★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?14(9月終了作品)」最終集計結果発表! PART6 日常、異国迷路のクロワーゼ、神様ドォルズ、うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%

今期終了アニメを評価してみないかい?14(9月終了作品)」の最終集計結果PART6です

今回評価を掲載する作品は、日常、異国迷路のクロワーゼ The Animation、神様ドォルズ、うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%です。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5651.html
(ユルアニ?、にゃんぱいあ)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5654.html
(デジモン、バトルスピリッツ ブレイヴ、森田さんは無口。、快盗天使ツインエンジェル、猫神やおよろず、青の祓魔師)

PART3の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5657.html
(BLOOD-C、神様のメモ帳、いつか天魔の黒うさぎ、魔乳秘剣帖)

PART4の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5661.html
(まよチキ!、R-15、ロウきゅーぶ!、ゆるゆり)

PART5の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5664.html
(NO.6、ダンタリアンの書架、バカとテストと召喚獣にっ!、セイクリッドセブン)

また、以前の企画の最終集計結果発表の記事はこちらをご覧下さい↓

★企画「今期終了(6月終了アニメ)アニメを評価してみないかい?13」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆日常

続いて紹介するのは「日常」。原作はあらゐけいいちの漫画作品。アニメーション制作は京都アニメーション。キャストは、本多真梨子、相沢舞などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は105人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.06 キャラクター 4.05 画 4.23 演出 3.93 音楽 3.49  総合的な評価 3.6 総合点 22.35となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす様
http://blog.livedoor.jp/mjotvithr/


 (絵、動き、音楽、総じて良。ノリも好みだった。この作品も、前期EDがとても良かった。特にアカペラバージョン。ただ、キャラソンプッシュがげんなりしたので、ポイント減点)


☆アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)様
http://blog.livedoor.jp/voler/


“日常系作品の面白さは、どこに拠るものなのか?”ということを、悪い意味で考えさせられた作品でした。
まったくつまらなくなかったわけではないんですよ。後半持ち直しましたし、なのさんは可愛かったですし、高崎先生とか面白かったですし…。
ただ、キャラやストーリー(話の流れ)に則していない、“思いついたからやってみた”的なネタが多すぎました。
普通の作家さん、作り手さんなら、思いついたネタを作品内で反映する際、まず作品キャラやストーリーに合っているか考え、ちゃんとアレンジや調整を入れ、違和感なく、かつスベらないようにするものだと思います。
この「日常」という作品では、そういった努力がまったく感じられないんですよね。
もうちょっとキャラを大事にしてネタを折り込んでいれば、もっと安定した面白さが出せた作品になったと思うのですが…。
ちなみに後期EDの合唱曲メドレーは、個人的にはかなり好きでした。



☆カザミドリ〆
http://kazamidorianime.blog.fc2.com/


面白い時と面白くない時の話が極端でしたね。
メインキャラが絡んでいる話は大好きでニヤニヤ笑えたのですが、それ以外のキャラの話は殆どう~んって感じでした。
シュールなのも面白いけど、オーバー過ぎるリアクション芸が個人的には好みでしたw




☆異国迷路のクロワーゼ The Animation

続いて紹介するのは「異国迷路のクロワーゼ The Animation」。原作は武田日向の漫画作品。アニメーション制作はサテライト。キャストは、東山奈央、近藤隆などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は99人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.45 キャラクター 3.92 画 4.15 演出 3.75 音楽 3.85  総合的な評価 3.79 総合点 22.91となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~様
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/


個人的には同時期の放送アニメの中では最高の出来だった作品だと思います。
キャラの心情を描いたり、作画もちゃんとしていましたが、それ以上にもっとすごいところがあると思います。

19世紀後半のパリという雰囲気を細かいところまで描写できていたところです。

落ち着いた雰囲気を出すためのBGMだけでなく、一番素晴らしいのは背景ですね。
なんせ、実際に本場に取材に行った程なんだそうですから。凝っているものです。

様々な個性的なキャラクター達により、繰り広げる話が私には見ていてとても癒される作品でした。

ああ・・あと最後に。

湯音ちゃんが一番可愛い!



