(アニメ感想) ストロベリー・パニック 第1話 「櫻の丘」

ストロベリー・パニック! 1 (1)




タイトルからポップでキュートなアニメを予想していましたが、実際は小百合色濃い学園もの。どうせならトコトン濃い世界を展開していって欲しいですね。それでは、感想です・・・。とある事情で聖ミアトル女学園に編入することになった渚砂。女学園と言えば定番の「ユリユリね~♪」。初っ端からユリユリモード全開でこのアニメが何がしたいのか、何となく想像がつきます。しかしこの渚砂、どうもこの世界観にあって浮いている存在に思えるのは気のせいでしょうか?そう、一人だけ別のアニメの登場人物のような・・・これはセーラ服のせいだけではありますまい

そして、渚砂の同級生の玉青。最初から渚砂に目をつけている愉快な女の子です。渚砂の体をくまなく探索する姿は、例のあの人を思い出します・・・そう伝説のユリユリ暴走娘キサ。ダメだ被って仕方ない(苦笑)。

エトワール、3校の生徒会を束ねる権力を持ち、生徒達から最も愛されている少女。そして、彼女もどうやら渚砂に目をつけたようです。といってもこのエトワール、公式では色んな下級生にちょっかいを出しては飽きてしまうと言う設定のようです。えーと、早くも頭が痛くなってきました(苦笑)。

生徒達の間では転入生(渚砂)の話しで持ちきり。「転入生は美人だといい」とか、もう百合しかないようです・・・。極大権限保有、生徒達憧れの的エトワールの声優さんは、生天目仁美さん。これなんて極上生徒会?お~いプッチャン~?

とにかくユリでユリでユリだけのアニメ。軽いめまいが何度も襲ってきましたが、最後の玉青の「私の渚砂ちゃん」で完全にKOされました(笑)。このアニメこれからは一話完結型でストーリーが進行していくのでしょうかね?まあ、その方が見やすいとは思います。女学校ならではの複雑な人間模様がこれから繰り広げられていくのでしょう。取りあえず頭痛薬を・・・。

ストロベリー・パニック Special Limited Box 1 初回限定版

0 Comments

Post a comment