(アニメ感想) 世紀末オカルト学院 第12話 「千の風、美の尋めゆき」

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




純一郎を手にかけ、マヤの命を狙い、そして今、魔界の扉を開かんとする人物が姿を現わす。しかし文明は為す術無く、身動き一つ出来ない。解き放たれるモスマンやチュパカブラ。「魔女を殺せ」と声を荒げる町の人々。町の上空では、魔術の閃光が激しくぶつかり合う。亜美たちはマヤの魂を降霊しようと奮闘するが、その前に意外な人物が現われて…!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



オカルトというか・・・もはや魔法少女バトルアニメのような、そんな様相を呈してきました

結局、モスマンもチュパカブラも、美風があちらの世界から呼び出した魔物達だったという事実が判明し、これまでのオカルト的要素が、黒魔術vs白魔術の戦いに集約されていった潔さは、なんともこの作品らしいと思えるところであります。

ところで、マヤの死体が川島が魔術によって作り出したものであるなら、マヤの父が生きている可能性は高いでしょうな。

もっとも私はマヤの父が死んでいるという情報に対しては元より懐疑的になっておりましたが・・・。

初回の死霊化したマヤの父が登場してましたが、どうにも胡散臭くて、当初はあれは全て川島達が仕掛けたドッキリみたいなもので、最後になって種明かしがされ、全てやらせだったとというオチかつくのではないか?と多少本気で考えていた時もございました。

なんにせよ、「マヤの父がなぜ未来にいるのか?」は最後のミステリーですな。

ノストラダムスの鍵が消滅しても未来が変わらなかったのは、やはり多次元解釈かな? だとしたら、この後文明が自分の世界に帰るという展開は感動的なものになるかもしれない。

なぜなら、未来で待っていてもマヤは決して現れないのだから・・・。物語をどのようところに落とし込んでくるかは見ものです。このスタッフなら十分に信頼出来る。

それから、次回のサブタイが好きだ。「マヤの文明」・・・このサブタイを深く意味づけるものとしての最終回の物語に期待!


ああ、ターボばあちゃんにワロタ

<夏アニメ最終回スペシャル!第二弾!!・・・「ピッコロのらじお♪」は9月29日(水) 夜11時より放送予定>

9月29日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「最終回スペシャル第二弾」として最終回を迎えました夏のアニメを中心に語っていく予定です。

「戦国BASARA」や「オカルト学院」など夏アニメを総括! これをやらないことには俺達の夏は終わらない!!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?アマガミSS、伝説の勇者の伝説、黒執事II、生徒会役員共、セキレイ~Pure Engagement~、学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ぬらりひょんの孫、屍鬼、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2、世紀末オカルト学院、戦国BASARA 弐(ツー)、祝福のカンパネラ、みつどもえ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://kuragome.blog57.fc2.com/tb.php/1112-7d6b90ba
http://d.hatena.ne.jp/mouseion/20100923/p1
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/290418873d8bae6d1564224cef91805c/f3
http://buryo.blog14.fc2.com/tb.php/472-7ed1bd8f
http://tako2008.blog27.fc2.com/tb.php/217-e42ecdd1
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/by_maria/870975

0 Comments

Post a comment