★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?10(9月終了作品)」最終集計結果発表! PART5 あにゃまる探偵 キルミンずぅ、みつどもえ、RAINBOW、世紀末オカルト学院、けいおん!!

今期終了アニメを評価してみないかい?10(9月終了作品)」の最終集計結果の記事PART5です。



今回評価を掲載する作品は、あにゃまる探偵 キルミンずぅ、みつどもえ、RAINBOW 二舎六房の七人、世紀末オカルト学院、けいおん!!です。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51665766.html

(夢色パティシエール、家庭教師ヒットマンREBORN!、バトルスピリッツ少年撃覇ダン、ポケットモンスターダイヤモンド&パール、MAJOR 第6シリーズ)



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51665799.html

(裏切りは僕の名前を知っている、セキレイ~Pure Engagement~、HEROMAN、オオカミさんと七人の仲間たち)



PART3の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51666083.html

(祝福のカンパネラ、生徒会役員共、学園黙示録、黒執事2)



PART4の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51666305.html

(会長はメイド様!、GIANT KILLING、あそびにいくヨ!、ストライクウィッチーズ2)



★「今期終了アニメ(9月終了作品)を評価してみないかい?10」



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



☆あにゃまる探偵 キルミンずぅ

まず最初に紹介するのは「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」。アニメーション制作はサテライト、ハルフィルムメーカー、JM ANIMATION。キャストは、悠木碧、佐藤聡美などが出演。

WS000000


このレビューに参加して頂いた方の人数は16人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.53 キャラクター 4.4 画 4.13 演出 3.4 音楽 3.8  総合的な評価 3.8 総合点 23.07となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆ライトノベルシアター様
http://fujisan.moe-nifty.com/blog/


着ぐるみモードが可愛かったぞー\(^o^)/
「マクロスシリーズ」の河森正治さん原案の魔法少女アニメ。
3段階に変形します♪(≧∇≦)
自分は動物好きなので、かなり期待してました。
終盤の展開が急で、謎を回収しきれていませんでしたね。
キャラが可愛くて、世界観が面白かっただけに惜しいな~

・ケモノ耳アニメが多かったですね。自分的には、どストライク!
どれも終わっちゃって残念です。_| ̄|○



☆のらりんクロッキー様
http://blog.goo.ne.jp/cuzmachupichu


おのののの(笑)
まずはなんといってもタイ語のOPとEDが衝撃的でしたね。
絵もお話も可愛くて、ラブリー面ではいうことなし。ストーリー展開については賛否両論ありましたね。総集編はやらなくてもよかったのでは。
キルミンを通してリコたちが動物や自然の大切さを学んでいくのは非常によかったと思います。
ヌグミン設定は大きいお友だちを意識してのことでしょうが、忘れられていったと(^_^;)
声優陣ではリムたん役のしゅがりんがすごく可愛かったですね(^-^)
HPで着ぐるみ着た碧ちゃんとしゅがりんも激カワ♪



☆ソウロニールの別荘様
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/


アニマリアンたちが起こす騒動がコミカルに可愛らしく描かれ、気軽に笑って見ることのできる作品。恋愛こそ控えめでしたが、努力・友情といった子ども向けアニメお約束のテーマはしっかり盛り込まれていて、安心して楽しめる作りでした。動物や自然についていろいろ考えさせられたり気付かされたりするエピソードも。

ただ4クールゆっくりしていたわりには終盤の展開がかなり慌ただしく、尺の配分に疑問を持ったりもしました。

また人とアニマリアンの対立と融和というテーマも、個人的にはもっと前面に出して分かりやすく語ってくれた方が好きだったりします。結局最後は嫉妬に狂ったマッドサイエンティストを成敗する話になってしまいましたからね。




☆みつどもえ

まず最初に紹介するのは「みつどもえ」。原作は、桜井のりおの漫画作品。アニメーション制作はブリッジ。キャストは、高垣彩陽、明坂聡美などが出演。

WS000001
WS000002


このレビューに参加して頂いた方の人数は86人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.34 キャラクター 4.3 画 3.66 演出 3.82 音楽 3.48  総合的な評価 3.77 総合点 22.37となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆カザミドリ♪様
http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/


2話目ぐらいまではネタが不快だったのですが、3話目あたりからの勘違いネタがハマりだしてからは非常に楽しく視聴出来ましたw
またかよっ!wって感じで展開はワンパターンなんですが飽きずに安心して楽しめましたw
キャラクターはどの子も思い込みが激しく、楽しい子たちで(ある意味異常w)誰がメインになっても面白かった
一番異常だったのは大人な杉崎ママだったと思いますがw
お気に入りキャラはひとはかな。ハルカスのひとはがツボでしたねぇ、不気味でしたが可愛かったw
大人組が出しゃばらなかったのは良かった、某幼稚園みたいに大人がストレスになる展開はなかったのは良かったです。
2期が決定してるみたいなのでそっちも楽しみです!



