(アニメ感想) 放浪息子 第2話 「きらい きらい 大嫌い ~Cry baby cry~」

放浪息子(2) (BEAM COMIX)
放浪息子(2) (BEAM COMIX)
クチコミを見る




中学校での新しい生活が始まったものの、よしのとさおりは、修一のことが原因で小学校の頃に仲違いをして以来、ずっと気まずい関係が続いていた。同じ頃、部活動への仮入部期間がスタートし、よしのと千鶴はバスケ部、さおりと佐々はバレー部に入部することに。二人の間に入り、板ばさみになることの多い佐々も、悩みが尽きない。そんな中さおりは、挨拶を無視したという理由で上級生に目をつけられてしまう。



●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想も受け付けています。気軽に参加して下さい。(コテハン禁止等ルールがありますので禁止条項は必ず目を通してください)



☆アニメについて語り合うスレ(アニメ全般)





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



前回の感想にも書きましたが、原作では「性同一障害」という言葉は一切使ってないそうです

修一君やよしのさんが果たしてそうなのか?という検証はあまり意味もないでしょうし、ある種の「先入観」をもって見られるを原作者が嫌ったということの意図は、今回二話を見てなんとなく分かったような気がします。


それについて触れる前に、まずこの作品は登場人物が多く、その相関関係も非常に複雑ではありますね。

どうやら原作ファンの話しによると、小学生編を飛ばしたらしいのですが、その辺りの相関図は小学校編である程度は提示されているものなのでしょう。だからそこが抜けているため、分かり難くても仕方がないのです。

またこの作品はどちらかと言うと俯瞰した視点で、それぞれのキャラクター、個々のドラマを描写しています

まるで、ドラマのハイライトや映画のPVを見ているかのようで、これはあまりアニメでは見かけない手法かもしれません。

そのバラバラのパーツをどう取り扱うかは作り手の腕の見せどころではありますね。

個々の状況や心情について把握する作業はこちら側の想像力をかきたてられ、私は好きです。しかしながら、昨今のアニメのテイストに慣れてしまっているアニメファンには少々とっつきの悪いところはあるかもしれません。


さて、最初の話しに戻りますが、修一やよしのは「性同一障害なのか?」について。これは原作者のおっしゃる通りにそう決めつけて見ないほうがいいと思います。

つまり、修一に限らず、その周囲の同年代の少年少女は思春期のとても不安定な状態にあるわけですね

体も心も大人に近づきつつある・・・それはある日突然大人になるわけではなく、やはり様々な経験や成長を経て少しずつ大人になっていくのでしょう。

まだ何も確定していない彼らが、様々な急激な変化の中で戸惑いを困惑を覚えるのは当然で、例えば今回も作中で有賀君が「僕って男の人が好きなのかな?」と吐露していたように、そのような性的混乱はこの時期ではよくあることなのです。

修一にしても、前回精通を迎えたという描写があり、自身が少しずつ男らしい体になっていくことに戸惑いを覚え、そんな中でより一層女装への憧れを募らせているということなのかもしれません

まあ、何も確定していないのだから、我々視聴者も何の先入観を持つ必要がない・・・そういうことなのでしょうね。


思春期の少年少女達それぞれのの抱える苦しみ・・・それを包み隠さず描写する潔さ。

それはまるでこの美しい世界観にさらなる色彩を加えるといったリアルティの付与・・・登場人物の息遣いさえ聞こえてきそうなほどだ

これはノイタミナでやる価値のある作品でありますね。今後にも期待できそうです。

<「バカとテストと召喚獣」第2期 今夏放送決定!・・・「ピッコロのらじお♪」は1月28日(金) 夜11時より放送予定>

1月28日(金)夜11時から放送を予定の「ピッコロのらじお♪」は、まどか☆マギカ、フラクタルや放浪息子などの新作アニメを中心に語っていきますよ~。今回は雑談話しを中心に展開していく予定。何か話して欲しいテーマがありましたら、メールかコメントまで。

当日は掲示板も設置!初めての方も大歓迎なので、気軽に参加してくださいね~!なお、ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://kyoran73.blog130.fc2.com/tb.php/836-06bd2fc3
http://suwa2321.blog48.fc2.com/tb.php/429-18520140
http://musubi00.blog111.fc2.com/tb.php/16-c8445635
http://yaplog.jp/okacchi0120/tb_ping/2011
http://summerlovelygarden.blog65.fc2.com/tb.php/1235-d0d61af3

0 Comments

Post a comment