(アニメ感想) フラクタル 第4話 「出発」

フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付
フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付
クチコミを見る




●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想も受け付けています。気軽に参加して下さい。(コテハン禁止等ルールがありますので禁止条項は必ず目を通してください)



☆フラクタルについて語り合う掲示板



星祭り会場に突然現れたフリュネ。スンダは襲撃を諦め、「世界の鍵」・フリュネを僧院側から誘拐する。それにより僧院から指名手配されてしまったグラニッツ一家は、フリュネを連れて村から離れる決断をする。

フリュネとの再会を喜ぶクレイン。もともとはフリュネの物だとネッサを返そうとするがフリュネはそれを拒絶してしまう。自分は嫌われているから……と。

そんなクレインに腹を立てるネッサ。フリュネの事が気になるクレインはネッサよりもフリュネを優先してしまって……。




banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



どうもグラニッツの村の人間側の描写が分かりにくい。彼らは言わば世捨て人であり世間からは見放された人ではあるのだが、政府や人々から迫害を受けている様子もなかった。

実際、僧院も彼らの生活は黙認していたらしいから、ロストミレニアムはロストミレニアムで生きていけばいいだけのことなのではないのかな? 生活に困窮しているようにも見えなかったし。そもそも強引な手法でもって人々からフラクタルシステムを切り離す権利なんて彼らにはないはずなのですよ。

何か差し迫った問題でもあるのなら別ですがね・・・。彼らが所詮テロリストであるから、先ほどまで笑っていた人間が次の瞬間には銃を持って躊躇なく他者を殺すメンタルティに仮にリアルティがあるとしても、やはり私には違和感があったかな。

結局、私が持ったこの違和感はこの作品の主人公であるクレインと共有しているものではあります。僧院もロストミレニアムもどこか変で、同じように違和感を覚えドロップアウトしようとしているフリュネにクレインが肩入れしてしまったのは自然な流れと言えるかな。

しかし今回の最後でまたスンダに拾われたのですよね。今のクレインは彼らと行動を共にしないほうがいいんじゃないかな? どのクレインやネッサ以外のキャラクターは誰もどうも信用できない。

そうか、ネッサがスンダやフリュネを嫌いと話していたのは、まさに我々が彼ら(彼女ら)に対して持つ印象に同調していたのかもしれないな。つくづくネッサのこの作品における立ち位置は特別なものなのだと感じた今回でありました。

<俺の妹がこんなに可愛いわけがないのTRUE ROUTEが近々配信!・・・「ピッコロのらじお♪」は2月09日(水) 夜11時より放送予定>

2月09日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、まどか☆マギカ、フラクタル、放浪息子、レベルEなどの新作アニメに加えて、輝きのタクト、禁書目録などのアニメについても語っていきます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

Rio、君に届け、魔法少女まどか★マギカ、IS、GOSICK、フリージング、これはゾンビですか?、ドラゴンクライシス!、放浪息子、フラクタル、レベルE、夢喰いメリー、みつどもえ、お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!、とある魔術の禁書目録II、STAR DRIVER 輝きのタクト等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん、ゴーンさん、ゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/trackback/88993/28003151
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/50772072
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/anigishi2/65435215

0 Comments

Post a comment