★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?11(12月終了作品)」最終集計結果発表! PART6 薄桜鬼 碧血録、おとめ妖怪ざくろ、アマガミSS、 そらのおとしもの f

今期終了アニメを評価してみないかい?11(12月終了作品)」の最終集計結果の記事PART6です。

今回評価を掲載する作品は、薄桜鬼 碧血録、おとめ妖怪ざくろ、アマガミSS、 そらのおとしもの f <<フォルテ>です。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5046.html#more
(夢色パティシエールSP プロフェッショナル 、アイアンマン)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5047.html#moree
(心霊探偵八雲、ヨスガノソラ、FORTUNE ARTERIA、トランスフォーマーアニメイテッド)

PART3の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5049.html
(探偵オペラミルキィホームズ、ぬらりひょんの孫、えむえむっ!、百花繚乱サムライガールズ)

PART4の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5070.html
(咎狗の血、伝説の勇者の伝説、パンティ&ストッキングwithガーターベルト、それでも町は廻っている )

PART5の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5072.html
(荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ、もっと To LOVEる、神のみぞ知るセカイ、海月姫 ~くらげひめ~ )

★「今期終了アニメ(12月終了作品)を評価してみないかい?11」

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆薄桜鬼 碧血録

まず最初に紹介するのは「薄桜鬼 碧血録」。原作は、アイディアファクトリーから発売された恋愛アドベンチャーゲーム。アニメーション制作は スタジオディーン。キャストは、桑島法子、三木眞一郎などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は55人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.65 キャラクター 4.09 画 3.85 演出 3.66 音楽 3.93  総合的な評価 3.85 総合点 23.03となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様(敬称略)のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/

今年最高泣けたアニメでしたわ。

いや、本当スタッフ・キャストサイドの熱が伝わる出来だったと思う。

ラストは賛否両論でしたが(^^;)


完成度の高いお話と、何せ新撰組という題材を、史実を交えてしっかり見せてくれた流れはさすがだった。

毎回史実を照らし合わせて見てると、別の面でも二度楽しめた感覚だったもん。


ナレで戦いが終わるシーンもあれど、乙女ものでは考えられないほど、ちゃんと歴史の勉強をさせてくれたし、生臭い戦いのシーンも多々あった。


その中で羅刹だとか、鬼だとか、オリジナル話もうまく融合させて、新撰組という存在を美しく、そしてりりしく描いてくれたなぁと。


主題歌もよかったし、何よりEDの絵は、毎回少しずつ減っていく隊士たちの姿を思うと、涙だったし、そういう意味ではものすごくうまい演出だったと思う。

三木さんはじめ、皆さん本当に熱演で、何度もその演技に泣かされた。


久しぶりにただ涙が止まらない想いを味わった作品だったので、私的には今期のNO.1作品はこれ。


作画も安定して総じてきれいだったし、演出も見事だった。

作品の完成度の高さに何せ拍手!!



☆幻影現実 私的工廠 ブログ
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/

薄桜鬼の2期目と云うか、後編と云うか。
とにかく 新撰組を舞台にしている以上は 負組ストーリーになるのは 当然ですから 面白味という意味では1期目の方がありました。
何せ新撰組が輝いていたのは 京都を守護していた時期なのですから。
ストーリーとしては 千鶴と土方エンドなのは 1期目の第1話からもう解りきっていましたので、この2人を中心にして制作したという点からは まずまずの出来だったのではなかろうかと。
特に2人だけのラストでのシーンとかは 賛否分かれるところでしょうが、きれいだったのは間違いないでしょう。
それから、史実で新撰組で死んだ幹部隊士、沖田とか 原田とか 山南さんとかにちゃんと死花を咲かす演出もあったのも特記しておきたいところです。



☆PARANOIA ENDMAX
http://hisuido.blog40.fc2.com/

全般的に(心理的に)ツラかったです。
  話自体の重さ、悪くなる戦況、減っていく仲間・・・。
  ここまで悲しくなるとは思わなかった。
  ラストは・・・観ていて苦しかったです。
  それぐらい、のめり込ませてもらいました。
  印象に残る、いい作品だったと思います。




☆おとめ妖怪ざくろ

まず最初に紹介するのは「おとめ妖怪ざくろ」。原作は、星野リリィの漫画作品。アニメーション制作はJ.C.STAFF。キャストは、中原麻衣、櫻井孝宏などが出演。





このレビューに参加して頂いた方の人数は103人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.67 キャラクター 4.04 画 3.85 演出 3.71 音楽 3.84  総合的な評価 3.79 総合点 22.90となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様(敬称略)のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆日々改訂
http://togonakoko.blog19.fc2.com/

完成度が高く、全ての登場キャラが魅力的だった稀有な作品。
黒幕が誰なのかがあまりにも分かりやすいのが唯一残念だったのを除いて、ストーリーもよかったです。
余談ですがアニメと連動のWebラジオがかなり面白かったですね。



☆関西版地上アニおた波
http://kachiani.blog121.fc2.com/

原作未読。だがしかし、どうにもアニメ用にまとめたような感触がする。そういう意味では今時の1クールアニメとしてはちゃんと話が終わっているのに、どうにも微妙な完成度。特別な存在であるざくろの成り立ちや、某軍人の黒幕暴露という根幹にあたる部分での作り込みが甘い。主人公として立てるにはざくろへのストレスのかけかたが中途半端で、黒幕はもうちょっと伏線をはってくれないと。正直、ポカ~ン状態。あと、OPはスフィアに歌わせたいためだけに作ったんじゃないの? というぐらい、採用されているのか良くわからなかった。


☆インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~
http://intyo649.blog77.fc2.com/

――思わぬ拾い物だった作品、その壱w
初めこそ、なんとなくな感じで“見て”いましたが
“鬼灯と雪洞の過去”の辺りから
楽しみに“観て”いた、お気に入りの作品です。
もっと“キャラもの”かと思ってたら、トンでもない!!

