(アニメ感想) 輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」

キャラクタースリーブコレクション 輪るピングドラム 「陽毬&ペンギン3号」キャラクタースリーブコレクション 輪るピングドラム 「陽毬&ペンギン3号」
(2011/12/09)
ブロッコリー

商品詳細を見る


banner03
*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

いよいよ最終回が近づいてまいりました。暗喩的な演出のオンパレードで核心に触れさせないままここまできたせいか「もう最終回なのか?」というのが現在の実感。

このまま最後まで煙に巻いて終わらせるという手法もあるけど、それこそメタ的な演出で全ての種明かしをするというラストもありのような気もします。この手の作品は最終回の締めくくり方で全ての評価が決まる・・・それだけに来週は楽しみですな。


さて、相変わらず見る側に頭を使わせるアニメでございます。特に我々のようなアニメブロガーは感想を書かなければいけないため、一つ一つのシーンにも注意を払い視聴しているため非常に疲れるのですよね。

ところで今回一つ分かったことがあります。それは、眞悧が冠馬に動かしてまで目指しているものその意味と、彼が「亡霊」と話すその言葉の指すものについてでございます。

眞悧は自らを「亡霊」だと話しましたが、以前の感想で私は「亡霊」とはすなわち呪いであるという趣旨の文章を展開した覚えがあります。実際眞悧は作中で「僕は呪いのメタファー」と話していたので、そういうことなのでしょう。

そしてその「呪い」とはつまるところ「縛り」ということなのでございます。人はこの世に生を受けた瞬間より、何かに縛られて生きていくことになる。例えば、真砂子は祖父、りんごは家族の幻想、冠馬は両親といった具合に、それぞれが何らかの呪縛を受け生きてきたわけです。

それはとても窮屈なものであり、そうした人々のあり方について眞悧は「自分の中の箱に入る」と話していました。何かにとらわれ、人はとても不自由を強いられている。そのことを人々は当然自覚しているはずです。それでも、この世界で生きていくにはそうするしかない。

そのように慣らされていくことをまさに「透明な存在になる」とこの作品では定義しているのではないでしょうか?つまりは、眞悧の理屈では「生きることそのこと自体が呪いである」と考えているのかもしれません。

ですから、眞悧には人を生き返らせる力があるようなのですけど、これは言い換えると「呪いを与える力」なのではないか?そして彼が人を殺し世界を壊そうとしているのは、結局のところ人々をそんな呪いから開放しようとしていると言えるかもしれませんね。


「運命の至る場所」とはまさに死に場所であり、そこへ向かう列車というのは死出の旅を連想させます。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がそうだったように・・・。

眞悧はそうして冠馬をそしてこの世界の全ての人を死へと誘おうとしているのかもしれません。死とはまさに苦しみからの解放であると・・・。

そんな眞悧の計画を阻止するには、冠馬と晶馬がピングドラムを見出さなければならない。眞悧が呪いや死の象徴であるならば、当然ながらのピングドラムとはそれと相反する意味を持つ存在なのでしょう。

最終的にそれが何であるのか?・・・果たしてどんな解を我々に提示してくれるのか今から楽しみであります。

来期新作アニメ特集~!・・・「ピッコロのらじお♪」は12月21日(水) 夜11時より放送予定】

12月21日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、様々なアニメをレビューしていきますよ~。fate/zeroやペルソナ4、未来日記、世界一初恋、君と僕、輪るピングドラムなど。

掲示板も設置しますので気軽にご参加ください。聞き方等、詳しくは放送日当日、当ブログのトップページを御覧ください。

http://yamaharinezumi.blog.fc2.com/tb.php/26-1915b5c8
http://saeblo283.blog.fc2.com/tb.php/115-2c7edc4b
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/maigocany/11108628385/0577c0f0
http://mitokuro.blog.fc2.com/tb.php/102-55e54394