☆水の音、無形の雫様
http://peace505.blog85.fc2.com/


下品さの演出に失敗していた感が強い作品でした。
一体なぜこんなに面白くなかったのか自分でもよく分からないぐらい決定的に何かが間違っていた感じがします。
演出なのかそれとも脚本なのか。

もっとも、パンツ描写、及びおしっこ描写(作中では“おしっこ”ではなく飽くまで“尿”)に関しては一定の評価をしてもいいかもしれません。
パンツにしろおしっこにしろ「はいているパンツ(≒パンチラ)」や「お漏らし」ではなく、脱いだあと(あるいは穿く前)の状態、あるいは出したあとのおしっこ(検尿)、即ち「物質そのものであれば恥ずかしくない」というスタイルが選択されました。
このこと自体は近年では特に珍しくはありませんが、それに加えて「外部の人間に柄などを語らせる」という手法も採り入れられていたことは特筆しておいてよいかもしれません。

まあ、何れにせよ期待していたほどのものは出て来なかったというのが率直な感想であります。



☆せーにんの冒険記様
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/


終始勘違いネタばかりでしたが、どれもこれも面白かった。
キャラクターも変人ばかり。何気に高評価
なにはともあれみっちゃんマジ天使!




☆RAINBOW 二舎六房の七人

まず最初に紹介するのは「RAINBOW 二舎六房の七人」。原作は柿崎正澄の漫画作品。アニメーション制作はマッドハウス。キャストは、小山力也、小栗旬などが出演。

WS000003


このレビューに参加して頂いた方の人数は21人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.95 キャラクター 4.29 画 3.14 演出 3.9 音楽 3.52  総合的な評価 3.9 総合点 23.62となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆ミナモノカガミ様
http://lessiy.jugem.jp/


最初にとにかく設定や描写が重く陰鬱な空気を漂わせる作品でしたが
 過酷な境遇の中で必死に生き助け合う仲間の熱い友情に心打たれました。
 厳しい表現もよく誤魔化さずにちゃんと描いてくれていたと思います。
 主演の小栗旬さんも違和感ない演技してくれて予想外に嬉しかったですv



☆かる日記様
http://karu.blog.so-net.ne.jp/



安部譲二の自叙伝と言われる、昭和30年代の物語。
1クール目は少年院、2クール目は脱獄後の話。

少年院では悲惨な境遇ばかりながら、この時代こういうこともあったんだろうなと思いながら、
いつか彼らが幸せに出所できることを願うばかりでした。
脱獄という形だったものの、2クール目はようやく塀の外での生活に。
しかし貧しい時代ということもあり、
毎回のように不運に巻き込まれていく様は何ともやりきれない。

それでも夢と希望を持って仲間の力でくぐり抜けていく姿に、
今の時代では希薄になった友情や他人を思う気持ちを
伝えたいという主旨がビシビシと伝わってくる。
見る人を選ぶ内容だけれど、毎回何かが起こるため飽きずに見られました。



☆Free Time.様
http://freetime10.blog95.fc2.com/


原作の1~2部にあたる話をアニメ化。
しかし、1クール目(第1部)で終わっていたほうが、完成度は高かったかなぁ。
アンチャンとの約束・・・マリオ達のその後が展開されていくけども、蛇足感もするというか。
悪くはないんだけど、やっぱり1クール目と比べると見劣りするところがある。

1部だけで見たら、「ストーリー」と「演出」は+1したいかなぁ。

まぁそれだけ第1部の悪役として、石原と佐々木のインパクトが凄いこと。
何よりもアンチャン(桜木六郎太)のカリスマ性といいますか、人間の大きさといいますか。

アンチャンは死して尚、“かっこよさ”が色褪せることはなかったですけども。
むしろ死後も皆の心の中でかっこよさに磨きをかけるところが、凄い。




☆世紀末オカルト学院

まず最初に紹介するのは「世紀末オカルト学院」。アニメのチカラ枠のオリジナルアニメ作品。アニメーション制作はA-1 Pictures。キャストは、日笠陽子、水島大宙などが出演。

