2011年冬季(1月)放送開始の新作アニメを紹介!! PART2 GOSICK、フリージング、これはゾンビですか?、ドラゴンクライシス!

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
クチコミを見る




というわけで、冬季新作アニメ紹介PART2です。GOSICK、フリージング、これはゾンビですか?、ドラゴンクライシス!を紹介していきます。



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



☆GOSICK

アニメーション制作・ボンズ。監督・難波日登志。出演声優・悠木碧、江口拓也。

原作は、桜庭一樹のミステリー小説。第一次世界大戦後のヨーロッパが舞台ということで、また独特な世界観でございます。

日本からの留学生・久城一弥と天才的な頭脳を持つ同級生の少女・ヴィクトリカが主人公の物語で、二人は様々な事件に遭遇してそれを解決していくようですね。

ヴィクトリカを最初見た時、真紅かと思ってしまった(苦笑)。安楽椅子探偵ヴィクトリカがいかに冴えをみせ事件を解決してくれるのか?探偵ものをあまり見ない私ですが、楽しみな一作であります。


☆フリージング


アニメーション制作・A・C・G・T。監督・渡部高志。出演声優・能登麻美子、花澤香菜。

クイーンズブレイドみたくもっとエロエロなのかと思いきや、PVを見る限りかなりシリアスにバトルしていたので少し驚きました。もちろん、この枠なのでエロは当然あるでしょうが・・・。

相変わらず女の子が一杯登場します。いわゆる能力バトルものでしょうか。最近はこの手の作品は食傷気味なのですが、キャラデザが個人的に好みなので視聴する予定でございます。

もちろんおっぱにも期待だぜ~!!


☆これはゾンビですか?

アニメーション制作・スタジオディーン。監督:金﨑貴臣。出演声優・間島淳司、野水伊織。

なんだか妙なタイトルですが、原作は木村心一のライトノベル。何でも主人公がある少女と出会ったことで殺人事件に巻き込まれゾンビとしてよみがえるのだそうで・・・つまり主人公がゾンビというわけですな。

しかし設定を見ているとゾンビというよりも、吸血鬼に近い気がしますね。まあ最近だと屍鬼のような存在だと想像して頂くといいかもしれません。ちなみに舞台は異世界でございます。

魔法なども存在しているようで、フアンタジーものとして楽しむのがいいでしょう。個人的に見た目が凄くタイプの女の子が一人出ているのでそれを目当てに見るです、はい。


☆ドラゴンクライシス!

アニメーション制作・スタジオディーン。監督・橘秀樹。出演声優・釘宮理恵、下野 紘。

正直あまりチェックしていなかった作品ですが、なぜか周囲で推す人が多いので、気になっております。普通の男子高校生が、ドラゴンの少女と出会ったことで物語が動き出すようです。

ヒロインがレッドドラゴンという設定が面白いですな。形式的には、ハーレムコメディといったところでしょうか。女の子が色々と登場してもちまくる主人公に、嫉妬するヒロインという図・・・ただし彼女はドラゴンなので、主人公は無事でいられるのだろうか?

ローズが天使のように可愛く、しかも釘宮ボイスということで、これはアニメファンの人気を集めそうな予感。

0 Comments

Post a comment