(アニメ感想) Fate/stay night 第15話 「十二の試練」

Fate/stay night 1 (初回限定版)




一週間が長かったです。前回のアーチャーショックから立ち直るには十分な時間だったですが・・・。ああ、本当アーチャーかっこよかった。彼の大きな背中が忘れられませんよ・・・。さあ、そしてOPが一新されました、前回とは違う雰囲気の曲でここからまた新しい戦いが始まるなあと気持ちが高揚してきます。それにしても、そろそろタイガーが見たいです。今回は登場してくれるのでしょうか?イリヤから逃れるため必死に走る士郎達ですが、ダメージの残っているセイバーは途中で力尽き動けなくなってしまいます。「私を置いて逃げてくれ」と凛と士郎に話すセイバーに士郎は「そんなことは出来ない」とそれを拒否し彼女を抱いて走り出します。しかし、そんな士郎の表情にも披露の色が次第に濃くなり、見かねた凛は途中見つけた廃墟で体を休めるようすすめます。そしてそこで、セイバーの魔力回復のためには士郎の魔術回路を移植するしかないと凛は話すのでした・・・。

何なんでしょう?この雰囲気は・・・。セイバーと凛が小百合チックなムードとなっておりますが、魔術回路の移植の儀式ってこういうことなのですか?なるほど、原作が18禁ゲームだと言うことを考えればこんなシーンはなんでもないところなのでしょうね。しかしこれ、男同士だったらどうするんでしょうね?(苦笑)いやそれとも、マスターとサーヴァントは必ず男女のペアとなるようになっているのかな?

セイバーの意識の中へと入り込む士郎。彼はさらに深く、セイバーの本質へと目指しますが途中で強大なドラゴンに襲われます。激しい苦痛の中セイバーを感じる士郎・・・そして・・・。

セイバーと繋がっている気がする・・・やっぱ大人になった男の言うことは違いますね(笑)。取りあえず、セイバーが回復。士郎達はイリヤ達に一泡吹かせてやるための作戦を実行します。凛は策士としてはやはり優秀ですね。まあ、士郎とセイバーに策がなさ過ぎるのですけどね(苦笑)。しかし、木の枝から弓を作り出す士郎。少しずつ目覚めてきたようです。アーチャーのアドバイスの効果もあったのでしょう。

俺には何も出来ないのか・・・絶望の中で思い出すアーチャーの言葉「イメージするのは常に最強の自分」・・・。士郎の中にアーチャーの想いは確実に残っているようです。しかし、バーサーカーは12回も殺さないとダメですか。この強さにとんでもないオプション付き。なるほど、アーチャーが言っていたことはこういう事ですか・・・。しかし、このバーサーカーを4回も殺すとはやはりアーチャーは強かった。消えてもなおこの存在感、さすがですね。

こんな終わり方されると、また次回が気になって仕方ないのですが(苦笑)。ええ、それとセイバーが今回から士郎を男として意識しだしましたね。やはりどこで繋がっていると言う意識が彼女の女の部分を目覚めさせてしまったのか?かつて、士郎の前で平然と裸でいたことをきっと後悔することでしょう(笑)。ツンデレって好きな男意外の人間の前では平気で裸も見せられるのですね。ハルヒもそうでしたけど(彼女の場合は下着姿)・・・。次回、このアニメ真のツンデレラ凛が殺られていないことを祈って・・・。

Fate/Stay night DVD版

0 Comments

Post a comment