(アニメ感想) 女子高生 GIRL'S-HIGH 第3話 「恋して、ダマして、ラブホテル?」

女子高生 5 新装版 (5)




エンディングのダンスが何回見てもいいですね。運動神経の良さそうな由真が一番まともに踊っていたり、活発だけど変なセンスの持ち主の香田のダンスが笑えたりと、6人の個性が良く出ていて素晴らしいなと感心します。さて、今回もカラオケでは香田と絵里子の魅力が爆発ですよ。それでは、感想です・・・。姫路のセッティングした6対6の合コンに参加する絵里子達。しかし、テンションの高い絵里子達に男子達は少し引き気味。そんな中、綾乃と下高谷は自然とお互いに惹かれあっていきます。飛ばしすぎてすっかりバテてしまった絵里子、香田、由真達ですが、暫くして小川と男子の江崎がいなくなっていることに気づきます。かなりの遊び人であると噂の江崎を警戒する絵里子達は、夜の街を必死になって小川の姿を探すのでした・・・。

香田のセンスが良く分かりません。とんでもコスプレで登場したと思ったらカラオケボックスではもう別の服に着替えてました(笑)。そして二人の世界に入り込む綾乃、さすが妄想少女らしい引きこもり型の恋愛ですが、こういう子に限って意外といい男掴まえたりするんですよね。それに比べて香田と絵里子は・・・見えます彼女達の未来が・・・負け組みとしての彼女達の姿が・・・(苦笑)。

どうしても小川に先を越されたくないと言う強い想いから、絵里子、香田、由真の三人が結束。何としてでも、小川の処女喪失は阻止せねばと意気込んでます。友情なんてのは建前で本音はそれなのですね・・・。女同士だと先を越されたとかそんなことが重要になってくるのでしょうか?全員が同時期に恋人を作ることなんて不可能なのに、面倒くさい話ですね。そして、三人の男に対する興味は尽きることなくその矛先は下高谷に・・・。一足先にヘヴンに逝ってしまわれました(笑)。

無邪気さは罪!今回の教訓ですね。結局一番頼りがいがあって友達想いは姫路でした。恋人よりも友情を選んだその心意気、潔し!!バ○ブ見つけて喜んでいるバカ三人には失望させられました。由真だけはまともだと思っていたのに・・・ors。

女子高生 6 新装版 (6)

0 Comments

Post a comment