ブログ&ラジオが5周年! 皆様にちょっと聞いて頂きたいことがあるのです・・・私の思うところを書き綴ります

皆様、いつもブログを見ていただきありがとうございます。早いもので当ブログを開設してから、本日で五年目に突入いたしました。



これからも、アニメ感想、ラジオ共に頑張っていくつもりですが、丁度良い機会なので改めて、私がブログやラジオを始めた経緯や、今後のブログやラジオのあり方など、あるいは現在のアニメブログ界について思うことなどを書き綴ってみようと思います。



長文にになるかもしれませんが、最後までお付き合い頂けると幸いです。



☆ブログ&ラジオを記念して8月20日(金)より「24時間ラジオ」を開催します。様々な企画を決行する予定ですので、皆様気軽にご参加ください





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



☆ブログ&ラジオを記念して8月20日(金)より「24時間ラジオ」を開催します。様々な企画を決行する予定ですので、皆様気軽にご参加ください

<孤独とは死に至る病である・・・私がアニメに嵌った訳・ブログを始めるに至った動機>

元々アニメを見る習慣はなかった私なんですが、1998年頃でしょうかね?深夜アニメが増え始めたのは・・・当時、一人の夜があまりにも寂しかった私は、何気なくTVをつけた時に放送していたアニメ版ベルセルクに衝撃を受け、それから一気にアニメの世界へとはまったいきました。

しかし、暫らくして私のアニメ熱は冷め、途中「ちょびッつ」のアニメ化で多少はアニメも視聴していましたが、それでも年に数本の作品を楽しむ程度のもので、今ほどにはアニメライフを満喫出来ていなかったように思います。

ところが2004年に、再び私をアニメの世界へと引き戻す作品が登場しました。それは「光と水のダフネ」というアニメ

この作品については、以前に「企画 あなたのお勧めアニメってなあに?」の方で紹介させていただいたので内容についてはあえて触れませんが、とにかく「今アニメが熱い!」そう強く確信した私は、大手掲示板なとで情報を仕入れ、深夜アニメの世界へさらに深く嵌っていったのでした・・・。


しかし、様々な作品に触れ、どんなに多くの感想が溢れても、私の周囲にはアニメについて語られる仲間がほとんど存在していなかったことに気づいたのです

孤独な夜・・・アニメを見た後にこの感動を分かち合いたい!と思っても、誰も話す相手がいないのです・・・こんな寂しいことはありません。

友人と多少アニメの話しをしたとしても、それほどディープに語り合うことは出来ない・・・我慢出来なくなった私は、仲間を求めて、当時ブームの兆しを見せ始めていたネットラジオ配信サービス「ねとらじ」に手を出したのです。

現在もそうですが、そもそも「ねとらじ」でアニメを真剣に語っている番組はあまり多くはありません。

VIP系や声マネ系に比べて人が集まらないのでしょう・・・元々私は自分がラジオの放送主となるつもりはなかったのですが、求めるような番組がなかったため、自らがDJとなりアニメやゲームを語る番組を開始しました。こうして「ピッコロのらじお♪」が生まれたのです。

確認してみると最初の放送が2005年の8月19日となっています。聴いてくれた人は最大で13人・・・掲示板にも書き込んでくれた人もいますが、恐らくはそのほとんどの書き込みが私の身内だと思います。

アニメについてそれなりに語れたものの、多くのリスナーを集めることの難しさ、そして何より一緒に語れる仲間が欲しい!・・・その時の私はそう強く思ったものです

ならば、人を集める場所を自らで作ればいい!・・・そして、これもまた当時流行り始めだったものですが「ブログ」という媒体にまで手を染めていったのです。

もっとも、最初の頃はアニメ感想記事よりも、レトロゲームに関する記事が多く、アニメにはそれほど熱心ではなかったと記憶しています。ところがある日、ブログの形態を一変してしまうような出来事に遭遇してしまうのでした・・・。


<アニメブロガーさんとの出会い・・・期せずして私もアニメブロガーになった>

私がブログを開設した五年前に比べると、アニメ感想ブログは本当に多くなったと思います。当時は、ライブドアブログが全盛期で大手のアニメ感想ブログ様の多くが、ここを利用されていました。今は、アニメ感想ブログはfc2プログの方が圧倒的に多いですね。

それこそ五年もアニメ感想ブログを続けているとなると、私も今となっては古参の部類に入るのかもしれません。

まあ、五年もブログを書き続けていると、様々な出来事に遭遇し、その度の多くのことを考えさせられもしました

別にえらそうな事を言うつもりもないですし、大した話しをするわけでもないのですが、私自身がアニメブログ界について少し思うこと、そしてそれと関連して今後当ブログやラジオをどのように運営していくつもりなのか、そのあたりを少し突き詰めてお話ししていきたいと思います。


