ブログ・ネットラジオ連動企画第6弾!「一度はマネしたあの技、あのセリフ」・・・あなたが思わず口にしたくなったアニメ・マンガの技名やセリフを教えて下さい・・・ ピッコロ編

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ


【BD】幽遊白書 シーズン3 (57話-84話収録) 北米版(ブルーレイ)(PS3再生、日本語音声OK)  [Blu-ray] [Import]【BD】幽遊白書 シーズン3 (57話-84話収録) 北米版(ブルーレイ)(PS3再生、日本語音声OK) [Blu-ray] [Import]
(2011/09/27)
Yu Yu Hakusho

商品詳細を見る


今回もブログ・ネットラジオ連動企画第6弾!「一度はマネしたあの技、あのセリフ」を開催いたします。

子供よりアニメに慣れ親しんだ人ならば一度は経験があるのではないでしょうか?アニメの登場キャラクターが繰り出す技を一緒に叫んだことがある!あるいは、キャラクターの名セリフをリアルにおいて引用したことがある!・・・今回はそんなあなたにお送りする企画でございます。

大好きで何度も繰り返したあの技名、強い共感を覚えて思わずに口にしたくなったあの名セリフ・・・そんなマンガやアニメの技名やセリフ(決めセリフも含む)を作品と共に紹介していきたいと思います。皆さんも是非ありましたら教えて下さいませ。

なおこの企画は6月20日夜11時放送の「ピッコロのらじお♪」でも取り上げさせて頂きます。掲示板等で是非皆様の意見を聞かせて下さいませ。ラジオの聞き方等はこちらをご覧下さい↓
「ピッコロのらじお♪」のページ


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

<一度はマネしたあの技>

☆「魔貫光殺砲(まかんこうさっぽう)」
ドラゴンボールZよりピッコロの必殺技

もうご存知かもしれませんが、私のハンドルネームはこの作品のピッコロからとったものなのですよ。いつもいいところで登場するものの最後においしいところは悟空や悟飯に奪われてしまう不遇な役回りも含めて大好きでした。

当時ドラゴンボールの人気は絶大でございまして、もう今の作品では例えるものがないぐらいのそりゃあもうエライ人気だったのです。恥ずかしながら、高校生にもなって校舎の裏庭で悪友達とドラゴンボールごっこに興じていたのですが、私の役はもっぱらピッコロでございました。

そしていつもフィニッシュは「魔貫光殺砲(まかんこうさっぽう)」と決まっていたのです。空想の世界では、常にピッコロは最強でフリーザや悟空などは問題ではございませんでしたけど・・・いやあ~あの頃が懐かしいわあ~。

ちなみに、ピッコロの必殺技で最強は多分「超爆裂魔波」だったと思います・・・はい。


☆「邪王炎殺黒龍波(じゃおうえんさつこくりゅうは)」
幽遊白書より飛影の必殺技

ご存知、幽遊白書より飛影の代表的必殺技でございます。いやあ~とにかくこれは演じられていた声優の檜山修之さんの演技が熱くてすっごくかっこよかったのですよ。

飛影は特別好きなキャラでもなかったのですが、大きな黒龍を相手に叩きつけるこの技はインパクト大でした。遊助の霊丸も有名ですけど、私はこの作品ではこの技が好きでしたね。


☆「斬鉄剣(ざんてつけん)」
ルパン三世より石川五ェ門の技

うーん、この技を繰り出す時に「斬鉄剣(ざんてつけん)」と叫んでいたか覚えてないんですよね。多分「きいゃ~!」みたいな掛け声が多かったように記憶しています。

私はルパン三世の中では五ェ門が大好きで、彼の登場シーンにはいつも注目していた記憶があります。何でも斬れる斬鉄剣(ざんてつけん)で敵を一掃するさまは痛快そのもの!

いやあ~こういうキャラクターが最近のアニメでも欲しいわ!


<一度はマネしたセリフ>

☆「そうさ・・・燃えかすなんか残りはしない。残るのは真っ白な灰だけだ」
明日のジョーより矢吹丈のセリフ

明日のジョー・・・昔はまりました。これはのり子ちゃんの「同じ年頃の若者が突っ走り、海や山に青春を謳歌しているというのに矢吹君は・・・それが・・・矢吹君の青春?悲惨だわ」というセリフに対しての丈の言葉でございました。

自身の存在意義のすべてを賭けてリングに上がっている丈のストイックさがよく表されたセリフで私は大好きなんです。「真っ白な灰だけだ」は一般的にもよく使われたりしますけど、この作品が元ネタ。

ちなみに、のり子ちゃんは丈のことが好きだったのですけど、このセリフを聞いて諦めてしまうんですよね。それで丈の親友と結婚することに・・・どうしてこうなった(涙)。


☆「もう神でもピッコロでもない、本当の名も忘れてしまったナメック星人だ!」
ドラゴンボールZよりピッコロのセリフ

神との合体を果たしスーパーナメック星人へとパワーアップしたピッコロさんのセリフ。この時点でピッコロは宇宙最強の戦士だったはずなのに・・・くそったれ!

いやでも、このセリフ最高にしびれました。


☆「ぬか喜びと自己嫌悪の繰り返しだった。でもその度に前に進めた気がした」
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君により葛城ミサトのセリフ

エヴァで一番好きなキャラをあげろと言われれば私はカヲル君とミサトさんを挙げます。特にミサトさんは私にとって姉であり母であり、そしてセックスシンボルでもあった大きな存在でありました。

彼女は実に人間らしくて、シンジへの関わり方に対しての戸惑いも、父親に対する複雑な想いも、加持に対しての未練も・・・包み隠さずミサトの全てを描いていました。ですから彼女には安心があり、それ故主人公のシンジはミサトに元に帰って行けたのでしょう。

このセリフは絶命する寸前のミサトがシンジに聞かせたものです。今でも苦しい時に私はこの言葉を思い出し、また立ち止まっている人がいたらこのセリフを話します。決して忘れられない名セリフでございます。


☆「大切なのは、あきらめねェど根性だ!」
NARUTO -ナルト- より自来也のセリフ

ナルトはツナデを里に連れてくるまでのお話ししか見てなかったのですが、シンプルで力強く感動したセリフでございました。

才能のないナルトをなじる大蛇丸に放ったナルトの師匠である自来也のセリフ。「忍の才能で一番大切なのは、持ってる術の数なんかじゃねえ。大切なのは、あきらめねェど根性だ!」。

少年漫画にありがちな精神論ではありますけど、窮地に立たされた場面での自来也の言葉は最高に決まっていました。「大切なのは、あきらめねェど根性だ!」ことあるごとに多様してしまうのは要注意です(苦笑)。

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック