(アニメ感想) STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話 「いつだって流星のように」

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




スガタが目覚めた翌日。学校の風景はいつもどおりに戻ったが、タクト、ワコ、スガタの3人を取り巻く空気はどこかぎこちないものとなっていた。一方、その日の夕方開かれた綺羅星十字団の総会では、ザメクのスタードライバー誕生による重苦しい空気の中、一人余裕の態度を見せるスカーレットキスの姿があった。スガタへキスする事に成功していた彼女は、自らの第一フェーズの力でスガタを自分のものにし、操る事を目論んでいた。



☆<11/21更新>前回、STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 「遠い世界」の感想をポッドキャストにて収録!

「スガタは操られていない!?」、「スガタとタクトの戦い・・・このタイミングで二人が戦うことの意味」、「ようやく考察が色々出来ました」等、パーソナリティ、リスナー様の間でも議論が白熱しましたので、是非聴いて見てください↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 「遠い世界」感想談義



banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日の夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



なるほど、サカナちゃんがヘッド聞かせていた物語は、タクト達の未来を暗示しているものかと思っていたけど、本当はヘッドとサカナの関係性をも示唆していたわけですな。

二人の過去に何があったか分からないけど、サカナちゃんの涙が物語の悲劇的な帰結をものがたっているようで、とても切なかった

そして少女は旅立つ・・・。巫女がこの島から出て行っても大丈夫なのか~!?と一瞬戸惑ってしまいましたが、サカナちゃんがすでに封印を解除していたことをすっかり忘れておりました(汗)。


そして同じバスに乗り合わせた四人の少女達・・・。

おそらく、彼女達が四人の巫女であろうと思います。四人全員が一堂に会するのはこれが初めてかな?何とも意味深な場面でございました


さて、タクトとスガタの大喧嘩に関しては、殴り合って戦う的な大昔の青春ドラマを彷彿とさせるような、今となってはギャグにしかならない演出を大真面目でやってしまうところが凄かったと言うべきですかね。

スガタはやはり操られているわけではなかったのでしょう。まあ、スガタの本音が出たところで、タクトとの真剣勝負のぶつかり合いというものが演出された。

ある種互いの友情深めるための通過儀礼のようなものと言えますが、これでスガタはタクト達との共闘を選んだと見ていいのでしょうかね?

まあ暫くは現状維持、しかし何れはタクトとスガタの仲が決定的に決裂するような何かがあって、何れは二人が敵味方の関係になるような展開もありそうではありますけどね。


ともかく、次回からは今回登場の新キャラクターが大暴れで、いつも通りの形式に戻りそう。少しずつ面白くなっているとは信じたいな・・・。

<平野綾がツイッターで再び騒動!?・・・「ピッコロのらじお♪」は11月24日(水) 夜11時より放送予定>

11月24日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「STAR DRIVER 輝きのタクト」、「とある魔術の禁書目録II」、「バクマン」などのアニメについてジックリ語り合いますよ。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

とある魔術の禁書目録II、咎狗の血、STAR DRIVER 輝きのタクト、そらのおとしもの f(フォルテ)、スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター、バクマン。、テガミバチ REVERSE、薄桜鬼 碧血録、心霊探偵 八雲、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、百花繚乱 サムライガールズ、荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ、ヨスガノソラ、おとめ妖怪ざくろ、侵略!イカ娘、もっと To LOVEる -とらぶる-、神のみぞ知るセカイ、探偵オペラ ミルキィホームズ、それでも町は廻っている、海月姫、FORTUNE ARTERIAL 赤い約束、えむえむっ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。


http://blogs.yahoo.co.jp/kankichi_atenza/trackback/1448699/61401054

0 Comments

Post a comment