★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?9(6月終了作品)」最終集計結果発表! PART3 薄桜鬼、真・恋姫†無双~乙女大乱~、閃光のナイトレイド、B型H系

今期終了アニメを評価してみないかい?9(6月終了作品)」の最終集計結果の記事PART3です。



今回評価を掲載する作品は、薄桜鬼、真・恋姫†無双~乙女大乱~、閃光のナイトレイド、B型H系です。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51620731.html

(ゆとりちゃん、ギャグマンガ日和+、怪談レストラン)



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51620769.html

(一騎当千 XTREME XECUTOR、kiss×sis、迷い猫オーバーラン!)



★「今期終了アニメ(6月終了作品)を評価してみないかい?9」



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



☆薄桜鬼

まず紹介するのは「薄桜鬼」。原作は、アイディアファクトリー(オトメイト)から発売された恋愛アドベンチャーゲーム。アニメーション制作はスタジオディーン。キャストは、桑島法子、三木眞一郎などが出演。

WS000000
WS000001


このレビューに参加して頂いた方の人数は72人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.33 キャラクター 3.97 画 3.83 演出 3.53 音楽 3.72  総合的な評価 3.61 総合点 21.98となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆様
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/



おお!!
かつてない高い評価!!?

というのも、私は原作ゲームを知らないのでこの点数になったんだと思います。

きっと原作だと、もっと書き込みがあって、台詞も結構削られてるという話を聞きましたので。

でも、アニメだけ見てる人には、程よく・・・だったので、私的には満足してます。



題材が新選組。

しかも史実をうまく使って、それをオリジナルキャラを踏まえてものすごくうまく話を展開してくれてたので、それを評価したいかと。

それに羅刹化というアイテムを究極の選択にして、更に物語をドラマチックにしてくれたなぁと。

歴史の勉強も出来た・・・というか、改めて新選組について色々調べる機会を与えてくれました(^^)

ここからがまた激動の新選組。
2期にも期待♪



キャラもみんなステキで、作画もキレイ。
演出も女性向けだけじゃなく、アクションもしっかり見せてくれたしね。

萌えシーンも外さないし、音楽もOP&ED共によかった!!



翠の匣様
http://blog.livedoor.jp/s_396n/


新撰組と鬼を絡めた物語ということで、史実に沿いつつも、変若水やら鬼やらといった謎も同時に追っていくというストーリーはそれだけでも面白いものでしたが、同じくらいキャラ萌えでも楽しんでいた作品でした(笑)。新撰組となるとどうしても物語が進むに連れて悲劇的な部分も増えてきますが、可愛い主人公(ヒロイン)と出てくるだけで眼福なキャラがいたおかげで乗り切れた部分もあったかも(笑)。

物語としては途中で終わっているので、完結編となるだろう二期を楽しみにしたいところです。



ソウロニールの別荘様
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/


幕末という激動の時代が舞台ではありましたが、“鬼”絡みのファンタジー展開の方がむしろ魅力的だった本作。

これはこれで面白いものでしたが、そのファンタジー要素と史実との接点がやや希薄に感じたりもしました。時代に翻弄されるキャラクターたちや、歴史に影響を与える鬼たち…というのももっと見てみたかったのですが、そのあたりは2期に期待でしょうか。

作画は安定。キャラも良かったですが、美形男性キャラがあれだけ揃うと憶えにくい…。




☆真・恋姫†無双~乙女大乱~

まず紹介するのは「真・恋姫†無双~乙女大乱~」。原作は、BaseSonより発売されたパソコンゲームソフト。。アニメーション制作は動画工房。キャストは、黒河奈美、西沢広香などが出演。

WS000002
WS000003


このレビューに参加して頂いた方の人数は50人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.25 キャラクター 4 画 3.72 演出 3.42 音楽 3.46  総合的な評価 3.55 総合点 21.4となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


いけやんのお部屋なの~♪(^▽^)様
http://konosetu1.exblog.jp/



これは本当に面白かったです。ほぼ満点にしてもいいくらい。終盤に出番のなかったキャラがいたのが残念なくらいで、他には文句のつけようがありません。
ギャグとシリアスのバランスが絶妙。基本的にはギャグが中心で、本当に毎回楽しく見させていただきました。同じ旅をするのでもチームを分けるなどうまいこと変則的にして、キャラの出番を用意するという必須条件を、自然に回収していったのも好印象です。最後はほぼ全てのキャラが総出演。うまいこと最後を熱い展開にして盛り上げてくれました。また、3期続いてきましたが、1期の頃からの設定が今回にも活かされているのは凄くいい見所だと思います。
あまり話題にはなりませんが、質はかなり高いと思います。スタッフ泣かせなほど、キャラクターがたくさん登場するにもかかわらず、気合のこもった映像。脱帽です。
どうしてもキャラによって出番の多さにムラが出てしまいますが、十分まんべんなく登場し、それぞれの個性豊かな魅力を引き出してくれました。前期出番のなかった呉チームや「真」のキャラにもスポットが当たってよかったです。
それにしても名残惜しい。これほど終わってしまうのが名残惜しいアニメは久しぶりです。「キャラ」の項でたくさん述べたのでこれくらいにしますが、本当に楽しい作品に出会えたと思います。



