(アニメ感想) ケロロ軍曹 第99話 「夏美 名犬ナッチー であります/ケロロ わんぱくケロッパー であります」




ケロロ軍曹 ケロっとタイピングであります!




ケロロ軍曹も今回で99話目。随分息の長いアニメとなりましたね。次回の100話記念にはどんなお話しを持ってくるのでしょうね?さて今回も2本立て。夏美犬にハアハア萌えましょう!(苦笑)それでは、感想です。テレビに映し出された可愛い子犬たちを見て「可愛い!」とウットリする夏美。しかし、ママが動物が苦手なため日向家では犬を飼う事が出来ません。「どうせ飼うならボケガエルより・・・」と言う夏美のぼやきを聞いたケロロは、「こんな夏美達に尽くしているのに」と地団駄を踏んで悔しがります。そして、翌日、学校から帰ってきた夏美に耳寄りな情報があると言葉巧みに言い寄り、彼女に一つの首輪を差し出すのでした。そして・・・。

今回はケロロが勝負に出ましたね。結構エグいことしやがるなと少しだけ見直したりもしましたが(苦笑)。サブロー先輩に可愛がられることに快感を覚えつつもそれは犬である自分に向けての愛情であることを少し残念に思う夏美のオトメ心が切なかったですね。まあ、ケロロにおもちゃにされてただけですけどね(笑)。しかし、こういう夏美見ていると、ケロロを捕虜になんて言っていてもギロロと同じく結構ケロロにおちょくられているのかもね。夏美のサブローに対する気持ちを知りながらもこんなワンワンプレイを強要するケロロってやっぱりエグいなと思いました(苦笑)。

さて、後半はケロロ達が水族館を建設すると言うお話し。世間では水族館が大ブーム、そのことを聞きつけたケロロは水族館を作ることに・・・。西澤家が所有する西澤アイランドで水族館をオープンさせることになったケロロ達は、ケロロ小隊総出で水族館の建設に着工します。そして、一週間後水族館を完成させたケロロは夏美達を招待。手作り感の強い水族館に夏美や桃華はゲンナリしますが冬樹はおおはしゃぎ、そして・・・。

なんか突っ込みどころ満載のお話しでしたが、分かりすぎるナウシカパロには正直ひいてしまいました(苦笑)。ところで、アノマロカリスって本当に存在していたのですね地球外生命体かと思ってました(苦笑)。まあ、海の生き物は(特に深海の生物)たまに地球外生命体か?と思えるほど奇妙な姿をした(まあ映画のエイリアン等も深海の生物をヒントにしたのだろうけど)やつが多いですからね。そういえば、ナウシカといえば「ラン、ララランランラン♪」って言う女の子の歌が有名ですけどどうせナウシカパロやるなら、冬樹が海に沈んでいくシーンでケロロバージョンのそれが聞きたかったなあ・・・。今回は、前半後半ともいまいちパワー不足。ネタの仕込みもいまいちでした。今年のケロロはいい感じなのでここでの停滞はちょっと残念ですね。来週は100回記念ですし力入れたお話がみたいものです。

0 Comments

Post a comment