☆ジャスタウェイの日記☆様
http://kagura77.blog99.fc2.com/


日本からやってきた湯音が、パリのギャロリに馴染んでいくお話。
ただ、結局どうして日本にやってきたんだっけ?(汗)
とりあえず、湯音は可愛いね~というのがメインで、
その他のお話は、内輪もめでしたね(コラ
もっとどでかい事件とかがあっても良かったと思うのだけれど…
のんびりほのぼの展開で、少々盛り上がりに欠けました。



☆積みとゆとりのブログ様
http://altria98.blog113.fc2.com/


1クール原作漫画あり
湯音ちゃんが可愛かった。パリの風景画美しかった系19世紀パリ日常アニメ
内容は、パリにやってきた湯音ちゃんがアンセーニュ・ド・ロアで働くというアニメだけど、特にサスペンスもないし、大層な事件も起こらないし、出てくるキャラも少ないし、ちょっと退屈でした




☆神様ドォルズ

続いて紹介するのは「神様ドォルズ」。原作はやまむらはじめの漫画作品。アニメーション制作はブレインズ・ベース。キャストは、岡本信彦、福圓美里などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は99人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.06 キャラクター 3.66 画 3.62 演出 3.52 音楽 3.91  総合的な評価 3.23 総合点 20.99となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆アニメ徒然草様
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/


情念と怨念が渦巻く、泥沼青春伝奇。
重い話と軽いラブコメとちょいエロの見事なバランス感覚、さすがは岸誠二と言うべきか。
ぶつ切りのラストはそれこそ不完全燃焼すぎてどうにも。



☆EVERY LITTLE THING様
http://droberthing.blog86.fc2.com/


OP曲はなかなかインパクトがあります。まさか歌詞どおりになることはないよねって思っていたら、お話がホントにそうなっちゃった印象です。好みの問題かもしれませんが、私には少し合わなかったかもしれません。


☆SERA@らくblog様
http://seraraku2.blog59.fc2.com/


続く!で終ってるのが残念ですが、2期作ると信じたいですね(^^;
案山子の戦闘シーンが迫力で もっと見たかったですね。
キャラクタ性は 主人公よりヒロインのよさでポイント稼いでますね。
悩む主人公というのは なかなか共感を得られないものです(^^;




☆うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%

続いて紹介するのは「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」。原作は株式会社ブロッコリーから発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。アニメーション制作はA-1 Pictures。キャストは、沢城みゆき、寺島拓篤などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は37人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.27 キャラクター 4.3 画 3.72 演出 3.93 音楽 4.49  総合的な評価 3.78 総合点 23.49となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆マンガに恋する女の ゆるゆるライフ様
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/


考察:キャスト目的での視聴だったため、初回放送前は作品内容自体にあまり期待をしていませんでしたが、第1話のOPライブで度肝を抜かれました。 演出もさることながら、キャラクターソングの出来栄えも素晴らしく、すっかりホイホイされました。 『恋愛絶対禁止ルール』という校則でどう恋愛モードに発展していくのかと期待する中、いわゆる友情エンドというような結果ではありましたが、物足りなさや中途半端感は全く無く、ヒロイン春歌と関わっていったことでヒーロー6人の気持ちが一つにまとまってアイドルとしてデビューする結末は、大変充足感のあるラストでした。


☆Key of Fun様
http://keyoffun.at.webry.info/


「うたの」とタイトルに入っている通り、毎回歌うのかぁ…とは思っていましたが…
歌のシーンではつい、生温かい笑いが止まらないのは何故だろう?
主人公の春歌の眼が金色なのが、最後まで慣れなかったなぁ…



☆変わらぬ日々 Beautiful Days様
http://bunngaku-love.jugem.jp/


ストーリー
(多少無理はある部分もあるが、乙女ゲーム原作として「各キャラ、それぞれがクローズアップされる中での皆の関係性」は貫けていた)

キャラクター性
(7人もいるプリンス達は被ることがなく、キャラの立ちっぷりは群を抜いている!)


(心配された作画崩壊はなかった。が、Aクラスのダンス「永遠のトライスタ-」がちょっと残念)



PART7へ続く・・・

0 Comments

Post a comment