(アニメ感想) スクールランブル 二学期 第1話 「ScrambleなReloaded!/SupcrstarにRcqucst!/ScandalousなRestart!」

スクールランブル カレンダー2006




時代劇風味で始まったこのアニメ。ちなみに第一期は見ていません。これから、見ていこうと思うのですけど、果たして前作未視聴でついていけるのかちょっと心配です。しかし、前人気の非常に高いアニメですのでかなり期待しています。それでは、感想です・・・。同級生の塚本天満に恋する高校生、播磨拳児。彼女に対して気持ちを伝えられないままでいた彼ですが、天満にフラれた勝手に思い込み暫く国外脱出。その間に漫画を完成させていた播磨は新人賞を獲った勢いで天満に告白しようとしますが・・・。

播磨ってこのなりで漫画書くのですか?なんか、随分とイメージが違いますね。無口な天満の妹能登(八雲)は、播磨に密かな思いを寄せているのでしょうか?何となくそんな風に見えました。ちなみに、播磨は新人賞ではなく懸賞の特賞でした。いとこが、勝手に播磨の名前を使って応募していたのでした。変な人(笑)。

楽器も歌も才能がないと落ち込む天満に、烏丸は「塚本さんにしか出来ないことがある」と言ってカメ吉を頭に乗せます。これがどういう意味なのかを家に帰っても考える天満(きっと意味なんてないと思いますけど(苦笑))。考えた末に天満の出した結論は「文化祭で眠れる森の美女」を演じるというもの(どう考えたらそうなるんだよ(苦笑))。あまりにもバカバカしい思考回路を持つ天満ですけど、彼女の考えを一瞬で読んでしまう高野晶が凄い!もしかして、電波系か?

公式にキャラ相関図みたいなものが欲しい。登場人物もそれなりに多いですし、誰が誰の事が好きでと言うのが結構複雑です。取りあえず、花井が八雲を好きだと言うことは分かりました。でも、結局片思いのすれ違いばかりなのですね。まあ、むしろこれが話しを面白くしていると言うことか・・・。

とにかく、物凄いパワーを感じるアニメでしたが前作未視聴の私でも、何とかついてけました。これだけキャラが多くて関係も複雑だとちょっと混乱しそうなりそうですが。やはり、第一期は見たほうがいいみたいですね。播磨が漫画を描くようになった経緯もちょっと興味があります。意外と見る人を選ぶ作品ではないかなと思いました。もう少し、様子を見ていきたいと思います。

スクールランブル ねる娘は育つ。公式攻略ガイド

0 Comments

Post a comment