特に「戦国BASARA」、「屍鬼」「学園黙示録」「オカルト学院」には力を入れて語っていきます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?アマガミSS、伝説の勇者の伝説、黒執事II、生徒会役員共、セキレイ~Pure Engagement~、学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ぬらりひょんの孫、屍鬼、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2、世紀末オカルト学院、戦国BASARA 弐(ツー)、祝福のカンパネラ、みつどもえ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1838-39d4aa74

0 Comments

Post a comment