★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?12(3月終了作品)」最終集計結果発表! PART8 ハートキャッチプリキュア!遊戯王5D's、ジュエルペットてぃんくる☆ 、魔法少女まどか★マギカ

今期終了アニメを評価してみないかい?12(3月終了作品)」の最終集計結果PART8です

今回評価を掲載する作品は、ハートキャッチプリキュア!遊戯王5D's、ジュエルペットてぃんくる☆ 、魔法少女まどか★マギカです。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5283.html
(最強武将伝 三国志演技、ウルヴァリン、爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア、デュエル・マスターズ クロスショック、スティッチ~ずっと最高のトモダチ~(アニメ第3期)、ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ、極上!! めちゃモテ委員長 セカンドコレクション)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5284.htmll
(SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors、ドラゴンボール改、ケロロ軍曹、這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生))

PART3の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5306.html
(バクマン。、夢喰いメリー、フラクタル、テガミバチReverse)

PART4の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5312.html
(これはゾンビですか?、IS 、RioーRainbow Gate!、フリージング)

PART5の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5313.html
(ドラゴンクライシス!、スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター、レベルE、お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! )

PART6の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5314.html
(みつどもえ 増量中!、とある魔術の禁書目録II、STAR DRIVER 輝きのタクト、放課後のプレアデス)

PART7の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5316.html
(メタルファイトベイブレード爆、イナズマイレブン、君に届け 2ND SEASON 、放浪息子)

企画についての詳しい記事はこちら↓

★「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」」

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆ハートキャッチプリキュア!

まず最初に紹介するのは「ハートキャッチプリキュア!」。アニメーション制作は東映アニメーション。キャストは、水樹奈々、水沢史絵などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は44人。

各項目の平均評価点は、ストーリー4.14 キャラクター 4.7 画 4.43 演出 4.41 音楽 4.14  総合的な評価 4.45 総合点 26.27となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆yukitaの想い出日誌様
http://youkita.blog101.fc2.com/


ストーリー
街の人々が、敵の攻撃を通じて、『知られたくない、自分の弱さ』を他人に知られてしまうと言う、毎回結構ハードな展開でした。
でも、つぼみ達プリキュアの活躍により、自分の心と向き合い、少し成長するので、毎回心温まる結末になるので、安心して観られました。
そして、つぼみ達も、自分の心と向き合う事で成長して行く姿が、丁寧に描かれていました。

キャラクター性
『人の心』がテーマの一つだった為、一度きりのゲストキャラにも、人物の掘り下げがありました。
また、つぼみ達が思い悩みながらも、少しずつ成長していく姿は、好感が持てました。

総合的な評価
当初は、前作(『フレッシュプリキュア!』)が一年で終わった事がショックで、アンチっぽい視点で観ていました。
(※『フレッシュプリキュア!』以前は、ほぼ2年ずつ作品が続いていた。)
でも、いつの間にか引き込まれ、毎週日曜日が来るのが楽しみでした。
遂には、妹と一緒に『ミュージカルショー』まで、観に行きました。
引っ込み思案で、弱々しかったつぼみが、最後には『宇宙に花を咲かせたい』と言う、大きな夢を持つに至ったのは、スゴイと思いました。
また、最終回の最後のシーンで、つぼみの妹・ふたばが、新しいプリキュアに選ばれた事を暗示する演出がありました。
ふたばが、どんなプリキュアになるのか、観てみたい気がします。



☆日々の記録様
http://ylupin.blog57.fc2.com/


プリキュア・シリーズも長年続いてきてマンネリ化してきましたが、いい意味でそれを裏切って、大きなお友達も楽しませてくれた作品だったと思います。キュアムーンライトとダークプリキュアという正義と悪のプリキュアの対決も見応えがありましたし、史上最弱のプリキュアと呼ばれたキュアブロッサムの成長、プリキュアとしてはあり得ないほどのキュアマリンの羽目の外し方も楽しかったです。
シリーズ物としてのお約束、玩具販促という縛りがあっても、ここまで優れた作品を作ることができると示してくれた意義は大きいと思います。



☆せめて哀しみとともに様
http://animeraihu.blog10.fc2.com/


子供番組と敬遠すること勿れ。プリキュア史上最弱の設定を課せられた少女の成長物語から某ジャンプの三大要素の「友情」「努力」「勝利」を我々は感じ取ること間違いなしです!久しぶりに朝っぱらから感情を揺さぶられるアニメに出会えました。これを見た少年、少女、大きなお友達も少なからず何かを得て将来困難な事にぶち当たっても乗り越えられるでしょう。鬱な時にはハートキャッチ!!!w



