(アニメ感想) 伝説の勇者の伝説 第19話 「行方知れずの恩知らず」

伝説の勇者の伝説 第2巻 [Blu-ray]
伝説の勇者の伝説 第2巻 [Blu-ray]
クチコミを見る




最近この作品の記事を書けてなくて申し訳ないです。WEB拍手でも前回の感想を見たいというコメントを頂いたのですが、最近は忙しくて手をつけられなかったことをお詫びいたします。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



さて前回は、ライナがシオンと袂を分かつという展開になり、物語には大きな変化が訪れました。シオンのショックも大きいでしょうね。何せシオンはライナという存在に対して精神的に依存していたところは大きいですから・・・。

国を支えていくということは奇麗事ばかりではなく、様々な現実が立ちはだかるわけですが、そんな生臭い事情などとは無関係なところにいて、あまりにも非現実的な夢を語るライナは、シオンにとって唯一心休まる存在だったのだろうと思います

そのライナを失ってしまい、シオンが王という立場上ますます孤独になっていくのは、とても危険なことであるのですよ。

それこそ今の状態ならミランに対する依存度がますます高くなっていくでしょうからね


そして、ティーアという男についても触れておかなければなりませんな。


彼が自身が特別な存在であることを知った経緯は、ライナとは違います。ティーアは生まれながらにして自分は特別な存在で、人はそれより劣る存在であると認識していたようですから。

その能力の特異性と共に、どう考えてもまともな人間形成が行われていないことは明確でしょう

にも関わらず同じ複写眼の持ち主達には強い仲間意識を持ち、これを守りたいという気持ちが強いことには少々驚きました。

この手の輩は、自分が見下している人間はもちろん、本来自身が所属するはずのマイノリテイに対しても、憎悪の視線を向けることが多いですからね。

つまりは自分以外は信じられないといった態度。うーんティーアが以前にどのようなコミュニティに属していたかは気になるところでございます


しかし、ティーアにしても、シオンにしても、レファルにしても、守るべきべきものがはっきりしていて、それが故にとても窮屈な思考に陥ってしまっているところが、なんともままならないものですな。

その必然として戦いがあるということ。今後ますます状況は切迫して、彼らはさらに追い詰められていくのでしょうな。本当にままならない・・・それが人間であります


次回はライナとフェリスの再会があるのかな?そういえば、ミランやミルクの件もありましたな。これらの事態をいかに収束させていくのか見ものでございますよ。

<レールガン組いよいよ登場!!(禁書目録)・・・「ピッコロのらじお♪」は11月17日(水) 夜11時より放送予定>

11月17日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「STAR DRIVER 輝きのタクト」、「とある魔術の禁書目録II」、「バクマン」などのアニメについてジックリ語り合いますよ。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

とある魔術の禁書目録II、咎狗の血、STAR DRIVER 輝きのタクト、そらのおとしもの f(フォルテ)、スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター、バクマン。、テガミバチ REVERSE、薄桜鬼 碧血録、心霊探偵 八雲、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、百花繚乱 サムライガールズ、荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ、ヨスガノソラ、おとめ妖怪ざくろ、侵略!イカ娘、もっと To LOVEる -とらぶる-、神のみぞ知るセカイ、探偵オペラ ミルキィホームズ、それでも町は廻っている、海月姫、FORTUNE ARTERIAL 赤い約束、えむえむっ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/92ff176894
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345657/37646538
http://summerzsnow1013.blog137.fc2.com/tb.php/2-66483bfa
http://dreamrom.jugem.jp/trackback/364
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/44045d34e3

0 Comments

Post a comment