(アニメ感想) 地獄少女 第20話 「地獄少女 対 地獄少年」




地獄少女 オリジナルサウンドトラック/アニメサントラ




タイトルを見て吹き出しました。「地獄少女VS地獄少年」もう、ネタとしか思えないようなこのセンスに今日もお酒がすすみそうです(笑)。ああ、しかし何気に楽しみになってきた地獄少年どんな少年なんだろワクワク(笑)。手から光線とか出てきたらどないしよ?それでは、感想です・・・。TV番組の超能力対決でジル・ドゥ・ロンフェールに敗れたエスパーワタナベ。これにより、番組の主役はジルに交代します。しかし、地獄少女との会い対決を試みたいと望むジルは、エスパーワタナベに地獄少女とコンタクトを取らせるため一計を案じるのでした。一方、つぐみとアイとの関係を調べ始めた輪入道達、柴田とつぐみの会話の中で地獄少女とつぐみが繋がっていることを知ります。しかし、その事をアイに問いただしても知らないとの一点張り。結局真相は彼女のみぞ知ると言うことに・・・。

なんか、笛を吹く前のアイの唇の動きが妙にやらしくなかったですか?このアニメ妙なところに拘りを見せてくれますね。しかし、アイの事まで調べだした輪入道達。一体この人達は何がしたいのでしょうかね?この人達がアイについて知っている事って実は柴田並なんじゃ?と思えてきました(苦笑)。さあってと、地獄少年と地獄少女の対決楽しみですね。

ジルの目論見どおり、地獄通信にアクセスしたエスパーワタナベ。突然現れたアイに人形を渡され、とまどうエスパーワタナベ。そこへ、ジルが登場しついに二人の対決の火蓋は切って落とされるのでした・・・。

なんか、もうむちゃくちゃな話でしたね。TVゲームで言えばゲームバランス崩しまくりってやつですか?こんな話しを入れてしまうと地獄のお仕置き人達の神秘性も失われてしまうと思うのですけどね。このアニメは社会派アニメではなかったのか?このままただのネタアニメに成り下がってしまうのでしょうかね・・・。ホント骨女や一目漣がまるで歯が立たなかったのにはゲンナリ。超能力者とは言えただの人間に負けてしまう上にしかも地獄から抜け出したなんて・・・。それにしても今回はなんかエロティックな表現が多かった、アイの舌なめずりといい、骨女の縛りつけ下からアングルといい艶っぽいと言えばいいのかな?ああ、柴田は今回は本当に使えなかったですね。最後は出る気もなかったようですね(苦笑)。何にしても、アイの根拠のない強さにちょっと首をかしげたくなるような回でした・・・。

jigoku06022600

0 Comments

Post a comment