☆遊戯王5D's

まず最初に紹介するのは「遊戯王5D's」。原作は高橋和希の漫画作品。アニメーション制作はぎゃろっぷ。キャストは、宮下雄也、星野貴紀などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は75人。

各項目の平均評価点は、ストーリー4.29 キャラクター 4.53 画 3.83 演出 4.67 音楽 4.57  総合的な評価 4.65 総合点 26.54となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆華図魔のせこせこ受験日記様
http://thiefkazuma.blog18.fc2.com/


まぁ・・・放映当初は何でバイク乗ってるのwww本当デュエルしろよwwwって感じに思い(GXとのギャップが・・・)、フォーチュンカップあたり全然見てませんでした(遊戯王も一時止めてたし
でもまた遊戯王はまりだして、少し観ようと思った時がきっかけ、それ以降はかっこいいシンクロ召喚の演出、個性的なキャラの登場等に惹かれ、最後まで見れた・・・歴代シリーズで一番おもしろかったと自負してもいいくらいおもしろいアニメでした。



☆ほとばしれ! チェめクサのさメ ダッシュプラスⅡ様
http://blog.goo.ne.jp/che-meku_sun2006


ストーリー
   これは文句なしでしょう。
   あらすじは割愛させて頂きますが、とにかく素晴らしい。
  最終話付近は《希望》を強く意識している様に感じられたが、
  全編を通して《絆》をテーマとして扱っており、常にそれが感じられた。
   しっかりとストーリーが考えられており、
  ドラマにしろ何にしろ、近頃のあらゆるジャンルの作品
  (映画、ドラマ、ゲーム等を含む)の中では群を抜いていたと思う。
   各部完結話もきっちり完結といった感じだった。
  最終話も原点回帰といった感じで、ずっと観ていた人にとっては
  嬉しい誤算の様な終わり方だったと思う。
   ただ、少しばかり回収できていない伏線や謎などがあったが、
  そんなものは霞むくらいの出来の良さだった。
   よく言われるバイクについても、確かに初めは大丈夫かと思ったが、
  今となってはバイク、というかD・ホイールの無いデュエルなど考えられない。
   多分、ドラマ「相棒」において、及川光博演じる神戸尊も初めは
  批判されていたのと同じ様なものです。

キャラクター性
   これも文句なしでしょう。
   これでもかと言う位良いキャラクターばかりで、
  脇役ですら抜群の存在感を放ち、良い味を出していた。
   だが、なんと言っても特に良かったのは、主役級のキャラクター達で、
  敵味方問わず、共感し憧れる様な者たちばかりだった。
   個人的に、一番好きなキャラクターは、主人公・不動遊星。
  あそこまでかっこいい主人公は珍しく、彼の思想・行動は
  本当に見習おうと思う。
   あと、初めて「熱血クール」がかっこいいと思った。 

総合的な評価
   そら5でしょう。
  こんなに面白いと思った作品自体が珍しく、ドラマで言うと「相棒」に匹敵する
  レベル。
   相棒を観て面白くないという人がいない様に、本来5D'sも皆が皆
  面白いと言うべき作品。
  ただ、色眼鏡を透して観ている人が多いので、あまり理解されない
  だけなのである。
   満足度に関しては、究極の謎を食べたネウロばりに満足する事請け合い。
  ただ、その分終わった時の喪失感が半端ではないので、
  他人に薦める時は、そこだけが心配。



☆Λ 油売る 大豆野郎の 間歇泉様
http://fung7so.blog119.fc2.com/


・ストーリー
半番外編(鬼柳編)みたいなのもありましたが、
最初から最後まで一本の線で繋がっていたし、
話が途中でぶっ飛ぶということもありませんでした。
ぶっ飛んだ展開自体は大変多くありましたが(爆)
それもこのシリーズではもはやお約束なのです。