さて先ほどの続きですが、ブログを始めた当初はアニメ感想を書くことにさほど熱心ではなかった私・・・ところがある日アニメの感想を書いたところ(ケロロ軍曹や極上生徒会だったと思う)、その記事にある一覧が表示されていることに気づいたのです。

よく見るとどなたかのブログの記事へのリンクの一覧のようですが、その時はこれが何であるかを私は理解出来ませんでした。

後日それがトラックバックというものであることを知り、アニメブログの多くの方がこのシステムを利用していることに気づきます

それでも、このトラックバックシステムをよく理解出来なかった私は、とにかくこれを送ってこられたブログに、TBを送り返すということをしてみました。

すると、TBを送った日からブログのアクセス数が格段に上がり、またアニメブロガーさんと何か繋がったような気がして、大きな喜びを覚えたものでした。

この時から、私のアニメ感想を書く頻度は多くなり、現在のブログの形が出来上がっていったのです・・・。


<TBというシステムについて・・・>

現在、TBを活用されているブロガーさんは多いと思います。ただ、現在アニメ感想ブログの間で利用されているこのトラックバックというシステムは、本来のトラックバックのあり方とは違うのかもしれません

以前も、TB論議というものがブロガーさんの間で活発に交わされた時期があります。

基本トラックバックは、「あなたの記事を引用、参照していますよ」という通知目的として使用されるべきものであると言われています。

しかし、現在アニメ感想ブログでこの形式にて活用されている方は少ないでしょう・・・というかほとんどおられないのではないと思います。

もっとも、アニメ感想ブログで行われているTBについては、これはこれで独自の文化を形成しているので、個人的にはアリだと捉えております

TBは単に自ブログのアクセス数をアップさせる効果だけでなく、同じアニメを見て感想を書いている人同士の繋がりを形成する上でも重要でしょう。

また、記事にTBが多くつくブログでは、読者にとって同じ作品の感想を色々巡れるというTBセンター的な利用も期待出来るわけです。だから、今後もアニメ感想ブログの間ではこのTBが頻繁に交わされていくことだろうと私は考えております。


<TBシステムだけでは希薄な繋がり。ブログという媒体でのコミニュティの欠如・・・>

アニメ感想ブログにおけるTBシステムの役割というものは、理解していただけたと思います。まあ、アニメブロガーさんの多くの方にとってこれは常識だろうし、今さら説明するような事ではなかったかもしれません。

ただ、私はTBシステムを活用する一方で、しかしこれのみでは横の繋がりを形成する事の限界を感じていたのも事実でした。

そもそも、かつてブログが今ほど普及していなかった時代は(恐らく6年ほど前)、ホームページの開設の方が主流でありましたが、ここでは訪問者や他の管理人とのコミニュケーションを取る手段として主にBBS(掲示板)が利用されていたものです

個人で開設されたBBSは、2ちゃんねるのようにほとんどが名無し匿名性が高いといったものではなく、それぞれがハンドルネームを名乗りコミニュケーションを取る所も多かったと記憶しています。

その頃はそのようにして管理人同士、あるいは管理人と読者とを繋ぐ場である掲示板が機能していて、活発な意見交換が行われていたわけです。


ところがブログが主流となり、ブログの管理人と読者の一対一のコミニュミケーションは可能でも、そこに多数の人が入りこみ読者同士でも繋がっていくという事が難しくなった気がします。

またブログとは、元々日記の延長線上にあったようものであるせいか、ブログの管理人が他ブログと積極的に繋がりを求めるということは、HPが主流だった時ほど多くないということに私は気づいたのです

私がブログやネットラジオを始めたきっかけとは、同じ趣味を共有する仲間を見つけ語りたい、あるいは感動を分かち合いたいと考えたからであることは前述しました。

ところが、ブログを作り、ネットラジオを放送するだけではそれを実現することは不可能だと思い知ったわけですね。


この5年間の間、他のネットラジオ番組にもお世話になったこともありましたが、その中でも私はどうやったらブロガー同士の繋がりを深めることが出来るのだろうということを模索し続け、ある日そのために自らが積極的に行動を起こすことを決意しました。

