(アニメ感想) エンジェル・ハート 第20話 「宿命のプレリュード」




エンジェル・ハート DVD Premium BOX Vol.1 [完全限定生産]/アニメ




シティハンターの時はそう思わなかったのですが、時代のせいでしょうか?このアニメが随分と硬派に見えます。モッコリや美女のお色気もあるのですがどうしてでしょうね?今回は、少し重いお話し。イャンインが普通の人間として生活を送っていれば何れはぶち当たる壁とも言うべき問題しょうか。シャンイン、そしてゲストキャラの繊細な心理描写に注目したいですね。それでは感想です・・・。かつて自分が殺した男の娘からの依頼を受けるシャンイン。その少女、夢の父親は殺されてすぐに遺体が行方不明となっており父親のことを調べて欲しいと話します。リョウはこの依頼を断っていいと言いますが、逃げないと話すシャンインは依頼を受ける決意をします・・・。

前回と違って今回はなんとも重い話しですね。多くの人間をその手にかけてきたわけですから、その家族から恨まれると言うことは当然考えられる話しですよね。当時は何も考えずただロボットのように人を殺し続けてきたシャンインが人間らしい生活を取り戻すにつれて、その深い罪と向き合わなくてはならないようになる・・・。本当は暗殺家業を続けていた方が楽だったのかもしれませんね。リョウはこれから襲うであろうそんな彼女の苦悩も含めて一切の面倒を見る覚悟で彼女を引き取ったのでしょう。

夢の父親はかつて「マッドドック」として恐れられていた冷酷な殺し屋でした。この事実は夢には伝えられないと話すリョウに情報を提供した陳は「その娘の命に関わるから、伝えてはダメ」だと忠告します。マッドドックにはドックウォーカーと言う仲間がいて、マッドドックの死後彼の遺体を処分し自分の一切の痕跡を消し去ったウォーカーは自分の事を探られるのに異常に神経質になっている恐れがあると言うのです。そして、依頼を受けると言う件を夢の家まで出向いて告げるシャンインですがその帰りに・・・。

久しぶりにリョウのモッコリちゃんが聞けました(笑)。本当なんか久しぶりだな~。でも、ハルカ先生は正統派美人って感じで、なんか最近の変則美少女をみなれているせいか新鮮に感じました。しかし、自分の殺した父親の娘と次第に心が打ち解けていくにつれ傷ついていくシャンインの心・・・まさしくグラスハート。「お友達になってください」と屈託ない笑顔でシャンインに手を差し出す夢を見てさらに罪の意識に苛まれたことでしょうね。信宏が、傷つくだけだからもうこれ以上やめておけと言うのはもっともな意見なのですが、これは彼女が乗り越えなくてはならない問題。これは彼女が生きている間はずーと付きまとう罪ですからね。

それにしても、信宏ワロス。エロ本もしっかり持ってたなんて、一般人の生活もすっかりに板についてきたと言う事ですかね?ただ、明るく振舞う夢に対して「シャンインはこんなに苦しんでいるのに・・・」と見当違いでおかと違いの怒りを感じるのはどうかと思います。彼もまだまだ子供だってことですかね。それに比べて夢の気持ちを理解し受け入れ抱きしめるシャンインはいつになく大人に見えました。なんか切ないですね・・・。ところで、最後の海坊主の涙はどうでしょう?キャラに合わないと感じたのは私だけでしょうか?

angel06030100

0 Comments

Post a comment