0 Comments

Post a comment

44 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム第23話『運命の至る場所』の感想レビュー
  • いよいよクライマックス!といった感じで清々しいほど悪意むき出しのサネトシさんマジパネェっす!回でした。 真砂子はやっぱり死んでしまったのかと驚いた矢先にサネトシの魔法(自称)で息を吹き返したのに2度驚かされましたが、彼自身が言う通りその存在は人間ではなく...
  • 2011.12.16 (Fri) 03:52 | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム #23
  • 【運命の至る場所】 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]出演:木村昴キングレコード(2011-12-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 僕は今からこの世界を壊すんだ! 
  • 2011.12.16 (Fri) 04:04 | 桜詩~SAKURAUTA~
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第1話 ~第23話 運命の至る場所
  • 輪るピングドラム ~ 第23話 運命の至る場所 両親のいない高倉家には3人のきょうだいが暮していた。双子の兄の冠葉と弟の晶馬、そして妹の陽毬。陽毬は不治の病に冒されており、担当医の鷲塚医師から余命が長くないと宣告される。数日後、自宅へ帰ってきた陽毬は、...
  • 2011.12.16 (Fri) 05:04 | 動画共有アニメニュース
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム第23話感想「運命の至る...
  • 運命の至る場所-----------16年前の事件の朝の眞悧の回想。あの日も使われたのは、クマのぬいぐるみ。地下鉄の中に仕掛けられたクマ爆弾。「ある朝気づいたんだ。僕はこの世界がキラ...
  • 2011.12.16 (Fri) 05:06 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 感想「運命の至る場所」
  • 運命の至る場所----------- 16年前の事件の朝の眞悧の回想。 あの日も使われたのは、クマのぬいぐるみ。 地下鉄の中に仕掛けられたクマ爆弾。 「ある朝気づいたんだ。 僕はこの世界がキライなんだって」 続きを読む 第1話  第18話 第19話 ...
  • 2011.12.16 (Fri) 05:07 | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第二十三話 感想
  • 誰かに見つけてもらえるって幸せなことだね 「輪るピングドラム」第二十三話 感想です。 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る
  • 2011.12.16 (Fri) 07:26 | 知ったかアニメ
この記事へのトラックバック
  •  「輪るピングドラム」第23話
  • 運命の列車へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112160003/ 輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray] 幾原邦彦 キングレコード 2011-11-23 売り上げランキング : 454 Amazonで詳しく見?...
  • 2011.12.16 (Fri) 07:28 | 日々“是”精進! ver.A
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 23TH STATION「運命の至る場所」
  • 16年前の事件の朝、人の正体に気付いたという渡瀬眞悧は、故に運命の至る場所で発動した。ピングフォースのメンバーが次々と黒いテディを地下鉄の車内へと置いていく。ある朝、起きたら突然世界が嫌いになっていたという眞悧。自分は選ばれたものであると考えた眞悧は、世...
  • 2011.12.16 (Fri) 07:40 | 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-
この記事へのトラックバック
  •  『輪るピングドラム』#23「運命の至る場所」
  • 「そしてあなたたちは、あの列車で見つける。 あなたたちのピングドラムを」 アバンでは、16年前の桃果と眞悧の対決の様子が! この世界が嫌いだと気付き、世界を壊そうとする眞悧と止めようと、 彼を永遠の闇に吹き飛ばそうとする桃果。 「なら僕は、君を呪いの...
  • 2011.12.16 (Fri) 11:06 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  運命の至る場所
  • 苹果ちゃんが押しかけ女房すぎますが、それすら微笑ましく感じられる展開の連続な今話です。 桃果の呪文の効果が半分だったため、眞悧は消えることなく2匹の黒いウサギに分か ...
  • 2011.12.16 (Fri) 11:21 | 雨晴時曇
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 23TH STATION「運命の至る場所」 感想
  • 「ある朝、気が付いたんだ。僕はこの世界が嫌いなんだって」 以下実況 運命の至る場所。 桃果さんは相変わらずの強キャラっぽいオーラがある。 眞悧が幽霊で実在しないとなると、これまではどういう...
  • 2011.12.16 (Fri) 15:14 | 書き手の部屋
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 運命の至る場所
  • 病院に運ばれて来た陽毬の元に駆けつける晶馬。 医師にもって今日明日と宣告を出される事に。 そんな時に冠葉が何をしているかと思えば、双子の妹・真砂子が御臨終する所を渡瀬に ...
  • 2011.12.16 (Fri) 19:50 | ゲーム漬け
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」
  • 世界はいくつもの箱であり人はそこに入るしかない 箱の中にい続けたせいで自分がどんな形だったかを忘れてしまう そこから出ることを選び、選ばれしものだと疑わなかった眞利 世界に絶望したことで鬱屈した...
  • 2011.12.16 (Fri) 22:41 | Spare Time
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話「運命の至る場所」感想
  •  今回も終わりへ向けて話は進んでいきます。犯罪を犯してでも陽鞠を助けようとする冠葉、それを止めようとする晶馬・苹果。一体どんな終わりを迎えることになるんでしょうか…?ペンギン帽の謎に関しても明かされ始めてどうなるのかますます気になって来ました...
  • 2011.12.17 (Sat) 01:14 | コツコツ一直線
