★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?13(6月終了作品)」最終集計結果発表! PART6 殿といっしょ-眼帯の野望- 、GOSICK -ゴシック-、神のみぞ知るセカイII、よんでますよ、アザゼルさん。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

今期終了アニメを評価してみないかい?13(6月終了作品)」の最終集計結果PART6です

今回評価を掲載する作品は、殿といっしょ-眼帯の野望-
、GOSICK -ゴシック-、神のみぞ知るセカイII、よんでますよ、アザゼルさん。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
です。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5283.html
(リングにかけろ1 世界大会編、X-MEN、フジログ、ファイアボール チャーミング、テレビまんが 昭和物語、Starry☆Sky)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5470.html
(そふてにっ、アスタロッテのおもちゃ!、緋弾のアリア、変ゼミ、30歳の保健体育)

PART3の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5471.html
(もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら、デッドマン・ワンダーランド、星空へ架かる橋、俺たちに翼はない、まりあ†ほりっく あらいぶ)

PART4の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5472.html
([C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL、Aチャンネル、DOG DAYS、電波女と青春男)

PART5の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5491.html
(世界一初恋 、戦国乙女~桃色パラドックス~、聖痕のクェイサーII、Dororonえん魔くん メ~ラめら)


また、以前の企画の最終集計結果発表の記事はこちらをご覧下さい↓

★企画「今期終了(3月終了アニメ)アニメを評価してみないかい?12」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆殿といっしょ-眼帯の野望-

まず最初に紹介するのは「殿といっしょ-眼帯の野望-」。原作は大羽快の漫画作品。アニメーション制作はギャザリング。キャストは、鈴木達央、小野大輔などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は10人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.3 キャラクター 4.1 画 3.2 演出 3 音楽 3.3  総合的な評価 3.6 総合点 20.5となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆地下室で手記
http://chikasitsu.blog59.fc2.com/


ストーリーは原作がバカ4コマですから、あってないようなものですからね(苦笑)

キャラクター性はバカ4コマですから、キャラだけとも言えるんですが、放送時間毎週5分で12回ですから、原作知らない人は史実のイメージからかけ離れた意味不明さで困るんじゃなかろうかと。

画は動きがそれほどあるわけではないですからね、高い評価をつけると他に悪い。

演出は原作にはないディフォルメの出現は可愛かったですかね。ただ、やっぱり5分アニメは短すぎるので1点減点。

音楽は、まぁ主題歌くらいですからね、作中うんぬんはあまりないので。

総合的な評価としては、原作薦めた方がいいんじゃないかというくらい、5分アニメは慌ただしい(苦笑)逆に、短いですし戦国武将という一定の間口はありますので薦めやすさはありますかね。つまらないと思う人にも時間の損失も短く済ませられるので責任も軽いですし(笑)



☆サイネリア~わたしのひとりごと~様
http://saineria.at.webry.info/


戦国武将を萌えキャラにしたお遊び要素やギャグ満載のショートストーリーが面白い。
史実を基にしたフィクション痛快劇で、ネタが滑ることもあるが、ギャグアニメとしては申し分ない程に楽しめる内容であった。



☆ワタクシノウラガワR様
http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/


気楽に見られるアニメでした。
主題歌が耳に残ります。




☆GOSICK -ゴシック-

まず最初に紹介するのは「GOSICK -ゴシック-」。原作は桜庭一樹の小説。アニメーション制作はボンズ。キャストは、悠木碧、江口拓也などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は80人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.34 キャラクター 3.94 画 4.03 演出 3.49 音楽 3.71  総合的な評価 3.61 総合点 22.11となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆FF11とアニメな日々様
http://glayxxx.blog105.fc2.com/


ストーリー
ニート探偵物語を見ていると思ったら、最後は運命に翻弄されるラブロマンスだったといったオチだった。ヴィクトリカを中心にすえた物語だったのに、いろいろ視点が変わってしまったのがうなくなかったように思う。作品としてヴィクトリカの謎解きを前面に出すのは面白い作りだが、もうちょっとスタイルを変えてもらっても良かったように思った。

キャラクター性
ヴィクトリカちゃんペロペロ・・・・いやいやちょっとマテ!!メインキャストはちゃんと描かれていて見やすかったが、ゲストキャラがもったいない感じがした。まぁ原作ありきなのでしょうがないのかもしれない。

総合
中ダレが入ってしまい、素直に面白かったとオススメしずらい作品だったように思う。やはりヴィクトリカを愛でる作品だった(コレコレ)。2話完結の探偵物スタイルで最後までいけばもっと違った評価になったかもしれない。このあたりは原作付き作品だし仕方なかったのかもしれない。



