(アニメ感想) REC 第7話 「戦争と平和」

REC DVD-BOX




恋も仕事もマネージメントをするのが仕事と言い切る、ステキな赤のマネージャーさん。個人的には彼女のプライベート(特に恋愛)の生活を覗き見たい気がしますね。実は昔アイドルを目指していてみたいな過去話しなんかあると最高です。さて、すっかりぎくしゃくしてしまった松丸と赤。二人の仲を繋ぎ止めるものとは一体・・・。それでは感想です・・・。



ケンカをして以来家を飛び出し、事務所に寝泊りするようになった赤。すっかり寂しくなってしまった自宅のアパートで赤を想う松丸。そんな二人はキャンペーンで地方の温泉旅館に出かけることになります。言葉も交わさずどこかぎくしゃくする二人。しかし、宿泊先の混浴風呂で偶然二人きりになった松丸と赤は・・・。


離れてみて気づく一人の寂しさ、そしてパートナーの大切さ。ところで、やっぱりマネージャーは二人のことやっぱり気づいていたみたいですね。最初に出会った時から勘付いていたのかもしれませんね。さすが出来る女性は違います。

仕事が入り忙しくなっていく赤ですが、TVシリーズのオーディションに合格したため、お菓子のキャンペーンはこれから録音で通すことになります。松丸との繋がりが持てる唯一の機会を失うことにとまどいを覚える赤。


マネージャーの計らいによりよりを戻した(まあ恋人ってわけでもないですけど)赤と松丸。赤も松丸のアパートに戻ることになりました。なんか、随分とあっけない気もしますが、それほどこじれるような話しでもなかったのでこんなものでしょう。

しかし、これから二人とも仕事が忙しくなってきてすれ違いも増えるでしょうから、今後それを二人がどう乗り超えるのか見ものです。まあ、その前にお互いの関係をはっきりするべきでしょうね。恋人か友達かそれとも仕事のパートナーか、でないと松丸の煩悩は爆発寸前ですよ(笑)。



TVアニメーション「REC」キャラクターソング/アニメ

0 Comments

Post a comment