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 『運命の至る場所』
  • 16年前の真実。世界を壊そうとした組織のボス渡瀬眞悧と桃香が対決。結果は相討ちでテロも完全に防ぐには至らなかったと。 渡瀬や高倉父母、そして冠葉のやろうとしていることはまごう事無きテロに思えます。でもこどもブロイラーとか、世界がオカシイのかもしれない。そ?...
  • 2011.12.17 (Sat) 06:07 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 23話
  • まだ、世界は、終わってない! というわけで、 「輪るピングドラム」23話 わたしにできることの巻。 ついに動き出した物語、ついに本気出した二つの勢力。 運命の改変が正しいことなのかは分からな...
  • 2011.12.17 (Sat) 08:18 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話
  • 眞悧は、16年前の事件の首謀者? 組織の人間を使って、地下鉄のあちらこちらにベアを置いていた。 その時、眞悧の前に桃果が現れる。 桃果は眞悧を止めるために日記の呪文を唱えるが、半分しか効果がなく、桃果も 眞悧も呪いの中に閉じ込められた。 眞悧は、冠葉を...
  • 2011.12.17 (Sat) 10:44 | ぷち丸くんの日常日記
この記事へのトラックバック
  •  「輪るピングドラム」 23話 運命の至る場所
  • 冠葉がサネトシに真砂子が生き返る様を見せつけられて利用されてしまった、ように見えるがそのまま受け取っていいのか?ほとんどそうだとは思えるんだけど一つ気になるのが晶馬に対して撃ったのが何かってこと...
  • 2011.12.17 (Sat) 10:55 | 蒼碧白闇
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話
  •  手帳が焼けた回。結局、ここまで引っ張って手帳は何にも使われなかった。ピングドラムは、最初、手帳の奪い合いの話だったのが、回想話で、キャラがどんどん改変されて、結局、役割の無くなった手帳は、お払い箱。
  • 2011.12.17 (Sat) 13:36 | ブログリブログ
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 23話
  • 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る ついに最終回まで残すところ後一話となりました。 最後に来てなんですが…というか最後の二話だからこそ、難しいことは何も考えずに見ようと思います。 それでは、萌え?...
  • 2011.12.17 (Sat) 17:32 | ぐだぐだ日常Blog
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」
  • 第23話 「運命の至る場所」 16年前の事件当日のサネトシ先生の回想から。 サネトシはいきなり悟っちゃったの? この世界が嫌いだと気付き、人は世界という箱の中にいて、その世界を壊そうとするサ...
  • 2011.12.17 (Sat) 19:24 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 23話
  • 眞悧が日記やこの世界に直接手をくだせない理由。 それは彼が幽霊であることだと分かったのは少し前の話ですが、 人間を生き返らせることは可能なのですね。 これで完全に眞悧に従う事を決めてしまった冠葉ですが、 この辺の経緯は父親たちの時はどうだったのだろう...
  • 2011.12.17 (Sat) 19:39 | すとぅるるるのアニメ日和
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」
  • すべての個人は箱に入れられた存在でそこから出ることはできない。 それが眞利にとっての世界観。 つまり 世間や周りの人から見て 個々人はどういう存在かと規定されてしまう。 本人が思ってる「自分」で...
  • 2011.12.17 (Sat) 21:40 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム#23.
  • 「運命の至る場所」 ラストに向けて、話が大詰めです。とりあえず、サネトシさんがラ
  • 2011.12.18 (Sun) 02:02 | 色・彩(いろ・いろ)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」 感想
  • ついに描かれた眞悧と桃果の対決場面。結果は痛み分け。 眞悧も桃果も真っ二つ。それらが小説版でいう「赤い星四つ」となった? そして燃え尽き灰となる日記。これにはショックを受けました。
  • 2011.12.18 (Sun) 19:59 | ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム #23  「運命の至る場所」
  • 分かたれた力と、集結する想い  どうも、管理人です。朝から仕事だったせいか、すでに眠気が…。借りてきたDVDも見なきゃなのに、時間が足りなくなりそうだ(白目)。 桃果:「ようやくお目覚めですね。高倉晶馬くん!」  今回の話は、最終決戦に向けての...
  • 2011.12.18 (Sun) 20:05 | 戯れ言ちゃんねる
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」
  • 16年前の回想から始まる。「輪るピングドラム」の第23話。 テロを企てる眞俐の前に立ち塞がる桃香。 しかし相打ちとなり二つに裂かれた桃香の体は二つのペンギン帽子へ、 同じく裂けた眞俐の体は二体の...
  • 2011.12.19 (Mon) 00:56 | ゆる本 blog
この記事へのトラックバック
  •  日常パートの方が面白い(アイマスとかPersona4とか)
  • 【UN-GO 第10話】爆破事件の中編。風守さんの早回し擬音のサービスは、なかなかお茶目で良かったです。事件の方は、麟六さんがお亡くなりになったようですが、表面上亡くなったとい ...
  • 2011.12.19 (Mon) 13:47 | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム #23
  • いよいよクライマックスです!冒頭は16年前の事件から。眞利が主導して、組織のメンバーは世界を破壊しようとしていました。それを阻止したのは、日記を持っていた桃果でし
  • 2011.12.22 (Thu) 18:19 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  輪るピングドラム 23RD STATION 運命の至る場所 レビュー
  • 眞悧の回想 16年前 事件の朝 *僕は人の正体がわかった。 だから、あの運命の至る場所でそれを発動したんだ。 16年前のテロの様子… あれ、この時も、今回とまったく同じように あの黒テディ爆弾で爆弾テロやったのか…  ある朝気が付いたんだ 僕はこの世界が嫌いな...
  • 2011.12.22 (Thu) 20:47 | ゴマーズ GOMARZ