(アニメ感想) これはゾンビですか? 第6話 「そう、私は死を呼ぶもの」

[初回特典:Amazon.co.jp限定絵柄携帯デコシール付] これはゾンビですか?第1巻 [Blu-ray]
[初回特典:Amazon.co.jp限定絵柄携帯デコシール付] これはゾンビですか?第1巻 [Blu-ray]
クチコミを見る




ユーと京子の対決・・・。何とも壮絶な戦いが繰り広げられて・・・





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



さっぱり分からん・・・なぜユークリウッドが魔装少女なのか? ネクロマンサーでも魔装少女になれるのか? そもそも魔装少女とは何なのか?・・・ちょっと困惑してしまいました。

しかしユークリウッドとユーの戦いは壮絶という一言では済まされないような何かがございました。自身の腕の肉がはがれボロボロになっても魔法を使用し続け、そして言葉に強い力が込められているというユーの「死んで」という一言によって、血反吐を吐きながらも何度も蘇る京子の姿には慄然としてまったのです。

そこまでして京子が執着するものとは、やはり圧倒的な力への憧れなのでしょうね。強い魔法を行使する魔装少女の中には、戦いの過程においてそのような力への渇望にとりつかれるものがいる・・・。

ニーチェの「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ」という有名な言葉がありますが、まさにそれでありますな。そう考えると、京子のように魔装少女が暴走しないよう監視するシステムがないのは問題かもしれませんね。

魔装少女の中には、ネクロマンサーもいるし、歩のような人間の男性もいる・・・ちょっと幅が広すぎて、魔装少女とはなんぞや?という定義が曖昧なのは気になるところです。


さて、最後に黒幕っぽい存在が降臨。京子の体を借りての降臨だったので何者など具体的なことは分からなかったのですが、おそらく京子をそそのかした張本人なのでしょう。この辺りは予想通りといったところかな。

それにしても作品内設定で曖昧な部分が多いのが、ここにきて色々なところに影響を及ぼしている気がします。それはもちろんマイナス面でということなのですけど・・・。

そのせいでキャクラターの行動原理さえ分かりづらくなっているのであれば、大きな問題だと思います。今後修正出来るかな?・・・不安要素は多いですね。

<今回もまどか☆マガキを徹底考察!・・・「ピッコロのらじお♪」は2月16日(水) 夜11時より放送予定>

2月16日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、まどか☆マギカ、フラクタル、放浪息子、レベルEなどの新作アニメに加えて、輝きのタクト、禁書目録などのアニメについても語っていきます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?

Rio、君に届け、魔法少女まどか★マギカ、IS、GOSICK、フリージング、これはゾンビですか?、ドラゴンクライシス!、放浪息子、フラクタル、レベルE、夢喰いメリー、みつどもえ、お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!、とある魔術の禁書目録II、STAR DRIVER 輝きのタクト等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん、ゴーンさん、ゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1973-093fa0db

0 Comments

Post a comment