☆戯れ言ちゃんねる様
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444


続いては、こちら。多分今回まとめる中で唯一の2クール作品だったかと。管理人が作品ファンだったこともあり、放送前からそれなりに押してたのも懐かしいw
さて、評価にうつりますが、これは微妙に評価するのが難しいです。というのも、見る視点によってどう評価するかが変わってくるため。具体的に言えば、推理ものとして見るか、ヴィクトリカにブヒるか、それか久城とヴィクトリカの関係性に重点を置くか。1~3話を見てもらえばわかりますが、推理ものとしてはトリックがかなり強引なので推理ものとしては結構致命的なものがあります。そして、ヴィクトリカにブヒるにしても、終盤以降が若干辛くなります。だとすると、一番最後に重点を置くべきなんでしょうが、肝心の久城が結構情けない感じなのでそれも敬遠されがち。ちなみに、管理人は一番最後の視点で見てたのですが、それでも久城の情けなさがちょっとあれだった気がしました。
とは言っても、最後まで通してみると、おそらく春アニメで一番いいラストだったので、満足感はかなり高かったかと。これだけは本当にガチです!



☆翠の匣様
http://blog.livedoor.jp/s_396n/


最後まで観てみれば、ボーイミーツガールの物語としては素晴らしかったと思います。

なので、推理物としての要素やら何やらは、その物語を描くための味付けに過ぎないと見るべきなのかな、とは思いますが……「さすがにそれはちょっと無理があるのでは……」と思えてしまうような行動や見せ方に引っ掛かってしまった部分もあり、そこが残念だったかな、と。本筋はしっかりと描かれていた分、肉付け部分も良ければ手放しで褒められるような作品になっていたのではと思うと、どうしても惜しく思えてしまいますからね……。




☆神のみぞ知るセカイII

まず最初に紹介するのは「神のみぞ知るセカイII」。原作は若木民喜の漫画作品。アニメーション制作はマングローブ。キャストは、下野紘、伊藤かな恵などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は87人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.46 キャラクター 4.02 画 4.08 演出 3.72 音楽 3.8  総合的な評価 3.8 総合点 22.9となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~様
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/


分割2期作品の第2期ですね。
第2期からハクアという悪魔が登場し、物語の根幹に少し触れる機会もありました。
しかし、少しながらということで、あまりハクアの出番もそこまで多くはありませんでしたし、地獄の話もあまりありませんでした。
まあ地獄の設定話、物語の根幹に関わる話は・・・第3期、もしくはOVAということでですね。

第2期のテーマはおそらく「理想と現実」でしょう。
いや、「現実と理想」かもしれませんね。理想あっての現実。現実あっての理想です。
ちひろ編では攻略女子が四苦八苦する様子を見て、桂馬は自分自身はどうなるのかと思う機会もあり、
少しは現実に対する意識も深まったのではないかと思います。
長瀬先生編では、「現実には理想の結末が必要」と、桂馬自身が言いました。

そして最終話。クソゲーの中のヒロインの杉本四葉。通称よっきゅん。クソゲーの中の桂馬にとっての理想のヒロインですね。
最後に桂馬の言った言葉。

「現実(リアル(世界はクソゲーだ。理想世界はゲームに求めるしかない……
そう思っていたが、クソゲーの中にも理想があったように、現実(リアル)にも理想へのルートがあるのかも知れない。
僕ならそれを……」

この言葉こそが、今後の物語を展開する上で大事な言葉ですね。

リアルの中の理想を探しだすというのは、長瀬先生攻略編の最後でも言われていた通りです。
桂馬の名言でもある「リアルなんてクソゲー」。
リアル=クソゲーに置き換えて、クソゲーであったよっきゅんのゲームの中にも自分にも理想を与えてくれたというように、
一見単なるクソゲーに見えるリアルでも、理想があるのかもしれないということです。

桂馬なら現実世界にある理想へのルートをどうするか……ええ、、、そういうことです。


さて、色々言いましたが、第2期としては十分すぎる程の出来でした。
第1期から視聴者が減ったのか、それはさておき、テンポで叩かれることもあまりありませんでしたし。
自分もあえて批判するのであれば、ちひろの目でしょうかねw

他にも1期よりはやや劣るものの、作画、音楽。どれも素晴らしいものでした。

是非とも続いて欲しいですね。



☆the albatross of peach pink様
http://mahora16.blog99.fc2.com/


やっぱハクアいいなぁ
キャラクター性の5はハクアの存在だけで付けたと言ってもいいかもしれません
原作で一番好きなキャラなので2期にてようやく登場してくれたながすごく嬉しいです