シリーズのイメージを崩さず(バイクに乗るのにはたまげたが)、
全体的によくまとまっていた、と思うので満点。

・音楽
言うことない。
使い方といい音楽そのものといい、
やはりシリーズ10年の歴史は伊達ではないかと。


・総合的な評価
改めて振り返ってみるととても良い作品だったなあと思います。
遊戯王シリーズはニコニコ動画等で人気が高く、
その理由のひとつに「ネタ」の多さがあります。
さらにアニメそのものやアニメを原作とするゲーム等を見ていれば、
スタッフがネットや視聴者の反応をよく見て、
反映させているというのがよくわかります。
ホント、ネット見すぎだよスタッフおい仕事しろよ

・・・まあとにかく、

複数年にもわたって見てれば愛着もわくんで、
上記評価は愛着補正が入っていると思ってくださいw




☆ジュエルペットてぃんくる☆

まず最初に紹介するのは「☆ジュエルペットてぃんくる」。アニメーション制作はスタジオコメット。キャストは、高森奈津美、竹達彩奈などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は11人。

各項目の平均評価点は、ストーリー4.55 キャラクター 4.73 画 4.18 演出 4.36 音楽 4.18  総合的な評価 4.64 総合点 26.64となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆ライトノベルシアター様
http://fujisan.moe-nifty.com/blog/


自分の見たいアニメはこれなんです!
動物キャラが好きで、ドタバタラブコメが好きで、ハッピーエンドが大好き♪自分の好きなモノが全て詰まってるアニメでした。
これ以上のアニメ、暫くは見れないだろうな~と思える作品です。
当ブログでは命をかけて、感想記事を書いてきました( ^ω^ )



☆メガロでポン!様
http://evi1101.blog31.fc2.com/


伏線も全て回収したしもう何も思い残すことはない、実にイイ終わり方でした。
派手では無いんだけど、全体的に実に手堅く丁寧に作られていて、1年ずっとその質を保ち続けたことは素晴らしい。



☆ミナモノカガミ様
http://lessiy.jugem.jp/


魔法少女の邪道がまどか☆マギカならこちらは正統派の王道もの。
 主人公がペット達との絆や友情を通して成長してく姿が良かったです、
 盛り上げる演出も上手くていい最終回が多かったのも良い思い出(笑)




☆魔法少女まどか★マギカ

まず最初に紹介するのは「魔法少女まどか★マギカ」。アニメーション制作はシャフト。キャストは、悠木碧、斎藤千和などが出演。







このレビューに参加して頂いた方の人数は194人。

各項目の平均評価点は、ストーリー4.51 キャラクター 4.48 画 4.22 演出 4.74 音楽 4.55  総合的な評価 4.61 総合点 27.11となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆クレナイ電波時計様
http://twilightstar87.blog66.fc2.com/


これに関しては説明不要ですね。
先の解らないオリジナルアニメの利点を生かし、それでいて奇をてらわない直球な展開。
そしてそれを安っぽく見せない独特な演出。非常に丁寧に作られていた作品でした。
作画に関してはもうちょいうめせんせーの原案に近いと嬉しかったという事でw
乱れとかはまるで無かったですよ。



☆日影補完計画様
http://hikage27.blog130.fc2.com/


個人的には画がですね… あまり好ましくなくて 1話を観て少々放置していましたww
でも、やっぱり気になる内容!!  見かけとは全く異なるQBのキャラ
思わぬ展開がとてもよかったと思います!!



☆ad libitum様
http://fujifutaba.blog103.fc2.com/

この作品の面白さのひとつは一過性である。それは少女性のひとつの要素であり、作品のキモにもなっている。すなわち初見でしか味わえない面白さというものがあった。その部分に関しては、100点満点といっていい。週1のTV放送アニメということを最大限活かしていたと思う。劇場版だったり、OVAだったりしたらこれは成り立たなかった。一言で言えば、引きが上手かった。情報の出し方が完璧だった。毎回小出しにされた情報からある程度の推測は出来たが、それを踏まえてさらに衝撃の新事実が明かされ、またそれを元に推測が飛び交う。毎週の放送が本当に楽しみだった。ただしこれは先にも述べたように初見の楽しみである。2回目以降は通用しない。2回目以降にまた違った楽しみを見いだせるのか、まだそれは分からない。いまその分からない状態で評価をせざるを得ない。一過性と、次への期待と、その狭間で冷静さを持ち合わせつつ評価したのがこの点数だ。自分の中ですら正当な評価かどうか判断がつかないが、今はこうとしか評価できない。ただし、ここまで考察させられるということ自体が、このアニメが非凡である証とも思われる。



↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表に続く

0 Comments

Post a comment