“恋愛要素”も勿論のコト、差別問題、思想問題、
様々な“社会的テーマ”に正面から挑んだ
メッセージ性の高い、名作でした!

デリケートなテーマにも拘わらず
最後まで“逃げずに貫いた”製作側の姿勢も
個人的には、とても好印象でした!
お気に入りは、“丸竜チーム”の3人です!!




☆アマガミSS

まず最初に紹介するのは「アマガミSS」。原作は、エンターブレインが発売した恋愛シミュレーションゲームソフト。アニメーション制作はAIC。キャストは、前野智昭、名塚佳織などが出演。





このレビューに参加して頂いた方の人数は97人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.59 キャラクター 4.40 画 3.80 演出 3.84 音楽 3.72  総合的な評価 3.95 総合点 23.29となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様(敬称略)のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆ノーマルなブログ@3
http://plaza.rakuten.co.jp/20852/

これは人によってはどのキャラクターが好みなのかはっきり分かれる作品の一つで、毎度あと一歩のところでうまくいくというところで女の子にフラれるという。毎回その展開にイライラしてきた視聴者もたぶん多かったのではと想像していますが、「終わり良ければ全て良し」のように最後はきちんとハッピーエンドで終われた。なんかこっちまでホッとした気持ちになった。もう一度“あなたのお好きなキャラクター”であなたの“お好きなシーン”を心ゆくまで堪能したい。「この作品に出会えてよかった。」と心から言える。そんな思いでいっぱいです。


☆m9は世界を救うm9っ`・ω・´
http://blogs.yahoo.co.jp/haruhi443

ストーリー
オムニパス形式なのは良かったけど、
打ち切り式みたいな感じで終わったのが多かったのがなぁ、、、。

キャラクター性
まあ安定してたんじゃね?って感じ。

総合的な評価
アンパイ過ぎてほとんど印象に残らなかったってのが正直な感想。



☆宵待月の空
http://yoimachituki75.blog55.fc2.com/

4回で気軽に見れるラブストーリーだと、思って見ていましたが。
 最終回、今までの話の裏サイドなパラレル話に、やられてしまった感じです。
 画は安定して良かったし、音楽も内容や各ヒロインに合っていて良かったと思いました。




☆そらのおとしもの f <<フォルテ>>

まず最初に紹介するのは「そらのおとしもの f <<フォルテ>>」。原作は、水無月すうの漫画作品。アニメーション制作はAIC ASTA。キャストは、保志総一朗、早見沙織などが出演。





このレビューに参加して頂いた方の人数は100人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.28 キャラクター 4.42 画 4.08 演出 3.83 音楽 3.74  総合的な評価 3.89 総合点 23.24となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様(敬称略)のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆いけやんのお部屋なの??♪(^▽^)?
http://konosetu1.exblog.jp/

この作品の顔である個性豊かなエンジェロイド達が最高に可愛い。私は一応イカロス派ですが、ニンフもアストレアもまことに可愛くて頼もしいです。マスターになれる智樹がうらやましいです。
さらに彼女達だけでなく、あまりに濃い人間キャラ達。智樹はお気に入りの男性キャラです。
とにかくギャグに毎回笑わせてもらいました。第1話の「俺のベルが鳴る~♪」から始まった面白い演出の数々。空飛ぶパンツの系譜を継ぐ、えっちぃ本が神輿担ぐとか、いい意味でもうダメだこのアニメ♪
マンネリ? いえいえ、このアニメはそれでいいんです。ずっとおヴァカなことやっていてください。真剣に思いっきりおヴァカを突き通しているところが素敵なところなんです。ヴァカな感動演出が特に好きでした。
シリアスもありますが、ギャグとちゃんと住み分けがされていたように思います。シナプスに関することなど、まだ謎も残っていますが、いつか解明されることを期待したいです。
祝! 映画化!



☆白銀の空
http://burstsoul.blog70.fc2.com/

原作通りに完璧にやれとは言わない・・・でも、これはストーリー構成があまりにもヒドくて残念でした。
メチャクチャに原作の話を無理やり押し込んだような印象。
そして、会長を無理に出させようとしないで欲しい。そこまで重要なキャラでもないし、原作でも出番があまりないからアニメで活躍させたい気持ちも分かるけどね^^;
さすがに後半からは凄く鬱陶しく感じました。
アニメ版でどうしても受け入れられなかったのが、イカロスのあの「ウラヌスシステム」というロボット。
あれのせいで、ロボ嫌いの私としてはかなり苦い表情となりました。
音楽に関してはblue dropsの歌は相変わらず最高で素晴らしかったと思います。
後、1話目のトモキのOPは言葉も出ないくらい素晴らしかったですw
故に音楽面だけ4点をつけさせていただきました。



☆時雨の製作日記
http://tuwabuki20.blog5.fc2.com/

ギャグは相変わらず、やらかしてましたねw
アストレアは会長に良いように使われてた気がする。
カオス戦はシリアスな展開だったのもあって結構、力が入っていたと思います!
今後の劇場版も、どんな感じになるのか気になるところです。



PART7に続く

0 Comments

Post a comment