全体的に面白い展開が続いたのですが、イマイチ何の意味があるのか分かりにくい演出とかもちらほらあったのが少々残念です
2期でも内容は相変わらずなので慣れてしまい飽きが来るかとも思いましたが、割りと豊富なキャラ付けでそういった感じはしませんでした
ただ、2期に入ったにも関わらず物語の重要な部分は進むどころかまだ触れてすらいない、というのはいかがなものだろうか…



☆コツコツ一直線様
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k


1期以上に画にも力が入っていてよかったです~。ハクアも登場して話もまた面白くなってきたような気がします。でもどのヒロインの話も基本3話構成で、ちょっと間延びしたように感じたところがありました。2話構成にした方がちょうどよかった話もあったような…。ここが解消されれば更に良い作品になると思うのですが…。3期もあるか分かりませんが楽しみにしています!



☆よんでますよ、アザゼルさん。

まず最初に紹介するのは「よんでますよ、アザゼルさん。」。原作は久保保久の漫画作品。アニメーション制作はProduction I.G。キャストは、浪川大輔、佐藤利奈などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は59人。

各項目の平均評価点は、ストーリー3.47 キャラクター 4.42 画 3.81 演出 3.95 音楽 3.54  総合的な評価 3.92 総合点 23.12となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆小さなちいさな円の洞穴様
http://hayate0219.blog28.fc2.com/


ストーリー
非常に面白いストーリーだと思う。
でも15分だと短く感じる

キャラクター性
ベルゼバブ筆頭に変体悪魔しかいない
キャラクター性なら間違いなく

総合的な評価
面白かったといえるアニメはなかなか無いので
本当に評価したいです



☆三日坊主で終わるかもしれない日記(ぉ様
http://plaza.rakuten.co.jp/sidebasher/


水島努監督や小野坂昌也さん(アザゼル篤史役)が噛んでるだけあって、ゴア描写や下ネタはパンスト以上に酷いものがある(褒め言葉)ギャグアニメ。
どこにでも居る普通の女子大生・佐隈さんや悪魔探偵の芥辺さん、妙に生活臭のあって憎めない悪魔達との掛け合い漫才がいい味出してます。
また回を追うごとに、悪魔憑きとしての頭角を現し始めると同時に性格までスレていく(笑)佐隈さんの姿も見所の一つでしょう。
主題歌『ぱんでみっく!!』や挿入歌『マシュマロDJ』など、印象に残る音楽が多いのも特徴ですね。

万人に幅広く薦められるものではありませんが、ツボに嵌った時の爆発力は凄まじいです。
こういうピーキーなのは嫌いじゃないぜ。(笑



☆地図曹長の時酷表様
http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/


とても15分では思えないほどの濃さ、そして豪華な声優陣と個性的なキャラと毎週楽しめた作品だった。
神谷浩史さんの縁起がかなり印象に残ってます。




☆あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

まず最初に紹介するのは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」。アニメーション制作はA-1 Pictures。キャストは、入野自由、茅野愛衣などが出演。





このレビューに参加して頂いた方の人数は109人。

各項目の平均評価点は、ストーリー4.28 キャラクター 4.37 画 4.33 演出 4.35 音楽 4.45  総合的な評価 4.34 総合点 26.12となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆シュミとニチジョウ様
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/


文句なしの満点です!実は、「アニ☆ブロ」の方で期待アニメとして私は挙げていたのですが、
その期待を大きく上回ってくれた作品でした。超平和バスターズ各人の苦労を暗くなり過ぎない絶妙の塩梅で
描きつつ、最高に切なくてけれど最高に幸せな別れまで描写する。泣かされまくりでした。
あの花最高でございました!



☆あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす様
http://blog.livedoor.jp/mjotvithr/


(途中までは良かった。でも、やったことと言えば結局、若者が集って「過去をやり直した」だけの話。若さ特有の成長もなし。全員がドラマチックすぎるトラウマの持ち主という作劇的な過剰さ。親子関係より恋愛関係を重視した展開と構造も萎え。まー感動系が合わないだけか)


☆White wing様
http://gokuuyo.at.webry.info/


(物語と音楽がバッチシ。自分もそうだが、他人の事柄に関しては冷静に見える物が、いざ自分の抱える心の問題になると、なかなか上手くは解決出来ずに年月だけが過ぎてしまう。「何時かは解決しないとね。」と自分を振り返ってしまわせたアニメでした。最終回ではぶっちゃけ涙しましたよ。)


各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表に続く

0 Comments

Post a comment