(アニメ感想) 陰からマモル!第9話 「小鐘井UFO注意報!」

陰からマモル!〈3〉忍の里から来た少女




今回は宇宙人が地球にやってくると言うお話し。愛里のツンデレぶりもいいですけど、山芽とホタルのマモル争奪戦もなかなか楽しいです。特に、ホタルの崩れっぷりは見事です。最初登場した時とはもう別人ですな(苦笑)。それでは、感想です・・・。地球に宇宙船に乗ってやってきた爬虫類型宇宙人達。学校では愛里がUFOを見たとおおはしゃぎ!その話しを聞いたマモルはそんなものはいないとせせら笑います。一方、地球を訪れた宇宙人は地球人を捕獲するため公園にトラップを仕掛け、誰かが引っかかるを待ちます。そこへやってきたゆうな、どじっ娘を発揮する彼女はズッコケてトラップに・・・。一方、自宅で呑気にTVを見ていたマモルです、が母がゆうながまだ自宅に帰ってきてないとゆうなのママから電話がかかってきたことを伝えます。それを受けゆうなを探すマモルですが見つかりません、途中出会った山芽のペット耳之助の力を借り再び捜索を開始するのでした・・・。

これなんてケロロ軍曹?ホントにケロロ軍曹かと思ってしまいました(苦笑)。宇宙人の声優さんが千葉繁さんだと言うのもなんかツボです。宇宙人にさらわれたゆうなを探しに行く事になったマモル達ですけどなぜか椿やホタルの姿まで・・・。しかも椿ってテニス部に入ってたんかい!!なんだかんだ言って青春しているんですね。UFOの前てまでやってきた一行、なぜかそこには鍵穴が・・・鍵を探し始めるとなんと見るからに怪しい植木鉢が!!しかも盆栽!!!(笑)。古典的ギャグを連発するこのアニメ、一体我々に何を見せたいのでしょう?

UFOの内部に潜入した一行は、途中道が3つに分かれていたため3手に分かれて捜索することに。あみだクジの結果、山芽とホタル、椿と愛里、そしてマモルは一人で・・・。愛里と山芽が面白いです。正統派ヒロインのイメージと顔がドンドン崩れていくホタルがいいですね。やっぱり、ギャグアニメはこうでなくっちゃ!どうでもいいけど山芽っていつもお弁当持ち歩いてますね変なコ(笑)。

今回は、なんか展開がごちゃごちゃしてましたけどあまり印象に残る話しではなかったですね。それでも最近は、キャラの個性が生きているのでそれなりに楽しめるようになっています。マモルを巡って何かと火花を散らす山芽とホタルはなかなか面白いです。山芽は可愛いですけど、ホタルってなんか凄い損をしているような気がしますね(苦笑)そう、何か大事な物を失っていっているような・・・。なんか、今回は作画が良かったのか女の子がとても可愛く魅力的に感じられましたね。やっぱり、キャラ萌えが命(?)のアニメなのでこれは重要でしょう。ところで、新キャラはもう出ないのでしょうかね?お姉さんキャラがいないので一人ぐらいは欲しいところです。ああ、マモルママがいるからいいか(笑)。個人的にはマモルママの過去話も見てみたいですね。

MAMO06031300

0 Comments

Post a comment