(アニメ感想) あそびにいくヨ! 第12話 「みつけきにました」

あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱仕様〕 [Blu-ray]
あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱仕様〕 [Blu-ray]
クチコミを見る




ついに、キャーティアと地球の命運をかけた戦いの幕は切って落とされた。



己が野望を達するがために譲らないものと、守るべきものを持つ固い信頼で結ばれた両者の衝突。激しさを増す戦いの中で、それぞれの因縁と想いが爆発し、予想だにしない決着へと向かっていく。



美しき地球を背に愛を叫ぶ少年少女が進む未来は――そして、地球の運命やいかに!






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



キャーティアの宇宙船が地球に迫っている危機に関しては、「まあどうせ助かるのだろう」とあまり緊張感なく見ておりました。

それよりも、真奈美やアオイの恋愛面でどのような決着を見せてくれるのかに注目していたのでございます。しかし・・・なんとも残念な結果に終わりましたね。

そもそも、肝心の主人公が恋愛面に関しては、最後まで蚊帳の外だったというのはどうなのでしょうか? 女の子達だけがやきもきして、そして最終的な着地点が「みんなで主人公を愛しましょう」ときたもんだ!

どこまでも主人公を甘やかすし、女の子達の方だってこの結末では何の心の問題の解決にもなってないでしょう?

みんなで騎央を抱きしめ、キスし、そして彼を共有すると宣言してしまう勇気などは必要ないのではないか?

騎央と向き合い、彼とどのようにしてこれから関わっていくのか?を決断することこそが勇気であり、成長なのです。

告白も一つの手段であるだろうし、彼を諦めることも一つの決断でしょう。

「もっとも重大な選択」をさせずに、「もっともぬるい選択」をさせてしまったところが最大の罪だと私は思います

地球の危機よりも、優先されてしまう本気の恋ではなかったのか? そのようなファクターを描いていてこの答えではぬるすぎるのではないだろうか?

何一つ真剣に描かない物語で、一体我々に何が伝えたかったのだろうか?

<夏アニメ最終回スペシャル!第二弾!!・・・「ピッコロのらじお♪」は9月29日(水) 夜11時より放送予定>

9月29日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「最終回スペシャル第二弾」として最終回を迎えました夏のアニメを中心に語っていく予定です。

「戦国BASARA」や「オカルト学院」など夏アニメを総括! これをやらないことには俺達の夏は終わらない!!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?アマガミSS、伝説の勇者の伝説、黒執事II、生徒会役員共、セキレイ~Pure Engagement~、学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ぬらりひょんの孫、屍鬼、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2、世紀末オカルト学院、戦国BASARA 弐(ツー)、祝福のカンパネラ、みつどもえ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1877-08274c9e

0 Comments

Post a comment