(アニメ感想) 格闘美神 武龍 第23話 「メビウスの瞳」

格闘美神 武龍 壱




いよいよ、蘭と春楊の決戦のとき来たる!!ここまで長かったでするね。結局2クール使い切ってこれかよ?と言う声もありそうですが、まあ春楊は個人的には好きなキャラなのでこれでもいいかなと。しかし最後までこのアニメの感想を書き続けた人はどれぐらいいるのでしょう?恐らく多くの人が途中で挫折したはず、仕方がないことです私も途中で何度切ろうと思ったことか・・・。それでは、感想です・・・。蘭のプライムマットでの戦い最後にして最強の敵、曹春楊。彼女との戦いの時がついにやってきます。戦いを前にして満員の観客のボルテージも最高潮に。しかし、試合直前主催者である曹徳興から突然ルール変更の発表が・・・。その内容とは、時間制限なし判定のなしの完全決着ルール。試合はレフリーなしでKOのみの決着と言うもの。前代未聞のこのルール変更に鏑木達は大騒ぎしますが、毛混はいたって冷静。どんなルールであってもその条件で倒すことに意味があると意に介しません。そして、蘭はいよいよ戦いの時を迎えます・・・。

完全決着ルールってグレイシー一族かよ・・・。アレって他人に勝敗を委ねるという判定を嫌うプライドの高いグレイシーだからこその要求なんですけど(肯定しているわけではありません)、曹家にとってこのルールってなんかメリットあるんですかね?それよりも判定まで持ち込んでインチキ判定で春楊勝たせるほうが確実だと思うのですけどね。さて、蘭の父、そして母の過去も明らかになりました。父は結婚してから伸び悩み、禁じられていた道場破りを決行。曹家に乗り込んだわけですが、そのことがバレ破門。するとなぜか蘭の母は娘を置いて曹徳興の下へ嫁ぐことに。そして、徳興と蘭母の間に生まれたのが鈴。つまり、蘭と鈴は異父姉妹と言うことになりますね。徳興の元に嫁いだのは、道場破りの責任をとってのことかなと個人的には思っているのですがどうなのでしょうか?

試合シーンは相変わらず展開が少なくおまけに最後の戦いだと言うのにほとんど突っ立ったまんまの状態でしたね。毛家居合拳は自分から攻撃を仕掛けられないと言う時点でもう無理があると思うのですけどね。でも、二人の構えがなんかセクシーでしたね。春楊に攻撃されてタコ踊りを繰り広げる蘭もステキでした(苦笑)。春楊はともかくまともな修行をしないで最後の戦いに挑む主人公って初めて見ましたよ。原作はどうなのか知りませんけど、前から思っていたのですが作者は格闘技を舐めているのでしょうかね?相撲取りに稽古つけてもらったり、プロレスの練習をしたりと正気の沙汰とは思えません。格闘技アニメならもっと格闘技のことを研究すべきだったと思います。まあ、私は春楊に萌えればそれでいいのですけどね(苦笑)。

KAKUTOU06031300

0 Comments

Post a comment