(アニメ感想) タクティカルロア 第9話 「バタフライ・ラッシュ」




モノクローム [CD+DVD]/中原麻衣




「バタフライ・ラッシュ」エロリスト姉妹に続いて新たな変態君の登場です。東南群島治安維持派遣壮行会にチャイナ服姿のウェイトレスとして現れた彼女。実は男でした。声からしておかしいとは思っていたのですがヒップのアップに少しでもハアハアした自分が情けないです(苦笑)。それでは、感想です・・・。洋衛軍と民間警備会社の合同による治安出動、これは東アジアの制海権を確固たるものとするためにその障害となる海賊の撲滅が目的の戦い。しかしそれは名目上のことで、その実は環太平洋連合がこの軍事運動を機にアジア地域による権力の確立を狙うと言うもの。そしてパスカルメイジも後方支援艦隊としてこの作戦に参加します。しかし、作戦を前にため息ばかりをつく七波。タアロア島の一件以来、漂介との仲はギクシャク。お互いに何となく距離を置くようになっていたためです。そして、そんな彼女をを気遣うターニャは・・・。

いやあ、翼ちゃんご機嫌ですねでも何あの歌?(笑)そして櫻タンもご機嫌ですでも何あの歌?(笑)。やっぱりここのクルー達は作戦を前に緊張感がないですね。女ばかりの護衛艦だとこうなるのでしょうか?ところで、やはりと言うか七波と漂介が実の姉弟でないことが判明!!これで何の気兼ねもなく恋愛に踏み切れますね(笑)。しかし、こうなると七波は翼にとって大きなライバルとなりますよ。と言うか翼は漂介と七波の恋を燃え上がらせるためのちょっとした障害に過ぎないことがもう決まったような・・・。気の毒ですけどどう考えても翼にとっては悲劇的な結末しかないでしようね。どうせこの先こんなセリフが用意されていることでしょう「ううん、いいの僕は君が幸せだったら・・・」。

と言うわけでこのアニメもこれで9話消化したわけです。クライマックスだと言うのにほとんど戦闘がないですね。次回以降は漂介と七波、そしてリディルにも動きがあるみたいですが来週もあまり進展はなさそうですね。おまけにエロスリト姉妹も最近はさっぱり姿を現しませんね。いやあ、ここからどう盛り上げてくれのでしょうか?それにしても、まだ付き合ってもいないのに自分の苗字を漂介の苗字と置き換えて「凪宮翼」って・・・もう結婚した気ですか?この恐ろしいほど空回りぶり・・・「オレンジロード」の三角関係を思い出しますわ。はっきりしない漂介にムカムカしますな。翼、せっかく男性恐怖症を克服したのに不憫な子だ・・・。

tac06030700

0 Comments

Post a comment