(アニメ感想) IS<インフィニット・ストラトス> 第8話 「ファインド・アウト・マイ・マインド」

IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]
IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]
クチコミを見る




学年別トーナメントの第一試合の組み合わせは、一夏・シャル組VS箒・ラウラ組だった。

ラウラの専用ISシュヴァルツェア・レーゲンに装備された第三世代型特殊装備に対し、一夏・シャル組は抜群のコンビネーションでラウラを追い詰めていく。ラウラの中で力への想いが極限に達した時、シュヴァルツェア・レーゲンから激しい放電が走り、その形が禍々しく歪み始める……。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



この事態はある程度想定内でございました。だって、セシリアとリンが不参加で、トーナメント初戦からラウラとの戦いでしょ? 事実上の決勝戦だし、この先の戦いに意味がないことは明白だから何らかのアクシデントでトーナメントが中止になるだろうとは思っていました。

まあとても一夏には靡きそうもなかったラウラですけど、彼女の生い立ちが語られた以上、もはや一夏へのフラグは立ったも同然なんですよね。

どうやらラウラは強化兵的な存在で、それこそ戦いの中にこそ彼女はその存在意義見出していた。ところが、IS中心の世界になった時突然彼女は役立たずの烙印を押されてしまう。


しかしそんなラウラを必要だと教えたのが千冬でありました。だからあれだけ千冬に心酔していたのですね。ところが、千冬の表情を穏やかにしてしまう存在がいることに気づいた。

ラウラにしたら自分の思い描く千冬像からかけ離れた人間性を見出した時に、そんな風にしてしまう一夏に対して激しく嫌悪を覚えたのでしょう。もうね言いがかりも甚だしいのですけどね(苦笑)。

ところが、一夏は千冬とはまた少し違ったアプローチで自分を承認してくれた・・・そして惚れてしまったというのが今回のお話しですな。こんなに簡単落ちるなんなら苦労はせんわ!

結局一夏のイケメン補正のなせる技と理解するしかないようです。これで5人の女の子を手篭めにした一夏君の愉快な日々は本格的にスタートしたわけですな。

本命は箒でしたが・・・今はダークホースのシャルルにやられっぱなしですな。ええ、私も一夏×シャルルというカップリングなら許してもいいかななんて思ってますよ、はい。

<祝!イカ娘二期決定!!・・・「ピッコロのらじお♪」は2月25日(金) 夜11時より放送予定>

2月25日(金)夜11時から放送を予定の「ピッコロのらじお♪」は、まどか☆マギカ、IS、フラクタルや放浪息子などの新作アニメを中心に語っていきますよ~。今回は雑談話しを中心に展開していく予定。何か話して欲しいテーマがありましたら、メールかコメントまで。

当日は掲示板も設置!初めての方も大歓迎なので、気軽に参加してくださいね~!なお、ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1981-402996fd

0 Comments

Post a comment