(アニメ感想) はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第2話 「厄ばらい大決戦」

60b11265.jpg















前回の放送を見ていまいち感じるものがなかったこのアニメですが、なぜかなと考えた時にいまいちキャラに魅力がないのではないのかなあと言う結論に落ち着きました。いや、設定もなんか無理矢理感があっていまいちかな。でも見ます!(^_^;あっ、でもオープニングの歌は好きですよ~。



さて、くりや達にとてもボロっちい家屋に連れてこられた亜麻乃は「神霊診査」を行うと言われます。ちょっと恥ずかしい格好にされた亜麻乃は、犬に変身した猩々に診査を受けますっておい!どこに潜って匂いかいでるんだあ~!気持ち悪がりながらも顔を赤くして耐えている亜麻乃はちょっとだけH感じ。

「やはりそなたには不思議な力があった」と猩々。何かこのリボン娘には特別な力が備わっているようです。あっ、どうでもいいですけど亜麻乃って「セーラームーン」の月野うさぎに似てますね~(禁句か(^_^;))。まあ、たまたまかもしれないですけど。



魔被鬼に狙われている亜麻乃を守るため彼女の身辺警護につくと言う菊乃介君。今時菊乃介ですか、そりやまた古風な名前で・・・。「ありがとうございます」と顔を赤らめてお礼を言う亜麻乃ちゃん。また、これで二人の距離が縮まったような気がする彼女でした *注意 気のせいです(^_^;>。しかし、亜麻乃の家の前でウロウロする菊乃介ってどう考えても変質者ですよね~(^_^;)。



さてはて、生徒会長の策略によって屋上におびき出された亜麻乃。待ち構えていたのは魔被鬼。しかし、そこへはっぴぃ7が助けにきました。キタ~!!



変身したら格好だけじゃなくて性格まで変わるんですね。ふうん。

いやあ、あのナンと言うかこのアニメって「あっそう」「ふうん」で終わってしまうようなシーンが多いですね。いまいち突っ込みどころがなくて、もっとはじけて欲しい!なんか、物足りないアニメですね・・・。

0 Comments

Post a comment