(アニメ感想) LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第4話 「歌に生き、恋に生き」

フォルテイラスト100
投稿者・フォルテ


LUPIN THE THIRD「JAZZ」LUPIN THE THIRD「JAZZ」
(1999/10/21)
大野雄二トリオ

商品詳細を見る


銭形に逮捕される不二子。銭形は釈放の交換条件として、ルパン逮捕の協力を不二子にさせようとする。事前に届いていたルパンの予告状によると、次にルパンが狙っているのは「オペラ歌手アイヤーンの仮面」。不二子と銭形は、アイヤーンが公演を行う劇場へ向かう。その劇場には幽霊が住みつき仮面を狙う者に死をもたらす、という噂がある。そして、上演の最中ついにルパンが姿をあらわす。だが突然、天井の照明が落下しアイヤーンを襲う...。


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

1話以来ぜーんぜん出番のなかったルパンの再登場で胸熱なわけですが、今回は顔にやけどを負ったオペラ歌手の国宝級の仮面を巡ってのお話でしたがアイアーンの恋愛も説明少ないはずなのに不思議と納得できる見せ方が良かったです。自分の顔を焼いて全て捨てても貫きたい愛、深いですね、でもあの後は本物のアイアーンと偽のアイアーンと大道具のおじさんはどうなってしまうんでしょう?公演中に仮面取れちゃって大道具のおじさんの名前もしゃべってしまっていたわけですし・・・恋愛以外の話の組み立ての違和感とその後が気になりました。


なんといっても今回の見所!一般的なイメージとは違うデキル銭形のとっつあんとルパンの出し抜きあいっていうのもイイ感じでしたね^^出血大サービスの所はいかにもルパンらしいといいますかw

そして1話から出てたオスカーですが今のところ不二子にしかいっていませんが豚だの女性に対して酷い物言いでしたが、1話の頃から4話までのとっつあんに対する態度といいそっちの気でもあるのでしょうか?血糊まみれのとっつあん見て美しいって事は潔癖症ってワケでもなさそうですし今後どう描写されていくのか先が見えないですね~


物語の途中、忘却の川にて不二子の過去らしき描写が出てきましたがお金持ちのお嬢様だったのかな?今後どう明かされていくか楽しみは付きませんね!

<ガンダムAGE・アセム編が最終回!・・・「ピッコロのらじお♪」は4月27日(金)夜11時より「ねとらじ」にて放送~!>

4月27日(金)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では引き続き4月から放送の新作アニメをレビューしていきます。坂道のアポロン、つり球、めだかボックス、これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド、あっちこっち、さんかれあ、LUPIN the Third~峰不二子という女~、謎の彼女X。

もちろんやガンダムAGEやHUNTER×HUNTERなどのアニメについて語っていく予定です。

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

なお、ラジオについてはこちらのページをご覧下さい↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5616.html

http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2377-0b2398c1
http://spadea.jugem.jp/trackback/15612
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2368-4445c3b4

0 Comments

Post a comment

10 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  LUPIN the Third 峰不二子という女第4話(4.25)
  • 銭形警部から釈放の条件に オペラ歌手アイヤーンの仮面の護衛を命じられた峰不二子、 ルパン三世が狙っているその仮面は幽霊の噂のあるいわくつきのシロモノ、 やがて、ルパン・不二...
  • 2012.04.27 (Fri) 23:55 | まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜』第四話
  • 銭形回というか、オスカーの紹介でもあり、不二子の過去話への布石でもあり。 ついでに久々にルパン登場。 今回の銭形のキャラは凄いなぁ。 ただ冒頭のは必要だったのかね? 「 ...
  • 2012.04.29 (Sun) 00:18 | 時間の無駄と言わないで
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック