(BLアニメ感想) 恋する暴君 第1話 「恋に賞味期限ってありますか?」 & 第2話 「俺たち恋人同士になったんですよね…?」

初回版 恋する暴君 第2話 [DVD]
初回版 恋する暴君 第2話 [DVD]
クチコミを見る




森永哲博の片思い相手、巽宗一はそれはもう暴君。とある理由があってホモ嫌いのため相手にされず、とうとう片思い歴は5年。いい加減疲れて友人であるバーの店員、ヒロト君に相談するとアヤシイ催淫ドリンクを渡され、既成事実を作ってしまえとそそのかされる・・・



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



第1話 「恋に賞味期限ってありますか?」

こちらもリスナー様の勧めで視聴しました。またこうして俺は開発されていくのね・・・ああっ!!

おにいちゃ~ん!! 緑川光さんが出演でブラコンのお兄ちゃん役と言えばBLゲームの「コイビト遊戯」が真っ先に思い浮かんだかな。体験版をプレイ済みだけど、あまりの兄の甘やかしっぷりに頭がとろけそうになったよ。その夜、夢に緑川さんが出てきたのは言うまでもない・・・いい夢見させてもらったぜふっ。

それはともかく、今回視聴した「恋する暴君」は極度のブラコンの巽宗一が溺愛する弟の巽巴を男に奪われたことにより、ゲイに対して強い反発心を持つが、後輩の森永哲博が実は宗一を狙っているという、と~っても愉快な俺様受け(?)の物語。


いやねえ奥さん、宗一さんは完全なノンケなんですわよ~まあビックリ。しかも、ゲイを激しく嫌悪しているというではありませんこと・・・やあね~。

ところがどっこい!ノンケでしかも傍若無人なお人をモノにするのがBLの醍醐味なのさ!! 考えてもみてくれ、ゲイ嫌いの宗一が哲博の前でどんな風に乱れてくれるのか・・・想像しただけでほぼ「イキ」かけたよ。

ちなみに、ファーストコンタクトは薬の力によって・・・。催淫薬を偶然宗一が飲んだことで、哲博の前で激しく乱れてしまった宗一を哲博が容赦なく喰っちまいやがって「あああ~!!!」な展開。

草食系にしか見えないのに、夜の顔は肉食系の哲博にわたしゃ軽く引いてしまったよ・・・。薬でおかしくなった弱みにつけこんで、攻略なんて認めない! 素面の宗一を強引に屈服させるぐらいの真っ直ぐさが欲しかった!! もっと熱くなれよ~!!!


第2話 「俺たち恋人同士になったんですよね…?」

というわけで哲博においしく頂かれてしまった宗一さん。怒ってるよね?怒ってるよね?・・・ああやっぱり怒ってる(苦笑)。そりゃ薬のせいで多少変になってたとは言え、ノンケが強引に男に犯された日にゃトラウマものですよ。

ところが、そんな扱いを受けたというのに加害者張本人から避けられると、これが不思議なことに追いかけたくなるものなのですわ。少なくともこれまで友人としてある程度の時間を共有してきたわけですから、寂しくなるのは当然です。

その恋しいという気持ちを、「もしかしてある種の恋心?」と認識させ(もしかしたら勘違いかもしれない)、強引に二発目へ持っていった哲博の手腕は褒めてあげましょう。ええ~恋なんてまやかしだよ! 勘違いさせたほうの勝ちさ!!

というわけで、哲博君は二度も宗一さんをおいしく頂きましたとさ・・・。やっぱり抵抗が激しくして宗一さんがまだまだ堅いのが難点だったかな。もっと甘々だったら私の好み!! もしくは哲博君がドSに言葉責めを実行してくれれば、ニパニパ出来たのにぃ~!!!


さて、前回見たキレパパに比べると他のキャラのカップリングがあまり登場しなくて物足りなくはありましたね。巽巴と恋人のイチャコラ場面はもっと挿入しても良かったんじゃない?

結局、巽巴の恋人と宗一って直接会ったことはなかったのでしたっけ? そこで「弟はお前にやらん!」なんてブラコンイベントが発生してれば宗一もっともっと萌えられたんだ!

うんでも、届きそうで届かないそんな哲博の切なさが漂う物語性ではあった。宗一さんとは次にいつやらせてもらえる?・・・この後の二人が実はかなり気になっています。


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

0 Comments

Post a comment