★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?13(6月終了作品)」最終集計結果発表! PART3 もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら、デッドマン・ワンダーランド、星空へ架かる橋、俺たちに翼はない、まりあ†ほりっく あらいぶ

今期終了アニメを評価してみないかい?13(6月終了作品)」の最終集計結果PART3です

今回評価を掲載する作品は、もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら、デッドマン・ワンダーランド、星空へ架かる橋、俺たちに翼はない、まりあ†ほりっく あらいぶです。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5283.html
(リングにかけろ1 世界大会編、X-MEN、フジログ、ファイアボール チャーミング、テレビまんが 昭和物語、Starry☆Sky)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5470.html
(そふてにっ、アスタロッテのおもちゃ!、緋弾のアリア、変ゼミ、30歳の保健体育)

また、以前の企画の最終集計結果発表の記事はこちらをご覧下さい↓

★企画「今期終了(3月終了アニメ)アニメを評価してみないかい?12」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら

まず最初に紹介するのは「もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」。原作は岩崎夏海の小説。アニメーション制作はプロダクション I.G。キャストは、日笠陽子、花澤香菜などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は50人。

各項目の平均評価点は、ストーリー2.1 キャラクター 2.48 画 2.28 演出 2.1 音楽 3.04  総合的な評価 2.2 総合点 14.2となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆ブログの名前?何それ、美味しいの?様
http://aamendokusai.blog66.fc2.com/


ぶっちゃけたところ、毎日放送してなければ最後まで見てなかったかもしれないww

見るまえはキャストが俺得だったので大いに期待していたんですが・・・どうにも淡々としてた印象。

野球部を強くするための手段として奇抜なものを使ったこと以外は何一つ目新しいものがなかったというかなんというか。

キャラを特別に推してきているわけでもないのにストーリー面が何か良かったかというとそうでもない。

まぁ人物の作画は毎回謎のクオリティでしたけどwww

毎話毎話夢ノートだけが楽しみだった記憶があります。だから音楽は5.



☆SERA@らくblog様
http://seraraku2.blog59.fc2.com/


最初オールゼロ評価にしようかとまで思いました(^^;
原作ファンには ごめんなさいですが…。 
アニメだけ見てると、これ何でベストセラー? みたいな作品。
数分の「イイ話」の再現VTRくらいで十分くらいの内容でした。
絵も安っぽく、アニメにした意味が分らない。CDドラマでよかったんじゃ?



☆ぬる~くまったりと様
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/


発想は面白いのですが、伝わってこなかった。
 ビジネス書を高校野球に適用するアイデアは面白い
  のですが、素人がすぐさま適用するのではなくて
  専門家と相談すると言ったストーリーなら良かった
  と思います。
 全10話だったが12話ならばもう少し良かったのかな?
 OP曲は好きでした。




☆デッドマン・ワンダーランド

続いて紹介するのは「デッドマン・ワンダーランド」。原作は片岡人生、近藤一馬の漫画作品。アニメーション制作はmanglobe。キャストは、朴?美、花澤香菜などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は51人。

各項目の平均評価点は、ストーリー2.57 キャラクター 2.98 画 3.2 演出 3.12 音楽 3.1  総合的な評価 2.73 総合点 17.69となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~ 様
http://intyo649.blog77.fc2.com/


『人間を殴るとこうなる』『斬りつけるとこうなる』を、出来る限り
“忠実に再現していた”姿勢は天晴れ。…昨今の作品・商品に在りがちな
『描写を緩和して“主人公の暴力”を英雄視させる』風潮を拒絶した“作風”は
お見事としか言いようがない。“剥き出しの死”を描写するコトで、『生きる』
というテーマを魅せた手法も鮮やか。…ただ、惜しむらくは“話が尻切れ”だったorz



☆サイネリア~わたしのひとりごと~様
http://saineria.at.webry.info/


伏線残したままのストーリー構成。原作ありきなので完結することはできないとはいえ、BD/DVDの売り上げによっては二期をつくりましょうという魂胆があからさまなのはなんとも評価し難い。ストーリーも好みが分かれる内容で、殺人ありきの展開はなんとも…。ヒロインキャラの台詞に規制がかかるほどヤバヤバの内容な上に、萌えも色気もチラリズムもないのでは、感情・精神面から見た人間行動と戦いの中で直面する死に対しての逃避・抗いといった弱者の立場で見る物語で楽しむしかなかった。


☆キクログ様
http://crazylazykikujira.blog57.fc2.com/


原作既読。
1クールで凄く中途半端なところで終わってしまったのが残念です。
これからが面白くなっていくところなのになぁ……
絵の勢いは原作のほうが良かったです。
あと一歩というところで色々な部分が残念なところで止まっています。




☆星空へ架かる橋

続いて紹介するのは「星空へ架かる橋」。原作はfengから発売されたアダルトゲーム。アニメーション制作は動画工房。キャストは、浅沼晋太郎、中村繪里子などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は49人。

各項目の平均評価点は、ストーリー2.69 キャラクター 3.45 画 3.54 演出 2.86 音楽 3.24  総合的な評価 3.01 総合点 18.8となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆√Fの俯瞰者席様
http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/


