(アニメ感想) 姫様ご用心 第1話 「オカン王冠こりゃあかん」

「姫様ご用心」プロローグソング ~迷い姫ぱにっく (DVD付)




今期は学園もののアニメがとても多いですね。時代は女子高生と言ったところでしょうか?さて、いきなりダジャレのサブタイで掴みはOK(?)のこのアニメ。ああ、関西意外でオカンって言葉通用するのですかね?いや、これは悪寒の方の意味かな?まあ、それはいいとして主人公の姫子が結構キテるっぽいので久々に主役キャラに萌えられるアニメとして期待しています。それでは、感想です・・・。部活の朝練があると言うのに寝坊し遅刻してしまう姫子。顧問の小出の電話で、同じテニス部に所属の美涼葵がカンカンだと聞き、姫子は大慌てで走り出しますが途中怪しげな二人組にぶつかってしまいます。その場はその二人組に謝り学校へと急ぐ姫子ですが、途中手にしていたバツクが自分の物ではないことに気づきます。そして、今持っているバッグの中を開けるとそこには・・・。

姫子の幼馴染そばながヤバイです。引っ込み思案でコミニュケーションは手についている人形でするのですが、語尾のにゃがにゅと口が滑らないか冷や冷やして見てました(苦笑)。声優さんも沢城さんですしね。あっ、レスリーの口調が何気にルパン調なのも仕様ですかね?何気にこのアニメ、アニパロが多いなあ~。

外人さんコンプレックスから逃げ出してしまう姫子。「義務教育のバカ野郎!」ってもうほとんど逆ギレのような理屈ですが、何か気持ちは分かるのでちょっと笑ってしまいました。

しかし、このアニメのセンスが良く分かりません。いや、面白いのですよ。バナナの皮で滑ってこけるような古典的ギャグも飛び出したかと思えば、猿のバナナの食い方が怪しかったり(笑)、ゾウさんブラつかせる親父に、「イヤ~」と両手で目を塞ぎながらも間からしっかり覗いている姫子。まあ、結局定番どろのネタを散りばめて視聴者にあえて突っ込ませていると言うことなのでしょう。

初回の放送としてはまずまずだったと思います。インパクトもあったし、姫子の個性も伝わってきました。お姫様となった姫子がこれから繰り広げるでろうドタバタ騒動も楽しみです。しかし、「あまやんなきゃ(謝んなきゃ)」って・・・アホの子ですか?(笑)。

0 Comments

Post a comment