WS000004
WS000005
WS000006


このレビューに参加して頂いた方の人数は119人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.95 キャラクター 3.99 画 3.8 演出 3.98 音楽 3.66  総合的な評価 4.00 総合点 23.38となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆蒼碧白闇様
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/


アニメノチカラ第3弾にしてついにチカラを見せてくれた。でもそこで終了。残念。
アニメノチカラを抜きにしても作品自体は大変面白かった。



☆FF11とアニメな日々様
http://glayxxx.blog105.fc2.com/


ストーリー
基本的にオカルトネタでまとめた作品としては、よく出来ていたと思います。いろいろな意味で期待を裏切っていたのではないでしょうかw

キャラクター性
良くもあり、平凡でもありって感じでした。主人公をもうちょっと主人公補正すればもっとイケてたんじゃないだろうか?ドジモードはもっとはっちゃけてもいいと思います。

総合
アニメオリジナル作品としてキチンとしたシナリオで2クール化のほうが良かったのではないかと思います。面白い作品だと思うのですがパロディ作品が前面に出ていたのがちょっと残念ではありますね。



☆ひそかにささやかにアニメを応援している日記様
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/


アニメのチカラは3作品とも感想を完走出来ました。点数も29、28、29とどの作品も高得点です。このオカ学は話を作る、というか話をつなげるのが大変だったんじゃないかと勝手に思っています。苦労したのでは?(全然違うかもですが)。全体的にサービス精神にあふれ最後までとても楽しませてもらいました。名(迷)シーンの宝庫じゃないかと思います。テロップとのユニゾン「ぬるいな!」とかガハクのポエムとか色々とインパクトがありましたね~。



☆けいおん!!

まず最初に紹介するのは「けいおん!!」。原作はかきふらいによる日本の4コマ漫画作品。アニメーション制作は京都アニメーション。キャストは、豊崎愛生、日笠陽子などが出演。

WS000007
WS000008
WS000009
WS000010


このレビューに参加して頂いた方の人数は154人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.78 キャラクター 4.63 画 4.55 演出 4.31 音楽 4.31  総合的な評価 4.38 総合点 26.05となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆AILE's SILENT AREA様
http://ailestrike2.blog45.fc2.com/


初めてリアルタイムで全話見て、当日に感想記事を書いていた作品になりました。今回は1年間を2クールでしっかり描いてくれたので、1期よりもっと色んな要素を楽しむことが出来たかな。また「卒業」というテーマを一貫して描いてくれた事でストーリーの流れもちゃんと見ることが出来たかと思います。で、1期が29点だったのでこれは満点を付けるしかあるまい、と。とにかく全ての要素が好きだったので、減点するところが見当たらないのです。ちなみに個人的に好きだった話TOP3は、20話、12話、23話の順。


☆ぐ~たらにっき様
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/


ストーリーなどは、
2期ということを考えたら、
とても良かったと思う。
和みました。
音楽は1期に比べるとさすがにインパクトに欠けたかな。
という感じです。
映画化はビックリしましたが、どうなんでしょうね^^;



☆あふろんの日々行き当たりばったり様
http://blogs.yahoo.co.jp/rasselia


最初のアニメはもちろんコレ!終了アニメの中でもトップクラスの人気を誇る言わずと知れた4コマ漫画原作の第2期作品。2期目だし1期とちがって2クールだしということで、基本原作準拠でありながらもオリジナル部分が多く、むしろ原作に登場しないキャラ達との絡みも楽しかったです。長丁場でありながらも作画は終始安定していて安心な作り♪1期の純正続編なんで卒業に向かっていく先輩後輩の視点での魅せ方は流石というより他はなかったです。しかしその一方メインキャラの(特に唯w)変な行動やセリフも増え、萌えどころか嫌悪すら覚えてしまうようなこともあったり、1期に輪をかけて部活での演奏シーンがほとんどなかったりと演出面ではちょいと微妙。
 終わってしまって寂しいと思った直後、映画化決定の告知に「けいおん!」はまだまだ終わらないって感じですが、楽しく観させてもらえた作品でした。



各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表に続く・・・

0 Comments

Post a comment