(アニメ感想) かりん 第18話 「兄キのヒミツは 恥ずかしい」

かりん 増血パック(2)<初回限定版>




今回は煉がメインのお話し。彼の人間嫌いになった過去が明らかになります。高校生で男子校としかもボーイズラブです(笑)。彼の日常がようやく垣間見れそうです。やっぱり、お約束のネタ満載なんでしょうね。それでは感想です・・・。



どうでもいい人間だと蔑んだ目でクラスメイト達を見る煉。そして、ルームメイトであるマコトもそんなどうでもいい人間の一人でしかなかったはず・・・そうあんな事が起こるまでは・・・。

生徒会長から生徒会メンバー加入についての返事を求められる煉とマコトですが、当然却下。いろんな意味で二人を狙っている生徒会長とその取り巻きですが、いつもユリユリな展開なら見慣れているのですけど男同士と言うのはどうも(苦笑)。
さて、ルームメイトのマコトですが彼も狙ったキャラ設定となっております。男のクセに女顔、時折少女のような恥じらいも見せすっかりボーイズラブな雰囲気を醸し出してくれています。軟弱な彼ですが、煉は次第にお互い似たような境遇にあることに気づき彼を意識しだします。


小さい時のかりんと杏樹が登場。二人とも精神年齢は今と変わってないことが判明!ところで、かりんが煉に渡したものよくネタが分からなかったのですがアレはどういう意味だったのでしょうか?誰かご存知の方がおられましたら教えてくださいませ。

さて、ひょんなきっかけでマコトの血を吸ったことから煉は彼の事が気になり始めます。ところがそのマコト、煉にこの学校から脱走する計画があることを話します。そして、ついにそれを決行したマコト。ところが、生徒会長にそれが見つかってしまい・・・。


煉はマコトが本当は女の子だと思っていたようです。まあ、これも定番ですね(笑)。このマコトこんな顔して外の世界ではやりたい放題だったようです。この学校を出たがっていたのもそんな欲求を満たすためと・・・最低だなこのマコト。怒り狂った煉はマコトの血を吸い、生徒会メンバーにも襲い掛かります。が、この時会長を含めメンバー達がウェルカムだったのにワロタ。

マコトの血を吸った時何か大事な物を失ってしまった煉。初めての体験が男だと言う過去が彼を極度の男嫌いにしたのでした(笑)。未知の世界でしたが楽しませてもらいました。今回はギャグも冴えていたのではないでしょうか?生徒会長達の馬鹿っぽさもナイスでした(笑)。

かりん まるごと鼻血ぶ~っく

0 Comments

Post a comment