一週間のアニメまとめ感想・水曜日版 探偵オペラ ミルキィホームズ 第11話 、海月姫 第9話、バクマン。 第12話

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 (第1巻スペシャルプライス) [Blu-ray]
探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 (第1巻スペシャルプライス) [Blu-ray]
クチコミを見る




さて、遅くなりましたが今回も一週間のアニメまとめ感想です。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



☆探偵オペラ ミルキィホームズ 第11話 「恐怖のグランドヨコハマ峡谷」

能力を失い、試験も散々、ついにはアンリエッタに見捨てられ学園を追い出されたミルキィホームズ達。学園を離れてからはアルバイトなどをして生計を立てようとしていたみたいですが、これもうまくいかないあたりこの子達のダメさ加減も相当なものであります。

もはや人間失格の烙印を押された彼女達ですが、探偵としての正義心というものはまだ腐ってなかったようで、アンリエッタのピンチにいよいよ立ち上がったのでした・・・。これ、どこまでも追い詰めないとその真価を発揮しないというアンリエッタの目論見通り。

アンリエッタにしてみたら能力の復活と同時に火事場の馬鹿力でさらに上乗せされているこの状況は想像以上の成果であったと歓喜しているところでありましょうな。

対等のライバルがいてこそ燃えるという誇り高き女怪盗の男気に、ミルキィホームズ達も応えないとね。次回はようやく、ミルキィホームズ達の本気が見られるかな。


☆海月姫 -くらげひめ- 第9話 「真夜中のチェリーボーイ」

これは月海が可哀想過ぎて見てられなかったな。確かに修への想いは片思いだから、一人で舞い上がってそして傷ついているだけなのだけど、月海のどこまでもピュアな想いにいたく感銘を受けた。

彼女の大きな心の揺らぎを夢の中の海月との遊泳や、母の思い出を挿入してうまく演出しているところも良かった。本当に月海というヒロインに感情移入させるのがうまいと思います。

後は、天水館こと、月海、修、蔵之介のこの三角関係の行方・・・これらとっちらかった問題をどううまく収束させていくのでしょうか。残り話数も少ないだけに脚本の腕が問われるところですな。


☆バクマン。 第12話 「御馳走と卒業」

ジャックnextの連載も決まって、さらに卒業式・・・何だか時の移り変わりがあっという間でございました。しかし、最高と小豆の関係は進展しないまま・・・。

最初の約束を守り続けたいという純粋な想いは大したものだけど、この子達こんなので本当に大丈夫かしら? 高校生になったら環境もがらりと変わるわけだし、当人達にも否が応にも変化を求められるものなのに・・・。

とは言っても、刹那的な感情に流されず互いの夢の成功を祈って、互いに進んでいこうとする姿は本当に美しいと思うのですよ。さあ!最高と秋人にはここから頑張ってもらおうかな。

<アニメについて語り合いたい人はここに集まれ!!・・・「ピッコロのらじお♪」は12月22日(水) 夜11時より放送予定>

12月22日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「STAR DRIVER 輝きのタクト」、「とある魔術の禁書目録II」、「バクマン」などのアニメについてジックリ語り合いますよ。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

とある魔術の禁書目録II、咎狗の血、STAR DRIVER 輝きのタクト、そらのおとしもの f(フォルテ)、スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター、バクマン。、テガミバチ REVERSE、薄桜鬼 碧血録、心霊探偵 八雲、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、百花繚乱 サムライガールズ、荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ、ヨスガノソラ、おとめ妖怪ざくろ、侵略!イカ娘、もっと To LOVEる -とらぶる-、神のみぞ知るセカイ、探偵オペラ ミルキィホームズ、それでも町は廻っている、海月姫、FORTUNE ARTERIAL 赤い約束、えむえむっ等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment