(アニメ感想) びんちょうタン 第9話 「クワガタついてるびん」

びんちょうタン 1 初回限定版




さて、びんちょうタンです。今週と来週は新作ラッシュで大変ですが、疲れたあなたを癒してくれるちょっぴりかわいそうなびんちょうタンが主人公のアニメ。さて、今回はどんなお話しでしょうか?街に出て薬を売るちくタン。しかし、さっぱり売れずに困っているとれんタンが現れ「もっと売れる所を教えてあげる」とアドバイス。早速場所を移動してみると、これが大繁盛!薬はあっと言う間に売り切れます。一方、学校に仕事でやってきたびんちょうタン。仕事を終えると、クヌギたんと会って一緒に遊ぶのでした・・・。

読み書きが出来ないびんちょうタンに字を教えるクヌギたん。びんちょうタンは、生まれてこのかた一度も学校に通ったことはないのでしょうね。しかし、亡くなったおばあさんもこんな幼い子を一人残して逝ったのですから、さぞ心残りだったでしょうね。ただ、びんちょうタンの場合、食事や仕事等、生きるすべをみにつけてきた(おばあさんに仕込まれた?)のは救いです。勉強が出来なくとも、他の子供達なんかよりもずっと自立してますね。これは、ちくタンにも言えることですが・・・。

しかし、クヌギだけにクワガタですか。クヌギたんは虫が嫌いだと知っているのにも関らず、スカートに引っかかっていることを黙っているびんちょうタンは、とてもいい子でした(苦笑)。しかし、びんちょうタンは、クヌギたんに対して憧れの眼差しで見ているのでしようね。しかし、そんなびんちょうタンをクヌギたんは羨ましいと思っている(自由があって)。二人が惹かれあうのは当然かな。ところで、学校の先生のびんちょうタンを見る目が、母親が娘を見守るような優しい眼差しに変わってきているように思えます。寂しいびんちょうタンにも一つ救いが出来たようですね。

れんタンとちくタンの仲もいい感じみたいです。一方のあろえはマイペース。プールのことで頭が一杯。全然普通じゃないよ~!!

最後は覚えたての文字で、びんちょうタンが一生懸命書いた手紙を受け取るクヌギたんのシーン。ああ~、久しく手紙を書いてないですけど、やっぱり手書きの文字は暖かみがあるのだと再認識。

さて、MBSでは9話以降も放送されるのですね。関東よりもかなり放送は遅れましたけど、関西に住んでて良かった・・・。

ひめくり びんちょう ~びんちょうタン 日めくりスクールカレンダー

0 Comments

Post a comment