ゲーム原作のアニメです。
お決まりの展開をこれでもかと入れた感じですw
にしては妙にストーリーが絡んでくるのが印象的でした。
ベストキャラクター賞に伊吹を入れてしまおうか、
とも思うぐらい伊吹が好きでしたw
終わり方はいまいちでした・・・伊吹ルートが(黙
でも五本指に入るぐらい好きなアニメでしたよ、これ



☆いけやんのお部屋なの~♪(^▽^)様
http://konosetu1.exblog.jp/


キャラは可愛く描かれていましたし、個性もしっかり出ていました。キャラも画面上ではしっかり動いていて、作画は安定していました。
しかし、主人公にもヒロインにも、あまり感情移入できませんでした。ストーリーがあってないようなもの。原作の話をなぞらえていたのでしょうが、中身がほとんどない。イベントらしきものは何度もあったものの、表面的にキャラクターが遊んだりはしゃいだりしているだけ。人物の葛藤や苦悩が描かれているシーンはかなり短く、ウェイトが置かれているとは言い難かったように思えます。キャラクターの掘り下げが終盤にいくつか見られた程度。それも人物がストーリーに縛られ操られている感じでナチュラルさが感じられない。原作の脚色なので、ストーリーに縛られるのはある程度仕方がありませんが、それこそ、原作ゲームでは表現できないことを工夫してやって欲しかったです。一馬が初に魅かれていく過程をもっと見たかった。初をはじめとするヒロイン達が、なぜ一馬を好きになっていったのか、その心境の変化も見たかった。
作画はとてもよかったですが、上っ面のイベントが起きるだけで、人間ドラマはほとんど描けていない。そういう印象でした。女の子達がキャッキャウフフするのを楽しむためだけの作品だと思います。



☆ボヘミアンな京都住まい様
http://kyotofan.net/


・ストーリー
一馬がなぜ円佳でなく初を選んだのかとか、初の恋愛感情の芽生えさせ方とか、動機づけが弱くて終わってからでも未だに理解しがたいままでした。無理に1人に絞るルートにしなくてもよかったのではという気がします。

・キャラクター性
女性陣と歩クンが可愛らしかったですね。

・総合的な評価
1クールでなく2クールあればもう少し丁寧に話の内容を展開できて、原作の知・不知に関係なく楽しめたかもしれません。無い物ねだりしても仕方ないですが。




☆俺たちに翼はない

続いて紹介するのは「俺たちに翼はない」。原作はNavelが発売したアダルトゲーム。アニメーション制作はNOMAD。キャストは、下野紘、三浦祥朗などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は47人。

各項目の平均評価点は、ストーリー2.95 キャラクター 3.34 画 2.96 演出 3.06 音楽 3.28  総合的な評価 3.14 総合点 18.72となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆つぶかぼアニメ感激ノート様
http://disorellan.blog61.fc2.com/


最初とっつきにくいが、全体として見るとストーリーは素晴らしい。とくに構成は神がかっている。大勢登場したキャラクターもそれぞれ抜群に魅力的だった。バカバカしすぎるコメディから高いメッセージ性まで、硬軟様々な要素を含んだ傑作。主題歌も作品世界にとても合っていた。


☆バカとヲタクと妄想獣様
http://vnr2034.blog133.fc2.com/


どうにも私は受け入れられない演出だったな~と
魅力的なキャラ多いけど、全体的にキャラ多すぎ!!w



☆ジーノの鳥様
http://blog.livedoor.jp/jinomakusuweru/


複数主人公からなる群像劇かと思えば低俗なギャグの連発で1話1話は見るべきものはなかったのだが、全員が同一人物であり最後に統合され結果的には面白かった。



☆まりあ†ほりっく あらいぶ

続いて紹介するのは「まりあ†ほりっく あらいぶ」。原作は遠藤海成の漫画作品。アニメーション制作はシャフト。キャストは、真田アサミ、小林ゆう などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は53人。

各項目の平均評価点は、ストーリー2.91 キャラクター 3.83 画 3.47 演出 3.68 音楽 3.45  総合的な評価 3.34 総合点 20.68となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆Ride on shooting star様
http://mblg.tv/sanma82/


なんか毎回笑ってましたw
るんるんりるらんらんららが頭から離れない日はつらかった



☆アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)様
http://blog.livedoor.jp/voler/


前作のノリそのままで頭カラッポにして楽しめる作品でしたね~。
前作よりもまともで説教臭い話が多かった気もしましたが、まあ許容範囲内でした。
ただ、こういうギャグ系作品の2期の宿命か、それほど新鮮さがなかったのは残念でしたね。
前作と比べて、静珠さんの出番がかなり増えていましたが、新キャラというわけでもなかったですしね…。



☆HDアニメを探して様
http://hdanime.blog47.fc2.com/


ギャグ色が強いアニメとはいえ、
どういう設定だったか忘れてしまっていたこともあってすこし微妙だったかもしれないです。
アニメとしての出来はいいのだろうとは思いましたが。
最後の集合を見ると登場キャラが多すぎた気もしないでもないです。



PART4へ続く・・・

0 Comments

Post a comment