(アニメ感想) よみがえる空 Rescue Wings 第10話 「パーティー」




アニメ「よみがえる空-RESCUE WINGS-」エンディング&挿入歌集:エンブレム/JAM Project




いやあ~、少年の旅路編は本当に面白かったです。そうこう言っているうちにもう10話目。後3話で終わるなんて、こんなの物足りな過ぎます。せっかく、主人公の一宏の事が好きになってきたのに・・・。面白いアニメに限って1クールで終わるんですから、それに比べて・・・いや、やめておきましょう。さて、今回は本郷さんの意外な一面が見られます。本郷萌えの方は絶対に見てください(笑)。それでは、感想です・・・。ロープウェイ事故の一件以来、いっそう訓練に打ち込む一宏。本郷はそんな一宏に今度の日曜日に食事にこいと誘います。そして、本郷の自宅を訪れた一宏は仕事場とは違う一面を見せる本郷の姿を目の当たりにするのでした・・・。

いやあ、ごめんなさい。美人の奥さんと若い内田君二人を見ていると邪な想像をしてしまいました。奥さんがあまりにも魅力的でなんか妙に色っぽかったもので・・・。おまけに、内田君が奥さんの事チラチラ見るものだからついね。いや、これはそんなアニメじゃありませんでした。本郷さんの子煩悩ぶりはあまり見られませんでしたけど、奥さんが美人なのとお子さんが可愛いのには一宏もちょっと意外に思ったのではないでしょうかね?なんか、お食事の誘いを受けたと言ってもあまり意味のあるシーンだとは思えませんでした。

一宏が本郷さんと楽しく(?)やっている一方で、めぐみの方は現実の壁にぶち当たります。不良在庫の間引き、せっかく苦労して作り上げた本なのに誰にも読まれず処分するなんて・・・と嘆くめぐみですがどうすることも出来ません。上司に古本屋と直接交渉して在庫を捌く提案もしますが、出版社の評判を落とすと却下されます。現実と理想のギャッブにとまどうめぐみの様子が描かれていますが、この子も一宏と同じでエリートできた子ではないのでしょうか?今まで挫折らしい挫折はなさそうなので、これぐらいの経験はしてもらわないと困りますね。ところで、出版業界に憧れる大学生も結構いるのでしょうか?小さな出版社でもそれなりの学歴がないとなかなか入れないのでしょうかね?

一宏が落ち着いたらと思ったら今度はめぐみの番。でもなぜこのタイミングなのでしょうね?まあ、きっと何か意味があると思うので暫く見守り続けたいと思います。今度は一宏が慰めてやりなよ・・・。

今回は一宏、めぐみ、そして春陽大学山岳部の遭難事故の様子を映し出していました。おそらく、これからがこのアニメ最大の救出劇となると思います。次回が本番ということでしょうね。あっ、ひょっとしたらめぐみの話しってただの時間稼ぎですかね?まあ、ここらでめぐみの仕事の様子を見せとかなって感じですか。前回が激しかったのでクールダウンでしょうね。取りあえず、次回には期待してます。

yomi06031500

0 Comments

Post a comment