(アニメ感想) 錬金3級まじかる?ぽか~ん 第2話 「月の呪文は血の系譜/まやかしの呪文はTVショッピング」




錬金3級まじかる? ぽか~ん まじぽかBOX 第1巻 [初回生産限定版]/アニメ




最近は歳のせいか若い女の子の顔が覚えられなくなってきました(苦笑)。このアニメのパキラとりるの区別がなかなかつきません。良く見ると全然違うキャラなのに髪の色がちょっと似ているだけで同じだと感じてしまうのは、やはりおじさんの証拠ですね(苦笑)。今日こそ二人の顔を覚えたいと思います・・・はい。絶滅したと言われている日本狼。絶滅動物博物館でそんな日本狼の剥製を見かけたりるは、そこから解放してあげようとショーケースを叩き壊そうとします。しかし、駆けつけた警備員によって取り押さえられ博物館から追い出されてしまいます。りるのその後ろ姿を意味深な目で見つける一人の男・・・これがりると男の最初の出会い・・・。それから暫く後、りるは再びその男と出会うことになります。「同族ではなかったのか」と言う意味深な言葉を残し去っていくその男にすっかりホの字になってしまったりる。そして・・・。

ゆうまやパキラ達を差し置いて、一足先に大人への階段を上り始めたりる。まあ、ゆうまやパキラが子供なだけなのかもしれないですが・・・鉄子に至っては人間じゃないし(苦笑)。ハードボイルドな雰囲気で進行して最後はベッドイン(死語(笑))。「やっぱり~!!やっちゃうのかな?」ってな感じで期待しているりるの側で相変わらずクールを決め込む男。こういうのがりるのタイプのようです。そして、やはり同族だった男が月の力でその本性を現します。

「血を絶やしちゃいけないんだあ~!!」と叫びながら変身。しかし、普段はがさつなりるもそこは乙女ですね、いきなりはイヤ~!!と断固拒否。っというよりいきなりスパークしたアレを見せられては引くでしょう普通(苦笑)。最後、りるがどこに噛み付いたは触れますまい(笑)。と言うか、嫌がっていながら噛むのはいいんですね・・・。教訓は「デカすぎる男は嫌われる」と言うことで(苦笑)。

さて、後半のお話・・。居間で真剣な表情でTVショッピングに見入る、ゆうまとパキラ。やせると言うダイエット器具の効果を期待したゆうまは、早速電話で商品を注文します。届いた荷物に大喜びのゆうまは、品物を皆に自慢。その様子を見ていたりる達もカタログで好きな商品を注文。そして届いた商品に狂喜乱舞します。

恐ろしい日々の始まりです(笑)。家の中に溢れかえる通販商品の数々。こんなに買って一体どうすると言うのでしょう?やせたとかバストアップとか、他人から見ればささいな変化でも本人からすれば大きな喜び。と言うかパキラって貧乳を売りにしているのかと思いきや結構気にしていたのですね。

りるの日焼け器具の「もう十分黒いよ」って突っ込みとか、「先着20万台のTV」とか、鉄子の「そんなに沢山野菜切ってどうするの?」等、突っ込みどころ満載だったのがステキでした。で、最後のオチはもちろんお約束と言うことで・・・クーリングオフ?

なかなか、面白いアニメだと思います。後はそれぞれのキャラの個性を生かせるエピソードがあると、はじけると思うのですけどね。このほのぼの感は好きです。

0 Comments

Post a comment