きまぐれ☆しろうさぎ様
http://shirousausa.blog106.fc2.com/


似てるキャラが多すぎてよくわからなかった
ストーリーは三国志をよく知ってれば面白かったのかなって思います
同じようなバトル(パンツ)アニメよりは楽しめました



サンショウ魚のしっぽ様
http://blog.goo.ne.jp/sb-salamander


登場キャラが多すぎて、結局は全員覚えることが出来ませんでした。
でも、各々のキャラクターが立っていたことは認めます。多すぎるだけで・・・
意外とストーリーが面白かったのも良かったです。




☆閃光のナイトレイド

まず紹介するのは「閃光のナイトレイド」。アニメーション制作はA-1 Pictures。キャストは、吉野裕行、浪川大輔などが出演。

WS000004
WS000005


このレビューに参加して頂いた方の人数は80人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.46 キャラクター 2.56 画 3.31 演出 2.66 音楽 3.54  総合的な評価 2.56 総合点 17.08となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


aniパンダの部屋様
http://aniponda.blog119.fc2.com/



歴史になぞったストーリー展開、キャラたちで魅せる!
こういうのをじぶんは待っていた!最近のアニメ傾向
に一太刀与えた満足な作品☆



アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)様
http://blog.livedoor.jp/voler/


1話見たときはそれなりに期待したんですけどね…。
個人的には、1話みたいに超能力を持つ特殊工作員が任務を遂行する…っていうノリで行って欲しかったです。
また、当時の世界情勢や歴史色を濃かった作風でしたが、世界情勢や歴史などはあくまで舞台設定で留めておいて、本編ドラマはもっとフィクションなものにした方が良かったような気がしました。



ぐ~たらにっき様
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/


歴史がてんでダメで予備知識が全然なかったのが痛かった。
話が全然わからんかった。
後半はあんまりそういう気にしないで見れるようになりましたが、
終わり方があんまり好きじゃなかった。
音楽はさすがという感じで良かったです。




☆B型H系

まず紹介するのは「B型H系」。原作は、さんりようこの漫画作品。アニメーション制作はハルフィルムメーカー。キャストは、田村ゆかり、阿部敦などが出演。

WS000006
WS000007


このレビューに参加して頂いた方の人数は79人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.06 キャラクター 3.76 画 3.44 演出 3.56 音楽 3.64 総合的な評価 3.47 総合点 20.63となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


HDアニメを探して様
http://hdanime.blog47.fc2.com/



このアニメって、主人公二人の純愛青春アニメなんじゃないかと思った。
Hトモ100人作る・・・なんていうものだから、もう少しいろんな男に対して、手広く手を広げるビッチなヒロインなのかと思っていたら、
以外に最後まで主人公一筋でいくので、結局、純情な妄想少女なのか、と思った。

しかし、最後のホテルでの描写は、U局と言えどもよく放送できたなと思った。
「鬼印」で修正されてはいるけれど、シチュエーション的にホテルであれだけ色々やっても放送できるのを見て、
まだまだU局も捨てたもんじゃないもんだと思った。

田村ゆかりさん、堀江由衣さん、能登麻美子さんが主役級キャラを演じるのもなかなかそれだけで面白いのですが、
それに加えて、ピー音がなるような卑猥な言葉を言っちゃうので、なかなか凄いアニメだと思った。
小須田崇みたいなキャラは、あまりに目立っても駄目だと思うので、声優の演技力よりも、声質の重要性が増すと思うのですが、
阿部敦さんはその点、地味なキャラにも凄くマッチした声質をしているので、すごくよかったと思う。



おきらく委員会 埼玉支部様
http://okirakutama.blog108.fc2.com/


ゆかりんや、ほっちゃんに、何てこと言わしてるんだ!と言う作品w
 かなり面白い。
 作品で、1人で視聴できる環境で、ちょっとエッチな事に抵抗なければ、是非、見てほしい作品
ですね。
 上記の迷い猫オーバーラン!とは違い、最初から最後までハイテンションで展開し、エッチな
中にも、ちょっぴりシリアス、ちょっぴり純愛と絶妙なバランスだと思います。
 放送できない所に鬼印マーク、そして、「あ~あ~、びぃがぁ~たぁえっちけ~♪」と時折入るコー
ラス?なども上手く演出され、面白さにスパイスを与えてました。



アニメ・マジメ様
http://gsa.air-nifty.com/blog/


あまり深く考えず、お笑い芸人の下ネタ的な感覚で楽しんだ。そしてそれがこの作品にいちばんあってると思う。そもそもキャラデザとか絵の描き方からしてそれほど「エロ!」という雰囲気を出そうとしているようには見えないし、山田の性格と言動には竹下と一緒になって突っ込みを入れたくなる。そして俺の中で極めつけは宮野だな。宮野がいちばんラブコメっぽいキャラだったか?山田以上に突っ込みどころ満載だったな~。もう少し宮野が活躍(=空回り)するストーリーが見たかった。


PART4へ続く・・・

0 Comments

Post a comment