(アニメ感想) ヨスガノソラ 第11話 「ソラメクフタリ」

ヨスガノソラ Blu-ray 渚一葉
ヨスガノソラ Blu-ray 渚一葉
クチコミを見る




悠の名を呼びながら自分を慰める穹を見てしまった悠は、

その日以来、膨らみ続ける妹への恋愛感情を抑えることができなかった。

そんな想いを断ち切ろうと、奈緒に軽はずみな行動を取ってしまう悠。

だが「好き? 私のこと」と尋ねる奈緒に、悠の答えは分からなかった。

そんな時、穹が高熱を出して寝込んでしまう。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



いよいよその時がきたという感じでございますな。まず最初に前回の感想で私は悠とソラは兄妹ではないのではないか?という疑問を投げかけたのですが、これは私の勘違いだったようで実際には実の兄妹のようです。

さて、「近親相姦」はどのようにして起こりうるのでしょうか? 人は生きていく上で様々な人間や社会と関わっていきます。人の関わる社会というものが重層的になっていて、その中でその人がどのような立ち位置にあり、そしてどのような状況に陥っているかについては様々でこれを一言で説明することは難しい。

そんな家庭や、友人、あるいは社会との関係性というものを検証したところで、なぜ「近親相姦」が起こりうるかを考察していくべきなのですよね。まあ私は学者でもないので、そんな高度な話しを展開出来るはずもなく、ただ一般論的な感覚でしかモノを言えないのですが・・・。


「近親相姦」についてはわりと許容されることもあった大昔の時代と、現在の家庭の中で起こるそれとを同一に語ることは出来ないでしょう。例えば戦国時代に、城の外を敵に囲まれて籠城している状況において血を守るという理由から母と息子が性交渉を行い子を作るということも実際にあったと聞きます。

もちろん大昔の時代の近親相姦のケースも様々だったでしょうが、血を重視するがゆえの近親姦が多かったことを鑑みると、現代の何かの歪として発生する「近親相姦」とは区別するべきでしょうね。


ちなみに近親相姦と言っても、父子間、母子間、兄妹間、姉弟間、など様々です。近親相姦で問題なのは、家庭内強者による性的虐待が起こっていることですね。とてもプライベートなことなので他人にも相談しにくいということも実態が掴みにくい原因となっております。

親子間で起こる場合は、強要される家庭内弱者にとって非常に苦痛なものが多いのですが、兄弟姉妹では双方の同意があって行為に至る場合が多いと聞きます。まさに、悠とソラの関係がそうですね。


ただ不思議なのは、悠は友人との関係も良好で、さらに恋人がいるにも関わらずなぜ妹に惹かれてしまうのかということ。社会との関わりが希薄で、孤立感を深める環境においてあまりにも距離が近すぎる近親間において発生するという場合であれば納得出来るのですよ。

確かにソラの方は、友人も少なく学校の中でもどこ浮いている感はあります。それゆえに兄を強く求めすぎるという傾向はあるでしょう。ただ兄の悠の場合には現状、近親相姦に溺れてしまうだけの、内向きな思考に至る理由があまりない気がするのです。

あまりにも蠱惑的な妹を前にして、精神薄弱ゆえに例え実の妹だと分かっていてもその肉体に溺れてしまう、愚かな兄・・・悠にはそんな情けなくだらしない男という印象しかないですな。

それこそ彼の中にある何らかの思い出と結びついた強い衝動というものが、もっと掘り起こされればもう少し納得出来るかな。それが明確になることを期待しております。

何にせよ、近親相姦というタブーを扱った以上、それが起こりうる環境要因、そしてそれが他人に知られた時に何が発生し、そのような状況の中で悠とソラの兄妹の行く末に何が待っているのか? ここを真っ当に描いてくれるものと楽しみにしておりますよ~。

<放浪息子の主題歌が決定したよ~!!・・・「ピッコロのらじお♪」は12月15日(水) 夜11時より放送予定>

12月15日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「STAR DRIVER 輝きのタクト」、「とある魔術の禁書目録II」、「バクマン」などのアニメについてジックリ語り合いますよ。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

とある魔術の禁書目録II、咎狗の血、STAR DRIVER 輝きのタクト、そらのおとしもの f(フォルテ)、スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター、バクマン。、テガミバチ REVERSE、薄桜鬼 碧血録、心霊探偵 八雲、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、百花繚乱 サムライガールズ、荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ、ヨスガノソラ、おとめ妖怪ざくろ、侵略!イカ娘、もっと To LOVEる -とらぶる-、神のみぞ知るセカイ、探偵オペラ ミルキィホームズ、それでも町は廻っている、海月姫、FORTUNE ARTERIAL 赤い約束、えむえむっ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1196-34dfc490
http://oozoraxx.blog134.fc2.com/tb.php/285-21302c0f
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/50296019
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1476-7ea686e9
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/andewa/51803164
http://www.animenote.jp/trackback/663
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/5f6a27df45
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/51781992
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/tb.php/3090-9c6fe003
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/1610-48842222
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_cherry398/51553459
http://blog.seesaa.jp/tb/173354157
http://sumi4460.blog63.fc2.com/tb.php/2620-3db1fd23
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/731-976e2315
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ttyuasa/3148203
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1621-71ceddce

0 Comments

Post a comment