(アニメ感想) 刀語 第10話 「誠刀・銓」

刀語 第八巻 / 微刀・釵 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
刀語 第八巻 / 微刀・釵 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




次なる刀に関するある情報を頼りに、陸奥の百刑場へと向かう二人。

そこは、今は何も無い原っぱだが、とがめにとって因縁深い場所であった。

そして二人はその百刑場で、誠刀・銓の所有者である彼我木輪廻に出会う。自らを仙人と呼ぶ彼は、とがめに対し、刀を渡すとある条件を言い渡す。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



今回の誠刀・銓の所有者は彼我木輪廻。彼は対峙する者によって、老若男女、見える姿が様々に変わるというらしい。なるほど、つまりこれはユング心理学で言うところの「シャドウ」に近いものでありましょうね。

もっとも、シャドウは夢の中では見知らぬ人間は友人の姿などで現れるものの、本人の性に対応しているのですよね。男なら男、女なら女と言った具合に・・・だから厳密に言うと少し違う。

ともかく、人間は社会生活を営む上で、自身にとって嫌なもの、あるいは自身の弱さといったものを意識の奥へと追いやってしまい忘れようとする作用が働くのです。

しかしながらそれは決して消えるわけではなく、いつまでもしこりとして残っているものなのです。ところがある時他者の影響によって、触れられたくないシコリや、認めたくない自身の弱い部分を刺激され、それを他者へと投影してしまうのです。

彼我木輪廻はまさに、七花ととがめの「シャドウの投影」でありますな。二人がこれまで向き合わず、避けていた「何か」は、何れは対峙せねばならぬもので、彼我木輪廻との出会いは二人にとって、気づきがもたらされる重要なきっかけとなったことは確かなのですよ。

虚刀流が完了型変体刀だったという事実はともかく、今回はとがめが避け向き合ってこなかった「父という存在」に対して、父の最後の言葉を受け入れたことでそのわだかまりが解消されたことがもっとも重要な事柄であったように思います。

苦手意識を持っていた父に「大好きだった」と告げられたことがとがめに大きな混乱を招いたことは分かる。それは受け入れがたいものであり、しかしながらその父の言葉が真実の言葉であったことは十分に認識していたのでしょう。だから、心の奥にそれを封印してしまった。

ところが、自分の未熟さと愚かさを認められる今だからこそ、これと向き合い問題の解消という作業が行われたわけですね。父が告げた真実を胸に、前に向かって歩いていけるようになったとがめの表情は実に晴れ晴れしいものだった。これにて一件落着!

<とある魔術の禁書目録IIキター~!!・・・「ピッコロのらじお♪」は10月20日(水) 夜11時より放送予定>

10月20日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「STAR DRIVER 輝きのタクト」、「とある魔術の禁書目録II」、「バクマン」などのアニメについてジックリ語り合いますよ。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

とある魔術の禁書目録II、咎狗の血、STAR DRIVER 輝きのタクト、そらのおとしもの f(フォルテ)、スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター、バクマン。、テガミバチ REVERSE、薄桜鬼 碧血録、心霊探偵 八雲、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、百花繚乱 サムライガールズ、荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ、ヨスガノソラ、おとめ妖怪ざくろ、侵略!イカ娘、もっと To LOVEる -とらぶる-、神のみぞ知るセカイ、探偵オペラ ミルキィホームズ、それでも町は廻っている、海月姫、FORTUNE ARTERIAL 赤い約束、えむえむっ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2383-d1138a65
http://pruuun2.blog11.fc2.com/tb.php/231-e073a5ee
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/3405-666c5934
http://zassyokukei.blog91.fc2.com/tb.php/280-2096989f
http://sironsiron.blog70.fc2.com/tb.php/563-2d3ea825
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/637-e6816df8
http://56189.blog133.fc2.com/tb.php/37-a1c6823b
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2116-b1b5f8ac
http://myuvi.blog59.fc2.com/tb.php/261-15fbf374
http://soraxcan.blog59.fc2.com/tb.php/2156-a247fe36

0 Comments

Post a comment