(アニメ感想) 舞-乙HiME 第21話 「白き姫、目覚めるとき」




アニメ「舞-乙HiME」オリジナルサウンドトラック Vol.2 乙女の祈り/アニメサントラ




アレはどう見てもミコトですね。まあ、結構早い段階で怪しいと言われていたことですけどね。そして、ニナの秘密もこれから徐々に明かされることになるでしょう。また、今回はとても重要なシーンがあります。それはアリカとマシロにとってです。感動的な場面であったので是非注目して見て欲しいですね。それでは、感想です・・・。アズワドの村での生活にすっかりなじんでいるアリカとマシロ。村の人々から慕われ、逞しく生きるミドリに憧れの眼差しを向けるマシロ。そんな時、ミドリはマシロとアリカにカルディアへ攻撃を仕掛けるために力を貸して欲しいと持ちかけます。「血には血を刃には刃を」そう話すミドリに反発心を露にするアリカ。そこへ、ヴィントブルームの難民が押し寄せてきたとの通達が・・・。

難民の姿を目の当たりにしたミドリは即刻排除の命令を部下に下します。アリカは助けてあげて欲しいと懇願しますが「村に近づくものには死を」そう言い放つミドリの意志は変わりません。と、そこへ地響きと共に以前アリカ達を襲ったモンスターが突如出現します。迷いを見せるマシロに必死に呼びかけるアリカ。そして、モンスターが一人の少女に襲いかかります!しかしマシロはその少女に見覚えがありました。そう、難民との移動の途中、水を分けてくれた少女、そしてアオイが崖から身を投げるのを憎しみの眼差しと言葉を向けたのも彼女でした。少女がモンスターの攻撃で跳ね上げられた瞬間マシロは決意します。「アリカ~!!」マシロの合図で飛び出すアリカ。そして、マシロの契約のキスを受けたアリカはオトメに変身!モンスターに戦いを挑むのでした・・・。

うーむ!なんと燃える展開なのでしょう。これまでの伏線も生きていますよね。ストーリーの盛り上げ方が本当にうまいと思える演出でした。しかし、民を守るためには非情なれと言うミドリですが心のどこかではアリカのキレイ事も気になっている様子です。傷ついたミミの元に行こうとするマシロに行かせてやれと指示するミドリは話しの分からない人間でもなさそうですね。

さて、先週の次回予告でチラっと映っていたシーンですがシズルが赤子のおもちゃを持っているシーンですね。ええ、大体分かりましたきっとそういうプレイだったのでしょう。まあ、これはトモエの要望なのでしょうが・・・。ナツキを救うために幼児プレイも甘んじて受けるシズルお姉さまステキですね(笑)。いや、ホントにシズルはいいですわ。前作はどっちかと言うは好きではなかったのですけどね今作はどのキャラもいい味出してますね。

「怪我人の治療をしてやるだけでも破格のことだ・・・」ミドリのその言葉にも必死で食い下がろうとしないマシロ。何としても難民を助けて欲しいそう訴えます。「背負うことが出来るのか?これだけの命を・・・」ミドリのその問いかけに口をつぐむマシロ。「マシロちゃん!!」その時アリカの叫ぶ声が!駆け寄ってみるとうつろな瞳で寝かされているミミの姿が・・・。

「私死ぬの?」ミミの力ない言葉に「死ぬわけない!」と必死に否定するマシロ。しかし、激しく傷ついた彼女はマシロとアリカの呼びかけもむなしくそのまま息を引き取ります・・・。「わらわは今ここに誓おう!この命をかけてそなたたちを守る。」溢れる涙をぬぐいながらも難民の前で必死に訴えるマシロ。そして、ミドリの前で土下座をして難民達の保護を懇願します。彼女の言動の全てを聞いたミドリは静かに問いかけます「それはヴィントブルームの王としての願いか?」と。それに頷くマシロ。そして国を取り戻した暁にはミドリ達の欲するガルデローベの技術を渡すことを約束しミドリを説得します。「ならば信じよう!」熱き握手を交わすマシロとミドリ。ミドリがマシロを一国の女王として認めた瞬間でした。そして・・・。

最近は涙腺がゆるいんですよ。「びんちょうタン」見て何度泣いた事か・・・。そんな私ですから、ミミが事切れるシーンそしてマシロの女王としての決意それを表明する場面ではオロオロと涙を流して感動してしまいました。マシロは本当に成長しましたね。女王として自分が何を為すべきかその自覚に目覚めた彼女はとても頼もしく思えました。もう間違えない、そんな安心感を持って彼女を見ることが出来ます。そして、そんなマシロの想いに答え彼女を守る事を誓ったアリカ。今までのようにその場の成り行きではなく心からこの人を守りたいそんな強い愛と意志を彼女からは感じました。そういう意味では今回はとても重要な回でしたね。見ているものを引きつけ、グッとマシロとアリカに感情移入させる演出は見事だったと思います。ここから、ラストまで最高に盛り上がることでしょう。これからの彼女達の活躍に期待しようではありませんか!

mai06030700

0 Comments

Post a comment