そして、どうせネットラジオをやっているのだから、これを活用した上でブロガーさんとの繋がりを作るきっかけを考えてみたのです

そこで最初に私がやったこととは、TBを送って頂いたブロガーさんの記事をラジオ内で紹介されていただくというものでした。

そうすると、もしかすればそのブロガーさんがラジオを聴いてくれるかもしれないし、またそこでTBのやりとりだけでない、一歩踏み込んだ繋がりを持つことが出来るかもしれないとも私は考えたのです

実際、この試みは成功したと思っております。その時から、固定リスナーさんになってくださった方もいましたし、また記事を読ませていただいたことで、ラジオで話すネタも増えました。これによって小さなものですが、ブログの輪が構築できたようなそんな充実感を覚えたのです。


この後、私はさらにこの手法を広げていき、ラジオのスポンサー募集、そしてアニメ評価企画や、ポッドキャストテーマ企画などを開催してきました。皆さんにご理解いただきたいのは、私が何かを企画する時は多くの場合「ネットラジオ」と連動させています。

また、アニメ評価企画にしても単純にアニメの評価点によって作品の良し悪しを決めたいということではなく、放送後のアニメを評価して頂くことで、それぞれの作品についてもう一度考え活発な意見交換が行われるようなきっかけが作りたかったのと、多くのブロガーさん同士がこれを機会に繋がれる場になればいいという願いもこめられているのです

幸い、ブログ企画を始めてからすぐに、これがきっかけで他ブログさんと知り合えたと言って頂いたことがありました。その言葉を聞いた時、私は凄く嬉しくて、自分の理想に少しだけ近づけた気がしたのです。

アニメ企画も同様の理念で開催しており、私がブログやネットラジオで行っていることの根底には「繋がり」というテーマがあるということは、皆様ににどうしてもお伝えしておきたかったことでした。


<人が繋がっていく可能性がみたいだけ、しかし・・・>

HPが主流の時代の方が、今よりも濃厚なコミュニケーションが取れたことは前述の通り。しかし、問題もありました。

というのも、管理人同士や読者との関係が親密になるほど、派閥なようなものがいつの間にか形成されてしまうといった場合も少なくなかったのですよね

それで、同じ趣味を持つもの同士で争ったりして、いつの間にやらそんな派閥争いに私自身が巻きこまれてしまったという経験も過去に何度かありました。

私はブロガーさんとの繋がりや、何かを共有することで読者さんやリスナーさん方との一体感を味わいたいと考えていますが、決して一派閥やある種のグループを形成したいわけではありません

当然ながら、私の考えややり方を押し付けるつもりはなく、例えばアニメ評価企画でもあるアニメに対して私と全く異なる評価をされる方も多いと思います。

でも、様々な思想や意見があって当然で、だからこそこのような企画を開催する意味もあるというものです。この場が様々なきっかけになればいい・・・私はただそう願うだけなのです。


ここ最近その傾向が強くなってきていると感じるのは、自分とは違う意見に持った人間に対して徹底的に封殺してしまおうという考えを持つ人がいて、身勝手な振舞いを行うということ。

私のブログの場合は「けいおん!!」の感想を批判的に書いた場合に、そのような人を呼び寄せることが多いですね。私の意見に対してのまっとうな反論ならば、全く問題ないのですよ

ところがそうではなく、「自分の好きなけいおん!!」を批判されたそれに対しての怒りがただ先行しているだけで、「自分の意見の押しつけ」というものに過ぎなく、とても冷静な意見ではないと感じることが多いのですよね。


多くの意見が噴出し、そこで議論が活性化するのはいいことだと思います。先ほどのような意見の押し付けや、一方的な意見が蔓延するということは、コミュニティの場において避けたいところ

もっとも、それについては私も反省することが多々あり、今後もブログやラジオを続けるのであれば修正しておきたい点ではありますね。


それにしても最近はツィッターが大人気ですね。これの登場によりフログ同士が繋がりを持てるきっかけは格段に多くなったと思います。

私は今後もツイッターや、ネットラジオ、そしてブログの企画を通じて、刹那的でもいいから一体感を持ちつつ、さらに繋がりを広めていくでしょう。

ねとらじで放送している「ピッコロのらじお♪」も放送した当初は10数人が聴く程度のラジオでしたが、今や150人以上のリスナー様に聴いて頂けるラジオへと進化いたしました。アニメ評価企画の方も開催する度に規模が大きくなっていくようで嬉しい限りでございます。


まだまだ至らないところも多く、皆様にはご迷惑をおかけする事もあると思いますが、どうか今後ともブログラジオ共々よろしくお願いいたします。これまでお世話になった全ての方に感謝を込めて・・・。

0 Comments

Post a comment